弱った心身に春の息吹を与える母なる薬草 カモミール

この記事はメドウズオフィシャルオンラインショップのメールマガジンvol44 2019年3月14日発行分から一部転載したものです。

 

 

メドウズアロマテラピープロダクツオンラインショップ公式メルマガでニュースを担当している三木です。 暖かな日がなかなか安定しないこの季節。 不安定な春特有の天気で体調を崩しやすい時期ですね。 季節の変わり目は、身体も肌もリズムが整っていない状態です。 そんな今回のメルマガは、この季節にぴったりなピーターラビットのお話でも有名なカモミールについてお届けします。

今月のエッセンシャルオイル
〜 カモミール 〜

 

 

 

〇香りも効果も違うカモミールローマンとカモミールブルー
カモミールは地中海沿岸原産のキク科の植物で、アロマテラピーで用いられるのは カモミールローマンとカモミールブルー(ジャーマン)の2種類です。 カモミールローマンは、草丈30儖未梁診草に対して、カモミールブルーは、草丈20僂ら見かける比較的小型の一年草です。 小さなリンゴを意味するchamomillaを名前に持つカモミールローマンとカモミールブルーですが、香りも効果も違います。

 

カモミール比較.jpg


 

・カモミールローマン(学名 Anthemis nobilis)

meog003カモミールローマ.jpg

 

マーガレットによく似た2、3儖未両型の花を咲かせるカモミールローマンは、花を水蒸気蒸留を用いて精油を抽出します。その香りは、小さなリンゴの名前の由来となるりんごのような香りとよく称されますが、フルーティーなリンゴの果実の香りというよりは、フローラル系の甘い香りの中にほのかに甘酸っぱいリンゴの香りを感じる程度です。 弱った植物の傍に植えると植物を元気にしてくれるコンパニオンプランツの一種であるカモミールは、植物のお医者さんとも呼ばれますが、私たちの心身へも有用な作用をもたらせてくれるので不安定なこの季節の悩ましいシーンで利用することができます。 又、ストレスケアによく用いられるカモミールですが、それはカモミールローマンが主です。


心への作用
自律神経の乱れからくる不安や緊張した状態を、穏やかに鎮めてくれます。
【使い方】・・・ディフューザーなどに精油を滴下してお部屋に芳香させてください。

身体への作用
花粉が飛び交うこの時期の目のかゆみやムズムズする鼻周辺のケアに役立ちます。
【使い方】・・・ディフューザーなどに精油を滴下してお部屋に芳香させてください。

肌への作用
春先特有の肌の痒みや赤みの緩和に有効です。
【使い方】・・・マッサージ・アロマローション(*)

 

・カモミールブルー(カモミールジャーマン)(学名 Matricaria recutita)

 

meog002カモミールブル.jpg


カモミールローマンによく似た花を咲かせますが、花の中央の黄色の部分に盛り上がりが見られます。ハーブティーでも有名なカモミールですが、ハーブティーに用いられるのはこのカモミールブルーの方です。 ローマンと同じく花の部分を水蒸気蒸留することで精油が得られますが、 その液体の色は名前の通り濃いブルーです。この色は、含有する芳香成分であるアズレンからきています。 ハーブティーのカモミールブルーは、ローマンと同じほのかなリンゴの香りを感じる甘くフローラルな香りですが、精油は、その液体色とリンクする濃厚且つハーバルスパイシーな香りでカモミールローマンとは全く違った芳香を放ちます。 カモミールブルーは、含有するカマズレンの効能から肌に対してよく用いられます。

 

カモミールハーブティ1_s.jpg

 

ハーブティーとして   
ピーターラビットにも登場するカモミールのハーブティーですが、おなかの調子を整えたい時よく用いられます。
花粉などのアレルギーからくる目のかゆみには、ハーブティーを飲んだ後の出がらしをお茶パックに入れ、アイパックにしてみるのもいいでしょう。

肌への作用  
カマズレンには、痒みや炎症を抑え皮膚の再生を助ける作用があります。
【使い方】・・・マッサージ・アロマローション(*)

 

カモミールハンドメイド_s.jpg

 

〇メドウズがおススメする春のトラブル肌用アロマローションの作り方

カモミールローション
【用意するもの】
・50mlスプレー瓶
ローズウォーター 45ml
カモミールローマン 3滴(もしくはカモミールブルー1滴とラベンダー2滴 )
スイートアーモンドオイル  5ml 【作り方】
・スプレー瓶にスイートアーモンドオイルとカモミールローマンの精油を入れよく混ぜます。
・ローズウォーターを加え良く振ったら出来上がりです。
*オイルとローズウォーターは完全に溶かすことはできないので、ご使用の前に良く振って撹拌してから使用してください。

 

カモミールマッサージ_s.jpg

カモミールを使って春先のトラブルにアロママッサージを行うときは、 痒みを抑えるマカダミアナッツオイルをベースに使ってみてはいかがでしょう。

【レシピ】
マカダミアナッツオイル30ml
カモミールローマン4滴
ラベンダー1滴
ネロリ1滴

香りが強いカモミールブルーを使うときは、 マカダミアナッツオイル30mlにカモミールブルー1滴、ラベンダー5滴 で試してみてください。痒みが強い場合は、カモミールブルーがよくつかわれます。
*カモミールブルーは、香りが強いので1滴で十分です。

 

手軽にカモミールをフェイスケアに使いたいときは、 シアバーム カモミールがおススメです。 潤いたっぷりのシアバームにカモミールとティートリーがブレンドされているバームは 簡単にスキンケアができますよ。 使い方は、ローズウォーターを吹き付けた肌に、シアバームカモミールを塗布するだけです。

シアバームのテクスチャーに固さを感じる場合は、手のひらの上で柔らかくしたバームに少量のキャリアオイルをプラスしてあげると滑らかな質感のクリームに変身します。 シアバームの詳しい使い方は以前のメルマガでご紹介をしているので そちらをご参考にしてみてくださいね。

春のトラブルにはカモミールがおすすめです。 是非試してみてくださいね! メドウズ オーガニックエッセンシャルオイル カモミールローマン
[学名]Anthemis nobilis
[産地]フランス
[香りの特徴]青りんごのようでやさしいフローラルな香り
5ml 6,480円(税込) 
*3月18日(月)入荷予定となりますので、商品の発送は3月18日(月)以降となります。

メドウズ オーガニックエッセンシャルオイル カモミールブルー
[学名]Matricaria chamomilla
[産地]ネパール
[香りの特徴]濃厚で苦甘いハーバルな香り
5ml 9,180円(税込)
*現在欠品中です。入荷次第お届けさせていただきます。

メドウズ ブレンドハーブティ イージースリープ
【ブレンド】ローズ・ローズヒップ・エルダーフラワー・カモミール・レモンバーベナ
20g   864円(税込)
50g    2,160円(税込)
100g  3,795円(税込)

メドウズ ブレンドハーブティー チャイルドハーモニー
【ブレンド】カモミール・ローズヒップ・エルダーフラワー
20g  864円(税込)
50g    2,160円(税込)
100g  3,795円(税込)

雪でも満員御礼!ローズウォーターも完売! 〜アロマフェスタin東京〜

この記事はメドウズオフィシャルオンラインショップのメールマガジンvol43 2019年2月21日発行分から一部転載したものです。

メドウズアロマテラピープロダクツオンラインショップ公式メルマガでニュースを担当している三木です。
2月9日の土曜日に、日本アロマ環境協会主催のアロマフェスタin東京にメドウズが出店をしました。当日は、雪という悪天候にも関わらずたくさんの方がメドウズのブースに立ち寄ってくださいました。
今回のメルマガは、アロマフェスタにお越しいただいた方々のお声や人気を集めた商品をご紹介したいと思います。

〇一番人気のローズウォーターは、化粧水利用が断トツ
雪という悪天候にも関わらずに、開場時間の10時30分と共にたくさんのお客様がメドウズのブースに来てくださいました。 まずみなさんが目指すのは、ローズウォーターです。香りをチェックすることなく、ご購入いただく方が多くローズウォーターのリピーター率の高さを実感しました。 使い方は、圧倒的に化粧水として使われる方がほとんどです。

Rosewater201707_横長.jpg


〇今まで試してみたかった憧れの精油が手ごろに買えるAPOTHO
2番目に人気だったものは、APOTHOの精油です。 ローズウォーターと違って、初めてAPOTHOを目にする方がほとんどなのですが、 テスターで香りをチェックしていただくと

・香りの良さ
・手頃な価格

に驚かれ数本をまとめてご購入いただく方が多くいらっしゃいました。 毎日おしみなくディフューザーなどに使ったり、メドウズとは違った使い方を考えられたようです。

 

apotho_oil.jpg

 


この日の、APOTHO精油売り上げ人気ベスト3は・・・・

1 サンダルウッド5ml 5,724円(税込)
2 フランキンセンス5ml 2,052円(税込)
3 イランイラン10ml  1,944円(税込)

香りの評判が高かったAPOTHO精油は

1 ゼラニウム(ブルボン) 10ml 2,052円(税込)
2 クラリセージ 10ml 2,052円(税込)
3 ベルガモットF.C.F 10ml 1,620円(税込)

でした。
メドウズの精油売り上げベスト3は、

1 ティートリー 10ml 3,996円(税込
2 ラベンダー(真正)10ml 3,240円(税込)
3 ラヴィンツァラ 10ml 3,996円(税込

と、効能を重視されている方が多いのに対して、APOTHOを求める方は、より嗜好性が強く出ていたように感じます。 そして普段はなかなか手を出しにくいサンダルウッドなどの比較的高額な精油を多く求められました。

〇ラベンダーの香りの概念が変わったシアバームラベンダー
三番目に人気があったのは、シアバームです。
人気ランキングは、

1 シアバーム ティートリー 50ml 2,916円(税込)
2 シアバーム ローズ&ゼラニウム 50ml 3,240円(税込)
3 シアバーム ラベンダー 50ml 2,916円(税込)
でした。

 

 

 

sheabalm.jpg

 


シアバームで印象に残ったのは、シアバームラベンダーをテイスティングした人の 反応の良さです。「ラベンダー系のクリームはおばあちゃんぽい香りであまり好きではなかったけれど、このシアバームラベンダーは洗練されていてものすごくよい香り!!」と絶賛してまとめてご購入いただいたお客様がいたほどです。

又、シアバームティートリーは、熱烈なリピーターの方がいらっしゃって、家にあるシアバームティートリーがもうなくなりそうで、底が見えるアルミ缶をこすりつけながら使っていたとおっしゃっていました。 ありがたいです!

こんなお客様の声がダイレクトにお聞きできてとても充実した一日を送る事が出来ました。
今週の日曜日2月24日はアロマフェスタin大阪が開催されます。メドウズも参加させていただきますので、お近くの方は是非お越しくださいね。

 

 

早めの花粉準備で安心!裏付けのあるヘルスケアアロマの先駆けとなったティートリー

この記事はメドウズオフィシャルオンラインショップのメールマガジンvol42 2019年2月7日配信分から一部転載したものです。
 

ume.jpg


メドウズアロマテラピープロダクツオンラインショップ公式メルマガでニュースを担当している三木です。 立春を過ぎて日差しも徐々に春めいてきましたね。 インフルエンザが未だ猛威を振るっている中、そろそろ花粉の飛散も始まったようです。 花粉の飛散は、バレンタインデーの頃からとよく言われますが、今年は少し早まるようです。 そんな今回のメルマガは、花粉の時期に欠かせないティートリー精油についてお届けします。

今月のエッセンシャルオイル      
 〜 ティートリー 〜 

 

 


〇裏付けのあるヘルスケアアロマの先駆けとなったティートリー
多くの種類を持つフトモモ科に属するティートリーは、葉を水蒸気蒸留することで精油が得られます。 オーストラリアの先住民アボリジニは、このティートリーを常備薬としていた事で有名です。 自然あふれるオーストラリアやニュージーランドで有名になったティートリーは、周りの環境を瑞々しく爽やかな清潔感あふれる場へと導いてくれるハーブです。 それは、ティートリーが持つ強い抗菌作用の成せる業からでしょう。

 

 

 

110_6t7sj.jpg

 


その実力から、天然の抗生物質と称されるティートリーですが、 今やアロマテラピーの枠を超え、化粧品・ヘアケアそしてペット用品などたくさんのプロダクトに多く使われています。 しかし、フレグランスなどの香料として存在することはほとんどなく、多くはその含有成分の効果を目的としたヘルシー利用として用いられます。 アロマテラピーがファッションとしてもてはやされた現代に、アロマテラピーを裏付けのあるヘルスケアとしてランクアップさせた精油といっても過言ではありません。

強い抗菌作用を持つテルピネン‐4‐オールを40%近く含むティートリーは、
・抗菌
・抗真菌
・抗ウィルス
・免疫力強化
とこの冬に流行する風邪やインフルエンザそして花粉症シーズンの精油として活躍してくれます。 ディフューザーなどで芳香させるのもよいですが、花粉&風邪用のアロマスプレーを作っておくと便利です。

〇メドウズがおススメする花粉&風邪対策アロマスプレーの作り方
メドウズがおススメする花粉&風邪対策用のアロマスプレーは、 ティートリー・ラヴィンツァラ・ラベンダー真正のブレンドです。

 

 

 

144_3uhhp.jpg



【用意するもの】

・30mlスプレー瓶
・精油 1ml (ティートリー10滴・ラベンダー真正6滴・ラヴィンツァラ4滴)
・無水エタノール10ml
・精製水 20ml

【作り方】

・スプレー瓶に無水エタノールと精油をいれて希釈します。
・精製水を加え良く振ったら出来上がりです。

お部屋にシュッとスプレーしたり、外出時には折り畳んだティッシュにスプレーを1回吹き付けてマスクの内側に挟み着用します。

※もっと手軽に作りたい方は、ティートリーやラベンダーがブレンドされているメドウズのコールドリリーフで代用も可能です。その際は、コールドリリーフを20滴滴下してください。

免疫力も高めてくれるティートリーは、まだ花粉の飛散が少ない今の時期から芳香させるととても効果的ですよ。 花粉の季節は、もう秒読み段階!お早目の対策を心がけてくださいね。

メドウズ オーガニックエッセンシャルオイル ティートリー
[学名]Melaleuca alternifolia
[産地]オーストラリア
[香りの特徴]シャープで透き通るようなハーバル系の香り
5ml 2,052円(税込) 10ml 3,996円(税込)

APOTHO ナチュラルエッセンシャルオイル ティートリー
[学名]Melaleuca alternifolia
[香りの特徴]シャープで透き通るようなハーバル系の香り
[産地]オーストラリア
10ml 1,620円(税込)

 メドウズ シナジーブレンド コールドリリーフ
【ブレンド精油】ラベンダー真正・ユーカリ・カユプテ・ティートリー・ペパーミント
10ml 2,052円(税込)

 

シアバームとキャリアオイルの合わせ技伝授!冬乾燥にオススメのシアバームティートリー

この記事はメドウズオフィシャルオンラインショップのメールマガジンvol41 2019年1月24日配信分から一部転載したものです。


〇スキンケアからヘルスケアまで対応する万能バーム

毎年、冬は気温の低下と共に乾燥が進みますが、昨年の暮れから今年にかけては 特に降水量が少なく深刻な乾燥注意となっていますね。 乾燥からくる肌荒れで肌が痒くなったり、指先やひじ、かかとなどのささくれやひびわれでお困りの方もいらっしゃることでしょう。

そんな季節にメドウズがおススメするのは、シアバームティートリーです。 濃密保湿のシアバターに、ティートリーの精油をブレンドしたシアバームティートリー。 この季節に大人気の商品です。 その人気の秘密は、スキンケアからヘルスケアまで対応できる万能性です。 ちょっとその威力をご紹介しましょう。

【スキンケア】
シアバターが乾燥した肌に潤いをもたらし、ブレンドされたティートリーが皮膚の炎症を鎮めてくれます。又、隠し味としてブレンドされているカモミールが、肌の痒みにやさしく働きかけてくれるまさにこの時期のスキンケアになくてはならないバームです。 手のひらや顔など広範囲に使用する場合は、スイートアーモンドオイルなどのキャリアオイルとブレンドして使うと容易に塗り広げられます。

【ブレンドの方法】
シアバターやシアバームをパール粒大程度手のひらにとり、スィートアーモンドオイルを1滴ほど垂らし、指でよく混ぜて肌に使用します。クリーム状に変化するので、シアバターやシアバームだけで使うよりも、肌に乗せた時に滑らかに広がり、お肌全体を幅広くカバーできますよ。
引用元メドウズ オフィシャルオンラインショップ メールマガジンvol37


*シアバームの詳しい使い方は、昨年のメルマガでご紹介しているので こちらを参照にしてみてくださいね。  

Fotolia_41211387_XS.jpg

【ヘルスケア】
ティートリーは、呼吸器系の感染症に有用なので、インフルエンザや風邪、花粉症の時期のヘルスバームとして活躍します。
・鼻のむずむずには、鼻の下に
・喉や呼吸を楽にしたい時には、胸元に塗りこんでみてください。

nodo.jpg

〇シアバームティートリーの人気の秘密とは?

スキンケアバームとしての、シアバームティートリーの大きな特徴は、 カモミールが一緒にブレンドされていることです。 肌の炎症と痒みを同時に鎮めてくれる! ここがポイントです。

又、ティートリー単独の香りだとそのシャープさから、 お子様やお年寄りには好き嫌いが出てしまうのですが カモミールのやさしいフローラルな香りを加えることで どの世代にも抵抗なく使えるバームに仕上がりました。 そして爽やかなその香りは、男性には人気ナンバーワンです。

スキンケアとヘルスケアに利用できるシアバームティートリー。 乾燥のひどい今冬には必須アイテムです。

メドウズ オーガニックシアバーム ティートリー
50ml ¥2,916(税込)

メドウズ スイートアーモンドオイル
50ml ¥1,620(税込)
100ml ¥2,160(税込)
250ml ¥4,320(税込)

メドウズ オーガニックスイートアーモンドオイル
50ml ¥2,160(税込)
100ml ¥3,024(税込)
250ml ¥6,480(税込)

 
SB送料無料.jpg

*肌を潤す乾燥対策バーム送料無料&セット割キャンペーンのお知らせ

1月24日(木)〜1月31日(木)までに
シアバーム ティートリー
シアバーム カモミール
シアバーム ラベンダー
以上3点のいずれかをご購入の場合、金額に係わらず送料無料でご手配させていただきます。

SB_SAセット_メルマガ.jpg

上記シアバームの中から1点とスイートアーモンドオイル50mlを合わせてご購入いただくと

冬の乾燥対策バームセットとして 通常4,536円(税込)のところ、特別価格3,980円(税込)で販売させていただきます。 しかも、送料無料!
詳しくはこちらから


この機会に、シアバームをキャリアオイルとブレンドするテクニックをお試しください。 冬場の固いシアバームがキャリアオイルをプラスすることで濃厚かつスーッと肌にとろけるクリームへ変身しますよ。

家族で使える冬のレスキューアロマ ラヴィンツァラ

メドウズオフィシャルオンラインショップのメールマガジンvol40 (2019年1月10日発行)から一部転載しています。

〜ラヴィンツァラ〜


〇幅広く対応できる冬のレスキューアロマ

近年注目されだしたラヴィンツァラには、その実力の幅が解明途中なのではないでしょうか。それほどこの精油には魅力的な効果が多岐に渡り潜んでいるといえます。 特に、この冬の時期には欠かせない精油の代表的なものです。

 

meog048.jpg

マダガスカルの高地に生息するラヴィンツァラは、クスノキ科の高木です。 葉を水蒸気蒸留することで精油が得られ、学名はCinnamomum camphora。 マダガスカルでは、“体によい葉”と呼ばれ、万能薬として使われていたとされます。 少し前には、ラバンサラと呼ばれることがありましたが、 ラバンサラと呼ばれるものは学名Ravensara aromaticaの種族のものが多く 効能が大きく異なる為、ラヴィンツァラとラバンサラの線引きがなされました。
1.8シネオールが主成分のラヴィンツァラは、

・抗ウィルス作用
・鎮痛鎮静作用
・去痰
・抗菌
・免疫強化

 

nodo.jpg

とこの冬に流行する風邪やインフルエンザそして花粉症シーズンの芳香浴として活躍してくれます。上気道のトラブルに使うことも多く、私も子供が咳や鼻づまりで寝苦しい夜には、よくラヴィンツァラを枕元に芳香させ助けられたものです。

ユーカリにも似た効果がありますが、ユーカリよりも刺激性が弱いラヴィンツァラは、高齢者やお子様にそして入眠の際の芳香におススメの冬の精油です。

〇メドウズがおススメするラヴィンツァラの芳香浴ブレンド

メドウズがおススメするラヴィンツァラの芳香浴ブレンドは、 ティートリー・ラベンダー・グレープフルーツとのブレンド。 ディフューザーを使って芳香浴をするのも良いのですが 今回は、ちょっとおしゃれなスティックディフューザーの芳香浴をご紹介します。

diffuser.jpg


〇おしゃれなリードディフューザーでインフルエンザ対策

リードディフューザーとは、ガラス瓶などに入れた精油が、竹や籐でできたスティックをつたって、お部屋に香りを運ぶインテリアディフューザーです。 電気を使わず置いておくだけでいいおしゃれでエコなディフューザーは今とても人気です。 熱を使わないので精油そのままの香りを芳香させられるのも魅力的です。

【用意するもの】
・10ml精油の空瓶
・竹串
・精油1ml(20滴)
・無水エタノール 9ml

【作り方】 精油の空瓶に無水エタノールと精油をいれて適度な長さにカットした竹串を差し込めば出来上がりです。

香りの持ち具合は、大体3〜4日程度。 お部屋の広さの目安は、玄関やトイレなど比較的小さな空間におススメします。 5mlの空瓶を利用する場合は、無水エタノール4mlに精油0.5ml(10滴)を目安としてください。

APOTHOの精油瓶はスタイリッシュなので、お部屋の雰囲気を損ねることなく、インテリアディフューザーとして十分に通用しますね。

今年の冬は、リードディフューザーにラヴィンツァラブレンドを仕込んで インフルエンザに負けない冬をお過ごしくださいね。

メドウズ オーガニックエッセンシャルオイル ラヴィンツァラ
[学名]Cinnamomum camphora
[産地]マダガスカル
[香りの特徴]軽やかな清涼感のあるスーッとした香り
5ml 2,376円(税込) 10ml 3,996円(税込)

APOTHO ナチュラルエッセンシャルオイル ラヴィンツァラ
[学名]Cinnamomum camphora
[香りの特徴]軽やかな清涼感のあるスーッとした香り
[産地]マダガスカル
10ml 2,052円(税込)