べたつかないでお肌に潤い補給

 

メドウズオーガニックシアバームは、オーガニックシアナッツバター(シアバター)にローズオットーやネロリなどのエッセンシャルオイルを加えた保湿バームです。

 

「夏場は汗をかくから乾燥しない」

「べたべたしているのにシアバターを塗りたくない」

 

等と思われているのですが、肌の表面は潤っているように感じますが、意外や意外降り注ぐ紫外線で内部の水分は失われており乾燥状態にあります。そのため、スキンケアに気をつけていらっしゃる方は1年中紫外線から肌を守り、保湿を中心としたスキンケアは欠かしません。

 

その保湿に優れているのがシアバターです。ドラッグストアーに行くと、容器がかわいくて使いやすい商品が所狭しと手ごろな値段で販売されています。

 

私たちメドウズでもシアバターを販売しているのですが、お客様から商品について多くのご意見を頂戴します。一例をご紹介しますと、

 

「3,000円は高い」

「シアバターがかたいし使いにくい」

 

ごもっともなご意見です。ドラッグストアにある商品と比べると間違いなく、お値段は高いし使いにくいです。チューブからそのまま塗れたらどれだけ楽でしょう。

 

しかし、商品のためにもお客様の誤解をここで解くチャンスをいただけたらと思います。

 

 

・原材料がすべて天然植物であり、なおかつ製造量が少なくハンドメイドなため、化学物質から工場で大量に作るクリームのように安くはできません。しかし、小さなお子さんからお年寄りまで安心して使える植物の恵みは使うほどに深い満足感と確かな効果を人間にもたらしてくれます。

 

・シアバターは常温で固形、36度くらいから溶けて柔らかくなります。これを常温でも柔らかくするには、オイルや水分を加えます。その際混ざりやすくするための乳化剤や水分を加えると雑菌が繁殖しやすくなることから防腐剤を加える必要があります。お肌への負担が生じる乳化剤や防腐剤よりは、多少手間がかかっても安心して使える商品の方が何倍も大切なことだと考えます。

 

 

このように、誤解の多いシアバターですが、いざ使ってみると少量で良く伸びるため、3,000円で買ったひと缶がまったく減りません。私も朝洗顔後に塗布しているのですが、(比較的顔が大きい私でも)どれだけもったでしょうか?2か月以上は使えると思います。あまり長期間の使用は防腐の観点から問題があるので、途中で腕やかかとにも使用しました。

 

基本的には、使用後にベタつきは気にならないのですがこれからの季節はベタつきを感じやすいのも確かです。その際は、ローズウォーターをひとふきしてください。びっくりするぐらい肌になじんでいき、ベタつきがまったく気にならなくなります。

 

このように1年中使えるシアバター。間もなくやってくる梅雨のシーズン。シアバームティートリーなどいかがでしょうか?雑菌効果もあり、清涼感あふれる香りが6月にはぴったりだと思います。

 

5種類あるシアバームの香りの中で、2番目に人気のティートリー。1番はローズです。

 

 

商品が入荷しました

イギリスのメドウズ社から商品を満載したパレットが先週日本に到着しましたが、昨日そのうちの一部商品を引取りに行ってまいりました。

 

パレットには、ローズウォーター、デッドシーソルト、エッセンシャルオイル等多くの商品が積載されていますが、これらはすべて東京都江東区にあるオリヂナル株式会社に一度搬入されます。

 

グーグルストリートビューから

 

オリヂナルさんの歴史は古く、江戸時代にさかのぼり現在では自社商品「ももの花ハンドクリーム」の作成や無印良品さんで販売されているホホバオイルやアーモンドオイル等のキャリアオイルを製造、販売しています。古くから歴史があり、技術に定評があるオリヂナルさんで、メドウズの商品は検品作業が行われています。

 

なぜ、そのような会社がメドウズの商品を引き受けているのかはまたの機会に説明しますね!

 

ところで、このオリヂナルさんに届いた商品を私はこれまで10年以上、自分の車を使って引取りに行っています。宅配や運送会社に頼まず、毎月何回かに分けて水戸からこの工場まで出かけています。

 

水戸からオリヂナルさんの最寄りである錦糸町までは約120キロ、常磐道と首都高を用いて約2時間かかります。

 

首都高がすいていると1時間40分程度です。

 

高速料金、ガソリン代、手間を考えたら宅配を利用したほうがお得かもしれません。しかし、メドウズを引き受けた当初何度かは宅配してもらいましたが、結局はこの10年間引取りに行っています。

 

実は私はこの町に思い出があります。

 

 

オリヂナルさんの最寄り駅は都営新宿線住吉駅。JRは総武線錦糸町駅と亀戸駅です。亀戸は東京都江東区の中心的な商業エリアのひとつですが、私は大学を卒業して数年間をこの亀戸にある会社で働いていました。

 

大学を卒業し右も左もわからない私に、先輩や上司は優しくも厳しく指導してくださいました。しかし、私はそのころ先輩はなぜそんなに厳しく接するのか理解ができず、結局は会社を辞める決断をしました。後悔先に立たずで今を思うと「あの時素直にお話を聞いていれば」と思うことは多々あります。

 

その時の会社は今も同じ場所に、同じたたずまいで存在しています。そしてオリヂナルさんがあるエリアは当時毎週のようにお客様まわりをしていた私の思い出の場所でもあります。残念ながら当時の先輩や上司やその職場には転勤、異動で残っていないと思いますが私の社会人人生の原点がオリヂナルさんのある亀戸周辺になります。

 

私の母は東京生まれの東京育ちですが、今から何十年も前にやはり亀戸で働いていたことがありました。そう考えると、亀戸は私の原点のような場所、そして今はメドウズの商品が生まれている場所と思うと不思議な縁を感じます。

 

社会人1年目のような失敗をしないために、そして自分の原点を忘れないために。

私は来月も車を運転してオリヂナルさんに向かいます。

 

三日坊主

今日は三日坊主についてです。

こういう時に名前を名乗らず、一緒に頑張ってくれているスタッフの皆さんにあらぬ誤解を招くと申し訳ありませんので、きちんと名乗ります。メドウズの鈴木です。

 

このブログですが、開設からおよそ2011年4月の開設以来7年4か月が経過しました。その間に掲載した記事は439件でした。私も何かの機会に書き出すと、そのまま続くのですが実は三日坊主の気がありまして。。。ブログの記事を投稿するとアクセス数が何もない時と比べて3倍ほど(といってもまだまだ微々たるものですが)になります。無理をしない程度に、皆様に有益な情報を少しずつお届けしていきたいと思います。

 

この週末に、メドウズのオフィシャルオンラインショップでどのような商品がお客様に人気なのか自分で分析をしてみました。その結果、興味深いことが分かりました。それは、ローズオットーが「意外」と売れていることに驚きました。

 

アポソエッセンシャルオイル売上ランキングベスト5(5月10日から20日の10日間)

 

1、ラベンダー(真正)

 

2、ラヴィンツァラ、ティートゥリー、クラリセージ(同じ本数)

 

5、ローズオットーバラ

 

6、ゼラニウム(ブルボン)、マジョラム

 

まさかの25種類中堂々の第5位です。

ゼラニウムやマジョラムを抑えてローズオットーがこの順番に驚きました。しかも、全体の売上に占める割合は11%で売れた精油の10本に1本がローズオットーです。

 

ちなみに、メドウズオーガニックエッセンシャルオイル売上ランキングベスト5も発表します。

 

1、ラベンダー(真正)

 

2、ベルガモット

 

3、ラバンジン

 

4、レモン

 

5、サイプレス、ペパーミント

 

ローズオットーはこの期間、通信販売ではまったく売れておりませんゆう★

 

---------------------------------------------------------------------

 

メドウズとアポソでは売れ筋の精油がまったく異なります。

 

お恥ずかしい話ですが、これまで何年もメドウズのオンラインショップを運営してきてローズオットーが購入されることはほとんどありません。私の中で、「高価」、「特別な精油」の印象がとても強かったため、まさかアポソでここまでローズオットーの注文が来るとは思っておらず、入荷本数もそんなに多くしませんでした。

 

 

ダーリン・ペインは、

 

「メドウズのオーガニックローズオットー(ブルガリア産)の香りも素晴らしいけど、アポソのローズオットーも決して引けを取らない。オーガニックのローズは品薄で価格も高いが、アポソのローズを使用する価値は大いにある」と豪語していました。それくらい、彼の中で自信があるローズオットーですが確かに香りは濃密なローズの香りで素晴らしいです。

 

それでも、どうしてローズオットーがここまで販売されたかが気になり、メドウズオフィシャルオンラインショップをよくご利用くださるお客様に正直に聞いてみました。そうしたところ、

 

「メドウズが販売するエッセンシャルオイルなので、アポソも品質的に安心して買うことが出来た。ローズオットーは高価でなかなか手が出ないが、今なら2.5mlで8,155円なので安いから買った。香りもよかった。」

 

と教えてくださいました。

 

全くのうれしい誤算でした。先日のブログで、ローズオットー100gのご注文の話も書かせていただきましたが、ローズの単語をここ数日でよく聞いています。とりあえず、このままではアポソのローズオットーの在庫が近日中になくなってしまうので、ダーリンに製造をお願いしなくてはいけません。しかし、頑固なのでタイミングが合わないと作ってくれないので、間に合うかが心配です。

 

もしローズオットーをご検討中であれば、早目のご注文をお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー