まったく先が見えない復旧作業 〜水戸市の水害現場から〜

10月21日、私は地元の仲間6人と共に、12日の台風による洪水で大きな被害を受けた水戸市北西部を訪れました。高速のインターやホームセンターが完全に水没。最深部は7m以上水につかったエリアです。水が引き、一般車両が通れるようになり、合計7人でボランティアに向かいました。

 

この水没したエリアの先が今回お邪魔した水戸市岩根町です。

 

 

「えっ?ここって水戸?」

 

自宅から直線距離で10キロありません。

住所も同じ「水戸市」です。

しかし、目の前に広がる光景は全く知らない土地に来たと錯覚させるほど、変わり果てていました。

 

 

道にうず高く積まれた「災害ゴミ」。

もう見捨てられてしまったかのような家屋。

泥をかぶった樹木。

 

 

中には道路の縁石に座り込みうなだれている人もいます。

 

 

「あの中華料理店、若い夫婦で切り盛りしていておいしかったんだよね!」

「あのゴルフ練習場も水没?」

「ここのおじいちゃん大丈夫だったかな」

 

 

今回ボランティアに来た私たち全員が地元で何十年と暮らしており、土地勘もあります。だからこそ、口々に出てくるひとつひとつの言葉が心をますます重くしていきます。

 

----------------------------------------------------

 

水戸市のボランティアセンターで指定されたお宅は60代のご夫婦がお住まいで、平屋の立派な日本家屋でした。全ての窓、扉があけ放たれ水をかぶったものはほとんど庭に出されていました。それまで、普通に使用していた思い出や愛着がある日常品や洋服、布団などが台風を境に「ゴミ」となってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細な写真の撮影はご遠慮させていただきました。

 

 

 

それまで身近なものだったものを「ゴミ」というのは憚られますが、それでもこの「ゴミ」が大問題です。

 

 

「水害で出たゴミは道路脇に出しておいてください。水戸市の収集車が順次回収に伺います」

 

 

水戸市では、災害のゴミを集積所に集めるのではなく自宅前で収集車が回収に行きます。しかし、この収集が全然進みません。

 

 

私も、現場を見るまで通常のごみ収集と同じように「回収」をしているのだと簡単に考えていました。しかし、このボランティアでお伺いしたお宅のように、それまで自宅にあったほとんどのもの(家具を含む)と瓦、木材等が一度にゴミとして放出されるので、見たことがないほどの物資が何キログラム、何トンと道路に積まれるので収集がまったく追いつきません。

 

 

今日の毎日新聞(インターネット版)にもこの問題が出ていました。

災害ごみ、処理めど立たず 茨城県内の仮置き場山積み 「回収しても出てくる」

 

 

 

作業の合間にこちらのお宅にお住まいの方とお話をしました。すると、水害に合うのは記憶している限りで3回目。年を重ねてくると、片付けも間々ならなくなってくる。ご先祖様が江戸時代から住んでいる土地で、自分もここで生まれ育ったとおっしゃっていました。

 

 

「これからの人口減少社会で堤防整備などをしても無駄なので、そもそも水害が起こりやすい場所ではなく、高台などに移住してもらった方がかえって安い。」という意見をインターネットなどで見つけます。経済的合理性でいけばそうなのかもしれません。しかし、その人や家族、先祖が代々根を張りそこで生活し、築いてきた歴史を考えると「移住して」とは簡単に言えないし、言われても決断できないと思いました。

 

 

----------------------------------------------------

 

 

ボランティアを終え、帰路につく車の中で思ったことがあります。

 

 

「風化が怖い」

 

 

朝方受付をしたボランティアセンターでは多くの人々を見かけました。茨城県すべての自治体からの応援職員、法務省の職員、各企業から派遣されたボランティアチーム。そして、私の隣にいた20代の男性は、ひとりでわざわざ神奈川県の川崎市からボランティアに日帰りで駆けつけてくれていました。

 

 

ボランティア活動の途中でも、茨城大学の学生さんなど多くの人を見かけました。しかし、被災された方が片づけを終え、生活再建のスタートに立てるまでの道のりですら長く、果たしてその日がいつになるのか想像もつきません。その中で、私たちは日々の暮らしの中でこの「洪水」があったことが記憶から遠のき同じ水戸市民の中でも「ギャップ」が生まれてしまうのではと怖くなりました。

 

 

同じ水戸市でも会社の周り、自宅の周りは「水害」が起こった形跡は何一つありません。極めて日常です。8年前の大地震は、たくさんの人が被災者でした。しかし、今回は水戸市の外れの一部地域で起こった水害です。だからこそ、私たちが同じ市民として常に声を上げ続け、必要な支援を届けていく必要があると思います。

 

 

 

 

初めてこのようなボランティア活動をさせていただいて、逆に感じたこと、学んだことも多く貴重な1日となりました。これからも、何らかの形で微力ながらお手伝いを続けていこうと思います。そして、この地域の1日も早い復旧を同じ市民として祈るとともに、日本全国で同じような境遇にある方に必要な支援が継続的に届くことを祈ってやみません。

 

さいきんのアロマ、雑感、あれこれ

ディズニーランドに行って歩き疲れ、脚が棒のようになった時、

 

「ラベンダーの精油を入れて、ふくらはぎをマッサージしたら本当に軽くなったよ。太ももはマッサージしなかったら、上と下でものすごい違和感!」

 

 

なんとなく、だるい。睡眠の質が悪い時、

 

「デッドシーソルトのリフレッシュを加えて入浴したら、汗がすごくて体に溜まっていた悪いものが汗と共に出て言った感じがしたよ。体だけでなくて気分も軽くなった!」

 

 

強い紫外線で髪の毛のパサつきや痛みが気になった時、

 

「ドライヤー後にホホバオイルを1滴髪の毛になじませたの。そしたら、髪の毛がサラサラ。たった1滴でこんなになるなんて、すごい!」

 

 

年齢と共に、肌荒れに悩んでいる方が、

 

「ローズウォーターとアルガンオイルをスキンケアに使ってみたの。化粧水だけではかえって乾燥しちゃうけど、アルガンを馴染ませたらどんどん浸透していき、その後もお肌が突っ張らない。1トーン肌が明るくなった感じがする。」

 

 

この太字の感想は最近私がお客様からお伺いしたことです。

 

 

この10年間で、日本のアロマテラピーは大きく変化しました。

エッセンシャルオイルはどこでも手に入るようになり、人々が「アロマ」という言葉を聞く機会は増えましたが、残念ながらアロマテラピーを楽しむ人は減っていると思います。「難しい」、「使いきれない」、「高い」、「もったいない」等否定的な言葉を多く聞きます。

 

 

これに対し、私たちメーカーサイドもできる範囲でお客様のご意見、ご要望に応えるべく努力を重ねてきました。しかし、この業界特有の問題として、

 

・精油が持つ成分に着目した「メディカル分野」に傾倒

・メーカー間での品質のバラつき

・個人間で異なる考えによる誰もが納得できる統一的見解の少なさ

・個々のメーカーの経営規模が小さい

 

 

などにより、「みんなが納得できる分かりやすいアロマテラピー」は存在しないのではないでしょうか。このことが、最近のアロマテラピー業界の衰退につながっていると私は考えています。

 

 

メドウズではこれまでアロマテラピーの働きを「植物の恵みで毎日をより明るく楽しく」としてまいりましたが、具体的には上にあげた事例のような「日常生活で毎日手軽に使える」ことが大切だと考えています。

 

 

脚がつらいならシップでいいじゃない?

メドウズのデッドシーソルトは1,800円だけどドラッグストアーの入浴剤は500円だよ?

もっと香りが長持ちするコンディショナーあるよ?

オールインワン乳液の方が手軽だな

 

 

という方もいらっしゃいますが、それはそれでいいと思います。価格でいえば、工場で大量に作る商品に対して、植物を原料として少量を手作業でイギリスで作りしかも飛行機で運んでくる商品が叶うわけがありません。

 

 

メドウズでは、アロマテラピーが必要とされる場面は、「日常で起こる少しのトラブルパーソナルケア」と考えています。

 

 

はこの香りをかぐと落ち着く」

はこのバスソルトがあると眠れる」

「この化粧水はに合う」

 

 

「薬とは違った日々の不調を自分のペースで整えるもの」がアロマテラピーだと思います。その中で高品質でありながら他社とは違うオリジナリティーあふれる商品をお届けすることが私たちの責任です。

 

 

しかし、日本では治療・治癒を標榜される表現や販売方法は法律で禁止されているため、あくまでも「個人の感想」という条件付きでの販売となってしまうためこれがまたアロマテラピーをややこしくしている原因でもあります。

 

そこで、今までもそうでしたがこれからのメドウズは価格も面も含めて、「より手軽に植物の恵みと共に明るく楽しい毎日」を皆様にお届けしていきたいと考えています。

 

お客様からのご意見を伺いながら漠然とこのようなことを思い直し、ブログにしてみました。

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

ソマリアの干ばつで200万人の人々が危機にさらされています

私は1週間に1度英会話に通っており、本日がその日になります。レッスンの内容は毎週変わるのですが、今週は

 

「英字新聞を読み、内容を数行に要約する」

 

という宿題が課されておりました。そこで、Japan timesのサイトで記事を探すと以下の記事に目が留まりました。

 

Two million Somalis could die of starvation amid drought, U.N. warns

(200万人の人々が干ばつの中で餓死の危機、国連が警告)

 

 

内容を要約すると

 

・国際社会の援助がなければ、この夏200万人の人が餓死の恐れ。

・人口1,500万人の内、300万人が必要最低限の食料を確保できていない。

・干ばつが続き、財政が欠乏し国も援助ができない状態にある。

・これまで、12年に1,2回だった干ばつが2,3年おきに発生するようになったが、地球温暖化と気候変動が原因ではないか。

 

この記事を見て、とても驚きました。フランキンセンスのエッセンシャルオイルはソマリアから来ており、国名自体は比較的なじみはありましたがここまでの状況に陥っているとは恥ずかしながら知りませんでした。

 

数か月前(もしくは1年程度前)に、ソマリア沖のインド洋に海賊が出没し、貨物船やタンカーを襲撃しているとのニュースがありましたが、国がこのような状況であれば略奪行為に及ぶのは自明かもしれません。

 

そして、ソマリアについてインターネットで検索をすると,

 

長く続いた内戦

干ばつ、飢饉

 

に関するニュースがほとんどでした。

 

ユニセフやSave the childrenのインターネットサイトでは、募金や寄付を受け付けていますが、私たちに今できることは世界を知ることだと思います。ソマリアで起こっていること、ベネズエラで起こっていること、世界で起こっていること。今回のニュースを見て、より主体的、意欲的に世界のことを知り、本当に微力ながらも自分たちができること頑張り、人生に活かすべきことを学ぶことが大切だと改めて感じました。

 

 

ところで、ソマリアの人々を苦しめる原因に記事では気候変動と地球温暖化を挙げていました。

 

詳しいことは分かりませんが、最近の日本の異常気象や北極の氷河消滅などは気候変動の可能性が高いのではと私も思います。しかし、現代社会が化石燃料の使用を前提で成り立っており温出効果ガスの排出を止めることはできません。こうして、ブログを書くのにも電気を使用していますし、荷物を送ればガソリンを使います。食べ物の輸送もトラックや船になります。

 

自分たちが快適に暮らすことで、まったく関係のない人たちにしわ寄せが行くのは理不尽なことです。現在は援助という対処療法しか私たちにできることはありませんが、長い時間がかかってでも根本的に問題が解決する日を迎えねばなりません。ひとりひとりの力は小さくても、集まれば大きな力になります。まずは、無理のない範囲で出来るところから、ライフスタイルを見直してみませんか?

 

いよいよ6月ですね

実質今日から6月、衣替えです。

早いもので、2019年(平成31年-令和元年)も折り返しの月となりました。

皆さんが年初に立てた目標、覚えていますか??

 

メドウズの今年の目標は「身近な新商品を出す」というもので、

今はシナジーブレンドを使ったルームスプレーの発売を目指しております。

 

今までルームスプレーはありそうだったのですが、実はなかったんです。

ご自宅でもエタノールと水があれば簡単に作れるので

商品として出すほどではないと思っていたのですが、

お客様からのリクエストがあり、イギリスで最適なブレンドを考えています。

 

これまでもイギリス人のデザインへのこだわり、美意識の高さには感心させられていましたが、

今回もラベルに並々ならぬ熱意を傾けています。

 

 

 

まだ、正式には決定しておりませんがこのような、

植物の画像があふれる華やかなラベルになる予定です。

今から商品の発売が本当に楽しみです!

 

今日は知り合いのお花屋さんでアレンジメントを作ってくれました。

お渡しする人のことを思い浮かべていると(この瞬間が好きなのですが)、

ダリアの鮮やかな紫が飛び込んできました。

 

オレンジや黄色など盛夏を思わせる色合いの中に、

瑞々しさを感じさせるダリアの色合い。やはり6月だなと思いました。

これからシトシトと憂鬱な季節がやってきますが、

だからこそ生き生きするお花たち。少し梅雨が待ち遠しくなりました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

10連休の余波がいまだに・・・

史上最大の10連休が明けて2週間が経過しました。ちょうど気温も上がり、体に重さを感じる方も多いと思いますがいかがでしょうか?

 

先日、インターネットのニュースに「10連休良かったですか?」との質問に対し、

 

良かった  44.2%

そうでない 39.9%

 

と評価が分かれているとありました。皆さんはいかがですか?

 

大人でも、10連休が終わり憂鬱な気持ちを抱えている方も多いと思いますが、それは子供も一緒で特に自分の意見をはっきりと口に出せない保育園児や幼稚園児、小学校低学年の子供に「精神が不安定である様子」が感じ取れるそうです。

 

連休中の長い間お母さん、お父さんと一緒にいて急に保育園に戻ることになり寂しさを抱えて泣き出してしまう子供の話を聞くたびに現場で働かれている保母さんや先生は苦労されていると思います。もちろん、子供も子供なりに頑張ろうとしていると思いますが、大人から押し付けられた10連休に翻弄される姿は見ていて本当に痛々しくあります。

 

アロマテラピーは、そのような精神の不調を整える(メンタルサポート)働きがあるため、どうしてもこのようなニュースに目が留まりがちで、特にその対象が子供となるとなおさらです。早く皆さんに穏やかな日常が戻ってくれればいいなと願って止みません。

 

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス