水戸も洪水でやばいぞー!

昨日の台風19号は、東日本の幅広い地域に大きな被害を与え、今この瞬間も心が安らがない方が多くいらっしゃいます。同じ台風の被害を受けた者として心よりお見舞い申しあげます。イギリスのメドウズからだけでなく、フランスのお取引先からも「BBCで見たぞ!大丈夫か?」と案じる連絡が届きました。

 

 

被害に大小はつけられませんが、やはり長野県千曲川の氾濫による住宅、新幹線への被害。また東京都世田谷区や川崎市武蔵小杉等の都市部を襲った洪水が大きく報道されておりますが、茨城県も久慈川、那珂川の堤防決壊、そして私の故郷水戸市でも那珂川から水があふれ、自宅から数キロ先の方達が被害に遭っています。

 

 

会社近くの那珂川(水戸市三の丸)

ここは約30年前の大洪水により、堤防の高さが11mに強化されました。

 

川幅は300m以上あるのですが、このとき9m80cm。10分で10cmずつ水位が上昇していました。

(この地点の水位はこの9m80cmの少し上で止まりました。)

 

 

 

水戸市三の丸から2キロメートル河口に下るとすでに水があふれ、消防団が土嚢を積んでいました。

 

 

 

ここは水戸市三の丸より上流に5キロほどの所で、今回の水害で私たち水戸市民が一番衝撃を受けた写真です。

 

宇都宮へ通じる国道123号線(画面奥に向かって下り坂)が完全に水没し、左側の山新(ホームセンター)は水にどっぷり浸かっています。水面にはホームセンターから流れ出た商品が浮かんでいました。

 

この山新は茨城県・千葉県・福島店に約20店舗有り、水戸市民には大変なじみが深く、台風の前日に台風対策グッズを買い求めた人も多いと思います。どうでもいいのですが、メドウズもコピー用紙やガムテープ、私の洗車道具も山新です。

 

 

水没した常磐自動車道水戸北スマートIC。

9月にリニューアルしETC専用のフルスマートインターチェンジ(上下乗り降り可能)で生まれ変わったばかりなのですが、すべての機器は水の下です。

 

 

どこが川か平地か分かりません。

 

 

台風一つで予想もしないこと、人間の英知を集めて築いてきた物がもろくも崩れ去るという現実を、8年前の東日本大震災に続いて見せつけられました。

 

 

自分のスマートフォンには深夜でも、水戸市から避難指示、避難所開設情報などがけたたましい音と共に届き、防災無線で「川が氾濫したこと」が断続的に流されました。緊急車両のサイレンも鳴り響き、このサイレンが落ち着いたのは今日13日の夕方以降だったと思います。防災ヘリコプターで救助された人もいたようです。

 

 

この他茨城県では、水戸と福島県の郡山を結ぶJRの水郡線で鉄橋が数カ所崩落し、運転の再開は見通せないそうです。道路、鉄道のハードだけでなく、住宅、農業と人々の生活にも大きな影響が出ています。

 

 

東日本大震災で水戸(茨城)は「忘れ去られた被災地」と呼ばれました。大きな被害を受けながら、ほとんど報道されず国が指定する復興の重点地域から外されそうになりました(最終的に認められました)。

 

 

茨城の人は殿様気質(さすが御三家)の所があり、マスコミで取り上げられなくても「人の助けを借りずに自分たちで何とかするからいい」と強がるところもありますが、是非皆様のお知り合いに茨城の人がいらっしゃったら、思い出して「大丈夫だった?」と、お声がけ頂けるだけでも幸いです。

 

 

1日も早く被災された方の生活が元に戻ることを願ってやみません。

 

 

※友人・知人から送られた写真を一部利用させて頂きました。

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

やっと梅が咲きました!水戸が一番華やかな季節到来です。

みなさん、こんにちは。
先週から急に気温が上昇したと思ったら、黄砂や煙霧など大荒れの天気が続いていますが、皆様体調お変わりないですか?

今日はメドウズがある水戸のお話です。

水戸といえば、皆様何を思い浮かべますか?
そうです、水戸Best3は

水戸黄門
偕楽園
納豆

です。その中でも偕楽園の梅がやっと咲きました。

2年前は東日本大震災で偕楽園も壊滅的な被害を受け、観光どころではなくなってしまいました。去年は冬の寒さが厳しく、春になっても上がらない気温で梅は全く開花せず。しかも週末ごとに天気が崩れ、偕楽園はここの所不遇でした。

今年も、全く気温が上がらず咲かないつぼみにやきもきしたのですが、梅がやっと四分咲きまで咲いてきました。


青空に映える白梅、これぞ水戸の春です。

水戸の駅前では黄門様がお出迎えです。

水戸黄門漫遊愛好会のボランティアの方が
黄門様に扮して一緒に写真を撮ってくれます。


あと数週間もすれば桜の便りも聞こえてきますが、梅はその甘い香りと可憐な花が桜とは違った味わいをもたらしてくれます。水戸の梅祭りも、いよいよ佳境。今週末でイベントも終わりのようです。ぜひ皆様も、水戸の偕楽園に春を見つけにお越しになられてはいかがですか?

【交通手段】
JR上野駅17番線より特急スーパーひたち号で約1時間。
偕楽園(臨時駅)下車。

常磐自動車道水戸インターより約20分。

茨城空港よりバスで40分。
(神戸、札幌から偕楽園まで2時間半くらい!近い!!)

頑張る地方都市!

こんにちは、鈴木です。
東日本大震災から2ヶ月が経過し、ここ被災地水戸でも人々に笑顔が少しずつ増えてきた感じがします。しかし未だに東京とを結ぶ常磐線は全線開通しておらず、道路もボコボコ。一日4万人の乗降客を誇る水戸駅も人通りは若干少ないようです。

水戸の駅前にはいくつかの商店会が存在しており、私はそのひとつ「銀杏坂商店会」の副会長をしており、また水戸市商店会連合会青年部の副会長でもあります。基本的には皆様「代々」地元で商売をされている方がほとんどですが、私はそうではないので、客観的に物事を眺め行動することが出来ます。

駅前商店会の衰退はどこでも大きな問題であり、マスコミは「郊外のショッピングセンターは賑わい、反して駅前はシャッターどおりで・・・」と金太郎飴的なことを言いますが、いやいやそうではありません。商店街も頑張っています。

たとえば私たちを例にとると、
・商店街単位で盛大な朝市
・夏は夕涼みビアガーデン
・古本市

など通行人の方に楽しんでいただける活動を行っております。

しかし、商店会員は本業があるため、なかなかこの朝市などに加わりたくても人手が足りません。また道路を使うにしても、国道のため国土交通省に相談をしますが、許可が出ません。水戸市などから各種補助も出ていますが、そのために毎回毎回膨大な資料を仕上げなければいけません。

もちろん、人々の安全が確保され全員が気持ちよい空間を共有できることが前提ですが、本来人間のためにあるべき街が、実は街が人間の行動を規制しているような感もあります。それは今回の震災でも浮かび上がったことで、前近代的な考えや規則が地方都市の活力を削いでる部分もあります。

私たちは、引き続き関係官庁にもっと魅力的な水戸を造るために、規則の柔軟な運用を求めて活動してまいりますが、最近元気がないといわれる商店街。決してボケッと手をこまねいているわけではありません。是非皆さんも機会があったら、近所の商店街を訪れて見てくださいね!






郷土自慢

皆さんこんにちは、鈴木です。

今日は「郷土自慢」です。すみません、水戸市のネタにおつきあい頂ければ幸いです。

メドウズジャパンの本社は茨城県水戸市三の丸にあります。
水戸徳川家が治めた由緒ある城下町で、水戸藩第9代藩主徳川斎昭によって偕楽園が設けられました。また偕楽園に寄り添うように、周囲3キロの湖「千波湖」があり、市民の憩いの場となっております。

ちなみに、この偕楽園と千波湖をあわせて「偕楽園公園」と呼ばれており、なんとその広さは都市公園としてはニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位と言われています。この偕楽園公園は水戸駅からおよそ15分ほどで、季節を問わずたくさんの方が訪れます。



車道、歩道(自転車道)、ジョギングコースときちんと整備されています。
桜の木の下を走るのは本当に気持ちがいいですよね。



後ろに見える瓦屋根は映画「桜田門外の変」の
オープンロケセットで一般公開されています。



仲良しです。



千波湖から見る偕楽園
先日の地震で地滑りを起こし、ブルーシートが痛々しいです。

 
やはり日本人は桜ですね。

よくお取引先を訪れると名刺交換の際に

「えっ水戸ですか?」

とびっくりされます。(少し複雑な心境ですが・・・。)

東京に会社を移さないのですか?とご質問を頂きますが、こんなに豊かな自然が残る水戸ほどメドウズにぴったりの土地はないと考えていますので、これからもずっと水戸でメドウズは頑張ってまいります。そういえば、イギリスメドウズのダーリンペインも地元ケント州をこよなく愛しています。こんなところも企業文化として似ているところです。

納豆先生

こんにちは、鈴木です。
昨日までここ水戸市でも大きな余震が続いていましたが、今日は比較的小康状態です。(それでも隣県や同じ県内でもまだまだ大きな余震が続いております。皆様お気をつけ下さい。)

さて、すでにたくさんの方が言われているように、この地震は私たちの生活や考え方を大きく変えました。特に、「お店にモノがない!」というのはオイルショックを経験していない私には初めてのことで大変衝撃的であり、また日頃の快適さを考えるいいきっかけとなりました。

さて当地で毎日、挨拶のように交わされていた言葉それは・・・

「納豆ないね」

です。水戸といえば、「水戸黄門」か「納豆」というぐらい人々の生活には納豆は欠かせません。さらに、水戸の人間にとって「納豆」というくくりでは済まず、必ず「○○の納豆」というようにブランド指定です。






その中でも有数の人気を誇るのがこの納豆。ここ数日皆さんの朝の挨拶は「くめ納豆最近食べた?」という位この納豆は人気です。最近ではこの納豆不足も解消されつつあり、比較的容易に手に入れられるようになりました。本当にありがたいことで、今まで何気なく頂いていた納豆にさらなる感謝の気持ちを持って最近では3食頂いております。

今回の震災ではこのように「普段当たり前にあることのありがたさや幸せ」を改めて実感いたしました。私たちメドウズも、改めて初心に立ち返り1つ1つの商品のありがたさや大切さを心に刻み日々の業務を行っていきたいと思います。

1