ギフトショーでまざまざと感じたトレンドの変化

先日訪れたギフトショーでは新規のお客様訪問以外に、同業他社さんのブースを拝見させて頂きました。今回のギフトショーでは、生活の木さん、カリス成城さん、ジーピークリエイツさんの出展がありました。

 

特に生活の木さんのブースを見学して思いました。

 

「精油が見あたらない・・・」

 

それどころか、アロマテラピーというよりは「自然由来原料を用いた健康想像業(私が勝手に名付けています)」。春夏秋冬(季節別・シーン別)に合わせて、ハーブコーディアル、スキンケア用品、機能性商品などを展示されていました。生活の木さんの人気商品ハーブコーディアルもこれまでに見たことがないおいしそうなお味がたくさんありました。

 

それでもブースの中央にはブレンド精油が鎮座しており、シングルの精油は奥の棚にひっそりと限られた種類のみでした。

 

最近、メドウズではアンケートを実施しています。

 

https://forms.gle/RYg3QMdPg8Aj6Cy37

※よかったらご協力お願いします

 

ご回答を頂いている方のほとんどが弊社のオンラインショップで弊社商品をご購入されたことがあるお客様です。

 

 

この中で、お客様のアロマテラピー歴とメドウズ使用歴をお伺いしています。

 

【アロマテラピー歴】

10年以上前から・・・60.8%

5年から10年・・・25.5%

 

1年から3年・・・5.9%

 

メドウズをお使いのお客様の86.3%がアロマテラピー歴5年以上

 

 

【メドウズ使用歴】

10年以上前から・・・22.6%

5年から10年・・・28.3%

 

1年から3年・・・20.8%

1年未満・・・9.4%

 

メドウズを5年以上お使いのお客様が約50%

 

 

【主な使用商品】

5年以上アロマテラピーのキャリアがある方は主にエッセンシャルオイル、キャリアオイル、ローズウォーターであるのに対しアロマテラピー歴が浅い方はシアバーム、ローズウォーター

 

といった傾向がアンケートから読み取れました。

 

つまり、アロマテラピーを始めて間もない方の興味関心(メドウズ商品に限る)はシアバームやローズウォーターなど目的・用途がはっきりした商品であることが分かります。そのため、生活の木さんが精油ではなく、「自然由来で目的・用途がはっきりした商品を展示会に出品して新規顧客の獲得を目指す」ことは理にかなっていると思います。これまで生活の木さんのパッケージは「実直」なイメージでしたが、最近では誰もが手に取りたくなる魅了的なデザインが増えてきました。アロマテラピー愛好家だけでなく幅広いお客様に訴求をしているのでしょうね。

 

この右肩下がりの業界でいくら精油を売り続けていてもジリ貧であり、精油は大切な商品ではあるが、今後はお客様にわかりやすい商品をどれだけ揃えられるかが生き残る上で大切なんだとギフトショーで感じました。

 

ところで、弊社の商品は

 

アロマテラピー歴5年以上の愛好家からの信頼が厚く、特に知識や経験が豊富なお客様から精油やキャリアオイルを長年にわたりご愛顧頂いている

 

ということがアンケートから分かりました。植物本来の香りにこだわるメドウズの姿勢を多くの愛好家の方に評価頂けていることをうれしく思いますし、これからも私たちは品質の追求を第一に商品供給を続けてまいります。そして、メドウズの魅力を多くの方にお届けするため、これまでにない「目的・用途がはっきりした商品」のラインナップを増やしていくことがさらなる成長には必須ということがはっきりしました。

 

 

 

こうして書いてみると、「当たりまえ」のことでした(笑)。初めての方には精油を数本でも買いそろえるのは結構なハードルです。使い方も悩んでしまいます。それよりは気軽に使える、環境、体に優しい自然由来の商品の方が初めての方には魅力的です。むしろ、ここまで偉そうに書くことなのか?と少し恥ずかしくなってきましたが、私はこれまで気づいていませんでした。そして、この見方は私の見方であり、当たっていないかもしれません。なので、もしご覧になられた方がいらっしゃったら「私の声が大きいひとりごと」と思って読み流して頂けると幸いです。

皆様のご意見や感想をお聞かせください(アンケートのお願い)

お客様にご満足いただける商品作りを常日頃から心がけておりますが、皆様のお声を参考にしながらより多くのお客様にお喜びいただける商品作りを目指すため、アンケートを実施することになりました。

 

アンケートは初めての試みです。ひとりでも多くのお客様からご意見を頂戴できれば幸いですので、是非皆様のご協力をお願いいたします。

 

アンケートは無記名式です。このまま「次へ」を押してアンケートを進めてください。

約3分ほどで終了し、ほとんど選択式となっております。

 

 

 

アンケートは12ページあり、最後に青い四角で「送信」を押していただいたら完了です。

お忙しい中ご協力いただきましてありがとうございました。

 

またお世話になります 本日より業務再開です

おかげさまでお盆休みを頂戴し、本日8月16日より弊社は通常業務に戻りました。弊社とつながりのあるイギリスやフランスのお取引先はまだ夏休みのようですが、私たちもこの時期にお休みがいただけて本当にうれしいです。

 

弊社のスタッフは、私以外みなお子さんのいる女性。ある人は那須に行き、またある人は長野方面、そして実家に帰省した人などめいめい、家族との時間を楽しめたようでした。

 

 

お土産で頂いた那須にある南ヶ丘牧場のお菓子。

ラングドシャ大好きなんです(#^.^#)

 

 

私は、お盆期間中は縁があって知り合ったブラジル人のルーカス君と水戸周辺を観光しました。ルーカス君は日本に興味があり、将来は建築技術を学ぶため日本への留学を考えているそうです。3週間にわたり、日本に滞在し日本の文化を学ぶプログラムに参加しているのですが、私も数日彼と一緒に楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

水戸に古くからある寿司屋「すしとし」さんで寿司づくり体験をさせてもらいました。

初めて作ったとは思えない、仕上がりにびっくり。

 

 

 

本場ブラジルのコーヒーよりおいしいらしい、近所の喫茶店のカフェクレーム

(ふざけてないでちゃんと飲め!)

 

 

 

最後は成田空港でお見送り

右に写っているのは地元の不動産業の大川さん。

見た目に似合わず??とても優しいおおらかな人です。

 

 

地球の裏側にあるブラジルは、日系人が多いと聞きますがそれでもあまり私には身近な国ではありませんでした。しかし、「ブラジルとはこんな国だよ」とお話出来たのが面白く、まだまだ地球上は知らないことだらけだと感じました。

 

連休後半はあいにくの天気で、台風の進路にあたる地域に弊社のお客様がいらっしゃり心配されましたが、幸い大きな被害もなくホッとしました。しかし、この週末気温が上がるようで引き続き体調にはお気をつけください。

 

お取引先の中には、「19日から営業再開」というところも多く、まだ今日16日は比較的落ち着いています。また、たくさんの皆様とお話ができるのが今から楽しみです。

 

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス

 

指名買いの懐かしいお客様からのお電話から

4月3日午後2時過ぎに会社の電話が鳴りました。

 

「しばらく発注をしていないのですが、注文することはできますか?」

 

一件のお取引先様からのお電話でした。

 

失礼ではありますが、私はそのお取引先様を存じ上げませんでしたがお取引先様のリストには掲載がありました。

 

「ご注文大丈夫ですよ、是非FAXでご注文ください」

 

とお話をすると、ほどなくしてきれいな字で書かれた発注書が届きました。

 

ご注文内容を拝見すると、

 

・モッジスプレー

・モッジシナジーブレンドオイル

・モッジスプレー

・ローズウォーター

・アンチストレス

 

でした。そこで弊社の三木がこのお客様にお礼を兼ねてお電話をさせていただくと。

 

「店頭で虫よけのモッジシリーズを販売しているが、ローズウォーターにも興味を持ったので初めて発注する」

 

とのことでした。

 

このお取引先様は滋賀県にある薬局さんで、ホームページを拝見すると何社かの商品を販売されているようです。その中に、メドウズもモッジシリーズもあり、今回ローズウォーターを加えていただけるのだと思います。どうもありがとうございます!

 

メドウズの商品ラインナップを見渡すと、大きく分けて

 

・エッセンシャルオイル

・シナジーブレンドオイル

・キャリアオイル

・ローズウォーター

・シアバーム・シアナッツバター

・デッドシーソルト

・スキンケアバーム

 

等がありますが、「メドウズのこの商品●●が好きなので、私のお店はこれを重点的に販売している」ということが多いようです。

 

本当は幅広い商品をお取扱いいただけるとうれしいのが本音ですので、私たちは商品の魅力をもっとアピールして、まだまだ磨き切れていないダイヤの原石を世に送り出す努力を重ねないといけません。しかし、それでも、「メドウズのこの商品のファン」と言っていただけるのは、商品力の高さの証であり、販売者としてこれほどうれしいことはございません。

 

消費者の嗜好が目まぐるしく移り行く現代において、変わらずメドウズの商品とお付き合いくださるお取引先が多くいらっしゃるのは、間違いなくメドウズの財産です。どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

 

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス

 

ブレグジットの余波?やっとイギリスから貨物が届きました!

一般的に、月間販売量の2から3倍の数量を在庫として確保しておくことが望ましいとされております。しかし、弊社のローズウォーターやキャリアオイル等のスキンケアアイテムは保存料を使用していないため、長期間保管をすることにより品質への影響が懸念されます。そのため、弊社で在庫として保管をすることなく、なるべく新鮮な商品を頻繁にイギリスから輸送をすることで、他社にはできない「新鮮で高品質な商品を適正な価格」でお届けすることを大切にしています。主に、30日から45日に1度、イギリスから航空機で輸送をするのですが、今回は思わぬ落とし穴で貨物が来ないという事態に直面してしまいました。最近ニュースで耳にするブレグジットです。

 

 

 

 

ブレグジットはイギリスがEU(欧州連合)から離脱することだそうですが、弊社に影響があるのが貨物の輸送です。イギリスと日本では国が違いますので、必ず通関というその貨物を輸出してよいか(輸入してよいか)の確認作業、さらには輸送手段の確保が必要となりますが、3月下旬のEUからの離脱に備えて多くの企業がモノのやり取りを増やしており、輸送費がこれまでの2倍から3倍となっています。

 

 

私はJALが好きです!ただ、実際の貨物はエールフランスやエティハド等様々な航空会社が使用されており、JALはこれまでのところ一度もございません。

 

 

「今年のゴールデンウィークは10連休のためハワイへの航空券が通常の3倍!」などとワイドショーで騒がれていますが、まさに同じことが航空貨物にも起こっています。しかも、航空券であれば、事前に価格が上がっている、代替手段を探すといったことができますが、今回は、「はい値上がりです」と後出しじゃんけんのように言われた(外国企業では良くあることで、日本のように事前に値上げのお知らせなどということはまずありません。)ため、すべての予定が狂ってしまいました。

 

 

弊社の貨物もこのように積まれて日本に届きます。

 

 

では、なぜこのような価格の上昇が起こったのか。それは、「高い運賃を払ってでも早く確実に貨物を運んでほしい顧客が他にいるから」だそうです。医薬品や食料など鮮度や緊急性が高い貨物や、精密機械などの付加価値が高い商品が該当し、弊社の貨物のような「爆発の危険性がある危険物で大きなスペースを必要とする輸送効率の悪い貨物」は後回し。しかも、ほぼ毎週のように依頼をかける顧客や大企業が優先され、メドウズで1月下旬に準備が出来ていた貨物の日本到着が予定よりも1か月遅れとなってしまいました。

 

 

理由はどうであれ、お客様にご迷惑をおかけしたことは事実であり、この場をお借りして改めてお詫び申し上げます。弊社でも、昨年末からこのような事態に備えて輸送会社に事前に物流状況を確認したり、ローズウォーターの在庫量を通常の2倍にはしておりましたが、おかげさまで年始のオンラインショップでのセールや、2月の東京国際フォーラムで開催されたAEAJ主催のイベント、さらにはお取引先様からのご注文が非常に多く、ローズウォーターが飛ぶように出荷されていきました。そのため、入荷量を増やしても販売量が前年実績を上回ったため、結果として2月後半から約3週間ほど欠品となってしまいました。

 

 

本日3月13日現在、ローズウォーターは弊社に入荷しており、オンラインショップ、お取引先からのご注文を問わず、即日出荷しております。また、その他欠品をしておりました、アプリコットカーネルオイル、グレープシードオイルも3月15日に出荷の準備が整う予定です。

 

 

今朝のニュースでもイギリス議会で新しい離脱案が否決されたと報じられていました。遠い国の一個人には、イギリスがどこに向かうのか想像すらつきませんが、しかし、メドウズが販売する商品の多くはEU内で生産され、イギリスに運ばれています。

 

 

 

イタリア

アプリコットカーネルオイル、グレープシードオイル、レモン精油、ベルガモット精油、ヘリクリサム精油等

 

フランス

クラリセージ精油、オレガノ精油、ラベンダー精油等

 

ブルガリア

ローズオットー、ローズウォーター、ラベンダー精油

 

 

その他にも多くの商品がEU圏内で生み出されており、イギリスがEUを離脱することで、価格への影響、物流の安定性に懸念が残ります。メドウズではソイルアソシエーションによるオーガニック認証を取得しておりますが、この認証がついた商品はイギリスのメドウズの自社工房でしか製造が認められていないため、代替案を講じることも今のところ容易ではありません。

 

 

いずれにせよ、最新のニュース、現地の動向をメドウズから入手しながらも、弊社では少しでも在庫を増やすことで事態が流動的な今後数か月を乗り切る考えでおります。お客様には引き続きご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力を賜りますようどうぞよろしくお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:イギリス