私も知らなかった「虫よけアロマ」が広がったきっかけ

こんにちは、メドウズアロマテラピープロダクツの鈴木壮哉です。

立秋を過ぎ、暦の上ではもう秋ですが暑さは日に日に厳しくなる一方で、昨日(8月9日)の水戸の最高気温は36.9度でした。私が子供の頃にこのような暑さは記憶がないのですが、夏休み中の子供が外で思い切り遊べないのはなんだかかわいそうです。

 

突然ではありますが、夏は一般的にアロマへの需要が落ちます。そのような中、比較的お客様からご注文が多いのが虫よけ関連の商材。「虫が嫌うといわれる香りを使った子供やお肌に優しい商品」がここ数年増えています。ちなみに今日から、オーガニックプレス(http://www.organic-press.com/)でメドウズのコラムがスタートしましたが、執筆者の三木さんが面白いことを私に教えてくれました。

 

三木さん

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、これまでこのブログを書いてくれていたメドウズの大切な仲間です。この度、メドウズのコラムやブログに復活することになりました。皆様よろしくお願いします。

 

三木さんはこれまでメドウズの前の輸入元での勤務年数を加えると10年以上この業界に携わっており、実は私よりも先輩です。ダーリン・ペインとのつきあいも古く、三木さんと再度メドウズの仕事をすることになったと伝えたらとても喜んでいました。

 

さて、その三木さんが教えてくれたことは以下の通りです。

 

---------------------------------------------------------------

 

最近では、人にも環境にもやさしいアロマティックな虫よけ対策が一般的にも定着してきました。

 

20数年前にメドウズが日本デビューした頃は、蚊取り線香やドラッグストアに並ぶケミカル系虫よけ商材が主流で、アロマを利用した虫除けは、ほとんど見かけることはありませんでした。もとより、アロマテラピーというもの自体が幅広く認知されていなかった時代です。当時、その時代の先端をいく超有名女性アーティストが、ラジオでアロマテラピーの事を紹介したところ、私が勤めていた会社(メドウズの前輸入者)では、翌日からエッセンシャルオイルの注文が大きく動きだしたことを思い出しますが、それでも、アロマテラピー人口はまだまだ多くはありませんでした。

 

そんな時代に、新しいお客様の層を運んできてくれたものがこの虫よけアロマでした。

蚊が嫌がる香りをブレンドしたエッセンシャルオイル。このエッセンシャルオイルを、人と環境にやさしい虫よけの方法として、こだわりの食を追及する食品宅配業界などを通じて紹介したところ、小さな子供を持つお母さんたちの間でじわじわと話題となり、大ヒットとなりました。その頃から、様々なブランドの虫よけアロマが登場し現在に至っていますが、この虫よけアロマの存在も、日本でアロマテラピーが定着する一助だったのでしょう。

 

---------------------------------------------------------------

 

これは、三木さんがコラムに寄稿予定だった文章ですが、このブログでのご紹介の方がよりふさわしいと思い、三木さんと相談しこのような形で皆様にお披露目しています。長く業界に携わり実際に現場をご自分の目で見て、体験されたからこそ分かる事だと思います。今でこそ専門店だけでなく雑貨店等でも幅広く販売されるアロマの虫よけはこのようにして、20年以上前から日本に存在していたのでした。

 

ところで、三木さんのコラムは以下のように続きます。

 

---------------------------------------------------------------

 

この植物の香りで虫を忌避する方法は昔からおばあちゃんの知恵袋的に、ヨーロッパ・オセアニア・アジアなどなど世界各地で受け継がれてきました。それぞれに、ベースとする植物は、その土地の特性を反映しているように思えます。

例えば、

 

タイは、レモングラス。

オーストラリアでは、ユーカリやティートリーなど。

 

日本でも、除虫菊の蚊取り線香をはじめとして、昔から農作物の虫よけに使われてきた沖縄の月桃や北海道の薄荷は有名です。アロマテラピーという言葉は知られていませんでしたが、植物を使って自分たちの生活に役立てる方策は、古来から受け継がれてきていたのです。

 

イギリスも然りです。

ガーデニングやガーデンパーティーが盛んなこの地では、虫除けアロマは欠かせないものでした。

イギリスで虫よけによく使われる植物は、シダーウッドやラベンダー。

国は違えど、受け継がれていくものの根っこは同じ。

そんなことに、喜びを感じてしまいます。

 

 

 

---------------------------------------------------------------

 

最近でこそだいぶ認知度が出てきた「アロマで虫よけ」ですが、実は日本でも昔から植物を使った虫よけは幅広く実践されていたのでした。それが一部の人だけではなく、より使いやすい形状に形を変え、専門店や雑貨店で販売をされることになりました。

 

 

メドウズにも虫よけ商品としてモッジスプレー・モッジシナジーブレンド・モッジインセンスがあります。

http://www.meadows.jp/?mode=cate&cbid=1559082&csid=0

 

特に人気なのはモッジスプレーで一般的なレモンユーカリのような香りだけでなく、ラベンダーやシダーウッドを配合し汗の臭いも抑えフレグランスのように使えるのが特徴です。また、アロエベラを配合しているのでお肌を強い紫外線と乾燥から守ります。オーガニック認証を取得しているので、お子様でも安心してご使用頂けます。

 

 

過去、新聞にも掲載を頂き掲載当日は朝から電話が鳴り止まず、1日電話の前にいたことを思い出します。その電話は、今までアロマテラピーに興味を持ったこともない一般の方がほとんどで、さらに驚いたのはご高齢の方からのお問い合わせが多かったことでした。使いやすい商品だからこそ、多くの方の心をつかんだのかもしれません。

 

きっと虫よけアロマが初めて販売されたとき、お客様はこのように「これは便利、欲しい、使ってみたい」と思われたことでしょう。三木さんの言うように虫よけがアロマテラピーがより普及するきっかけになったことは間違いないですね!

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス

 

アロマをする目的はやはりスキンケア!?

こんばんは、メドウズジャパンの鈴木壮哉です。
いよいよ今日は1月7日、私たちの地域では明日の七草がゆをもって松の内も開けるようです。お正月料理で疲れた胃を整えるために食べると言われている七草もやはり植物。アロマとは若干異なりますが、人間の体調に作用するという意味では通じる物がありますね。

ところで突然ですが皆さんがアロマに興味を持ったきっかけはなんでしょうか。そして今も続けていらっしゃる理由はなんでしょうか。

・リラックスや癒しを目的とした趣味
・玄関やリビングに香りをプラスした空間演出
・体に優しいものだけを摂取する

などいろいろあると思いますが、実は私が知る限り「お悩み」を解決するためにアロマを始める方が多いと思います。メドウズでも「お悩み」からアロマの世界に入ったというスタッフが多くおりますが、それもお肌の悩みでした。

・化粧品が肌に合わない
・そもそも市販の化粧品に疑問を感じている

など、独自の観点で調べたどり着いたのが、キャリアオイルやローズウォーターといったアロマテラピーを構成する商品群だったと言います。

------------------------------------------------------

以前開催した講習会の様子

メドウズで講習会などを行なうと、ローズヒップオイルやシアバターという言葉を聞いたことがあるけど、実際に見るのは初めてだという方が多くいらっしゃいます。

・ローズヒップオイルの匂いが気になる
・シアバターが硬くて使いにくい
・なぜホホバオイルが朝になると固まるのか。不良品ではないか。

など、いろいろなご意見を頂戴します。アロマを用いたスキンケアは、界面活性剤や乳化剤を使用しません。特に天然素材の良さや風味を損なわないことを大切にしているメドウズでは、ほとんど手を加えない自然のまま商品として出荷しています。そのため、ローズヒップオイルなどで初めてスキンケアを行う方の多くが、

容器や使用感も含めてお客様の満足度を徹底的に追求した日本の化粧品に慣れてしまうと自然由来のスキンケアは使いにくい

とお感じになるようです。アロマでスキンケアはいいって聞いて初めてみたけど挫折をしたり、アロマは難しいと感じてしまう方も多いようです。ここが第一の関門です。

メーカーでも何とかこの関門を打ち破り、お客様に植物の恵みをスキンケアに積極的に取り入れて肌が本来持つ元気になろうとする力(自然治癒力)を感じてもらいたいと手軽に利用できる商品づくりを行っています。

例えば、プラナロムさんでは

パルマロム
健草医学舎様のホームページから

ロザロムやパルマロムという美容液を出されています。
イブニングプリムローズオイルやカレンデュラオイル、ローズヒップオイル。パルマローザ、ローズ等の精油をふんだんに使用しています。

ニールズヤードさんでもフランキンセンスを使用したクリームやパルマローザを使用した化粧水などスキンケアラインが充実しています。

------------------------------------------------------

先日のブログから同じ話題で恐縮ですが、メドウズの選べる福袋で人気が高かった商品を上げてみると、

・イブニングプリムローズオイル
・キャロットオイル
・ボリジオイル
・ローズヒップオイル
・フランキンセンス精油
・パルマローザ精油
・ゼラニウム(ブルボン)精油

などまさに、他社さんが美容商品の原材料として使用しているアイテムがそのまま福袋の人気商品でした。お客様の特性を見ると、セラピストさんやアロマの知識がおありになる方が福袋を購入された例が多く、自分でオリジナルのスキンケア用品を作る材料をメドウズの福袋で購入されたことがうかがえます。

しかし、まだまだアロマを始めて間もない方は材料を購入しても使い切れるかわからないし、ブレンド方法もわからない。そして、使い続けることができるかわからない。だから材料を一つ一つそろえるよりも手軽な他社さんの「すぐに使える商品」を購入するのではないでしょうか。

昔からメドウズのキャリアオイルは品質が高いとお褒めの言葉を頂戴します。私もその部分には自信を持っていますが、皆さんが積極的に弊社のキャリアオイルをスキンケアにお使いいただいているのもその表れかもしれません。

では、メドウズもプラナロムさんのパルマロムやロザロムのような美容液を販売すればいいじゃないかと思われるかもしれません。メドウズの場合、エンドユーザー様に直接お届けする販路が限られているため、商品化は出来ても販売は難しいかもしれません。それよりは、メドウズの品質を信じてお使いいただくプロフェッショナルの皆様にご納得いただけるキャリアオイルを安定的かつ使いやすい形(容量や形状の見直し)でお届けすることがより大切かなと思いました。

ちなみに、スキンケアは女性だけのものではありません。
男性でも洗顔後、ひげそり後のスキンケアにアロマを使用する方が増えていると聞きますし、私も毎日ローズウォーター、シアバター、キャリアオイルは使用しています。是非ご家族で自然の恵みを利用したスキンケアを始めてみませんか。


イギリスのクリスマスに欠かせないもの

イギリスからこの時期にふさわしい、ポマンダーが届きました。


メドウズからヨーロッパのクリスマス


ポマンダー(Pomme d’ambre)はフランス語で「琥珀色のリンゴ」という意味で、中世ヨーロッパでは魔除けや病気予防のお守りでした。クローブやシナモンなどのスパイスには抗菌作用があり、この香りを常に身につけることで疫病から気を守ったと言われています。現在では、クリスマスから新年の飾りとして一般的に広く愛されています。 

このポマンダーは、メドウズのスタッフが手づくりをしたものでオレンジスパイスの香りが使用されています。スパイスは体を温めてくれる効果もあるので、オレンジとスパイスは寒さが厳しいヨーロッパには欠かせない香りの一つです。 

メドウズのポマンダーはロンドンの中心部にある1875年創業の百貨店リバティーのクリスマスコーナーでも販売されております。

薬に対する様々な不安を解決する“かかりつけ薬局”をめざす あんず薬局

こんにちは。MIKIです。

連日の猛暑に、脅威すら感じる今日この頃。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

先日、うだるような暑さの中、慣行の得意先回り。
もう少ししたら、涼しいところでひとやすみと思いつつ
暑さを我慢しながら歩き回っていると
急にめまいを感じて、あわてて近くのコンビニへ・・・
しかし、涼しいところに入っても
一向に身体の熱さがひきません。
「ああこれが進むと熱中症なんだ」と実感しました。
まだ大丈夫の思いが、危険のようです。
みなさんも早め早めの対応で
この猛暑を乗り切ってくださいね。


さて今日は、メドウズの御取引先でもある
あんず薬局 宮崎台店様について御紹介したいと思います。


田園都市線沿線にある宮崎台は
駅前の揺るやかな坂道に桜並木が続く
緑豊かな閑静な住宅街。


そんな宮崎台の駅から程近い場所に
あんず薬局 宮崎台店様は位置しています。


自分たちの健康は他人任せにしないで
自分たちで守っていこうという考えのもと、
薬づけ医療や薬害など
薬に対する様々な不安を解決する「かかりつけ薬局」
また、健康を自分たちでつくり出す「健康づくりの地域拠点」
をめざし活動していらっしゃいます。


漢方薬を中心に、ハーブやアロマ、サプリメント等を
訪れた方の状態に合わせて選んでくださいます。


メドウズの商品も仲間入りです。今の季節は
虫さされの後の、エレファントバームが大好評と
おっしゃっていました。

先日私があんず薬局様を訪れた際に
ひとりの高齢者が相談にいらっしゃるのを目にしました。


近くの病院に通院なさっているその方は、
たくさんの薬を病院から渡されるが
一向に痛みが治まらない。
何かいい方法は、あるだろうか?という相談です
病院の処方薬では、改善されず
藁にもすがる思いで訪れたことが
ひしひしと伝わってきました。


このような方が、たくさんいらっしゃるのだと
実感しました。


お医者様や薬だけでは、どうにもならない部分。
そんな時にアロマセラピーが
少しでも役立てたらいいと
あらためて感じた場面です。


アロマセラピーだけでは、病は治りませんが
香りで気分が楽になったり
前向きになったりすることはあります。


病になる前の未病の時や
病が完治する前や直後の不安定な時期には
特に威力を発揮します。


あんず薬局様がおっしゃる通り
「自分の健康は自分で守る」


こんな思いをサポートしてくれる薬局が
みなさんの町に一軒づつできることを
願っています。

アロマとヘッドマッサージを通じて人と人の和をつなげたい    ~L.C.I.C.I JAPAN~

こんにちは。MIKIです。

私がこの仕事を通じての10年来の知り合いに
セラピストの宮崎さんがいらっしゃいます。
いつもとってもパワフルな女性ですが、
私の娘と同じ年のお子さんがいらっしゃる事から
共通の話題も多く、
いろいろと相談にのっていただいています。


今日は、その宮崎さんが運営している
L.C.I.C.I JAPANについてご紹介したいと思います。


英国IFA(国際アロマセラピスト連盟)
認定アロマセラピストの宮崎さんは、
2002年当時、
トリートメントルームにいらっしゃる
クライアントさんや病院に入院中の患者さんに
セラピーを多く行っていましたが、


ストレスや身体の不調を訴える方たちの中に
服を脱いでセラピーを受けることが出来ない方が
非常に多いことに気づきました。
エステサロンと違って、
病院では着ているものを脱いで、
全身のマッサージを受けることもできない環境もあるようです。


身体がつらい患者さんのために、
ベッドの上でもケアできるマッサージ法を学びたいと
感じ始めたきっかけです。


又、都内の病院で
宮崎さんが患者さんのセラピーを行っていた時、
付き添いの方に、
「顔も麻痺して動きにくくなってしまったので、
首から上もマッサージして欲しい」と言われ
ヘッドマッサージの正しい技術を身に付けたいと
思っていた事も作用しました。


そういった方々へ、ヘッドマッサージを通じて
もっと何か出来ることがないかと考えた宮崎さんですが
まだ当時は日本にきちんとヘッドマッサージを
学べるところがありませんでした。



しかし、補完代替医療の本場英国では
「インディアンヘッドマッサージ」はとてもポピュラーでした。


多くのインディアンヘッドマッサージのスクールがありましたが、
その中でも、インディアンヘッドマッサージの創始者である
ナレンドラ・メータ氏が設立した“L.C.I.C.I”
(ロンドンセンターオブインディアンヘッドマッサージインターナショナル)
は一番の老舗の学校として知られていました。
“L.C.I.C.I”は、ロンドンを中心として、ヨーロッパ・アメリカ・
カナダ・オーストラリア・南アフリカ・スウェーデン・ギリシア・
香港、ロシア、トルコと世界各国に及んでいます。


イギリスに渡った宮崎さんは、
L.C.I.C.I本部でナレンドラ・メータ氏に直接学び、
“Best Student”の称号を与えられました。



ナレンドラ・メータ氏と宮崎先生


帰国後、日本でナレンドラ・メータ氏から直接学びたいという
周囲のセラピストの強い要望を受け、
2003年にL.C.I.C.I本部のナレンドラ・メータ氏のもと
宮崎さんは、日本にL.C.I.C.I JAPANを発足させました。


日差しが降り注ぐL.C.I.C.I 日本支部

ナレンドラ・メータ氏は、インディアンヘッドマッサージを欧米に
普及させましたが、ヨーロッパでは“マッサージ”が医療用語で
ヘッドマッサージという言葉が使えない為、
ヒンドゥー語でヘッドという意味の「チャンピ」
(シャンプーの語源となった言葉)と
マッサージという意味の「サージ」からとった
“チャンピサージ”という造語をつくり普及させました。



ナレンドラ氏の著書は世界各地で出版されています。


インディアンヘッドマッサージ=チャンピサージは
頭皮の揉みほぐし。


頭の血行が悪くなると酸素が行き渡らずストレスが溜まります。
頭皮には、たくさんのツボがあるので
ヘッドマッサージで血流を良くしてあげることで
頭も冴え、ストレスも軽減します。


身体の疲れを感じるところは、脳です。
その脳の疲れを取るのも、ヘッドマッサージ。
脳の疲れを取ることで、脳がリラックスして
全身に良い効果を与えるそうです。


眼精疲労・頭や首、肩のコリ・頭痛・更年期障害・不眠症
そして美容の面でもリフトアップや肌のくすみにも効果が
あります。



施術中の宮崎先生


ヘッドマッサージは、
オイルを使用しなくても行えますが、
キャリアオイルや精油を使うこともでき
好きな香りの精油を取り入れることで、よりリラックス効果
が高められます。
アロマセラピストの宮崎さんは、アロマとチャンピサージを
施術に上手に癒合させています。


まさにシナジー効果ですね。


宮崎さんおすすめのキャリアオイルは、
ホホバ、スイートアーモンド、オリーブオイル、ゴマ油(白)でした。


11年を経たL.C.I.C.I JAPANは、
1000名を越える卒業生を輩出するまでに成長しました。
全員宮崎さんの教え子です。


卒業生は、サロンや医療機関・福祉理美容業界など様々な分野で
活躍なさっています。



各地でのイベントにも数多く参加しています。
昨年来日したダーリン・ペインもチャンピサージを体験しました。


「日本もインドのように、町に一人、チャンピサージができる人がいて、
気軽にチャンピサージが受けられるようになるのが夢」
とおっしゃる宮崎さんです。


最後に・・・


「触れるというのは、動物にはとても大切なこと」
と宮崎さんは語ります。

いつも外に出ている頭に触れるのは簡単。
頭をなでてあげるだけで、安心を与えることができるのです。
先日のブログで私がお知らせしたように
子どもを始めとした家族や、職場の仲間と頭をなで合うことで、
その場がなごみリラックスした気持ちになれるそうです。


みなさんもヘッドマッサージを試してみてくださいね。

L.C.I.C.I JAPAN HP →  http://lcici.com/