アロマとヘッドマッサージを通じて人と人の和をつなげたい    ~L.C.I.C.I JAPAN~

こんにちは。MIKIです。

私がこの仕事を通じての10年来の知り合いに
セラピストの宮崎さんがいらっしゃいます。
いつもとってもパワフルな女性ですが、
私の娘と同じ年のお子さんがいらっしゃる事から
共通の話題も多く、
いろいろと相談にのっていただいています。


今日は、その宮崎さんが運営している
L.C.I.C.I JAPANについてご紹介したいと思います。


英国IFA(国際アロマセラピスト連盟)
認定アロマセラピストの宮崎さんは、
2002年当時、
トリートメントルームにいらっしゃる
クライアントさんや病院に入院中の患者さんに
セラピーを多く行っていましたが、


ストレスや身体の不調を訴える方たちの中に
服を脱いでセラピーを受けることが出来ない方が
非常に多いことに気づきました。
エステサロンと違って、
病院では着ているものを脱いで、
全身のマッサージを受けることもできない環境もあるようです。


身体がつらい患者さんのために、
ベッドの上でもケアできるマッサージ法を学びたいと
感じ始めたきっかけです。


又、都内の病院で
宮崎さんが患者さんのセラピーを行っていた時、
付き添いの方に、
「顔も麻痺して動きにくくなってしまったので、
首から上もマッサージして欲しい」と言われ
ヘッドマッサージの正しい技術を身に付けたいと
思っていた事も作用しました。


そういった方々へ、ヘッドマッサージを通じて
もっと何か出来ることがないかと考えた宮崎さんですが
まだ当時は日本にきちんとヘッドマッサージを
学べるところがありませんでした。



しかし、補完代替医療の本場英国では
「インディアンヘッドマッサージ」はとてもポピュラーでした。


多くのインディアンヘッドマッサージのスクールがありましたが、
その中でも、インディアンヘッドマッサージの創始者である
ナレンドラ・メータ氏が設立した“L.C.I.C.I”
(ロンドンセンターオブインディアンヘッドマッサージインターナショナル)
は一番の老舗の学校として知られていました。
“L.C.I.C.I”は、ロンドンを中心として、ヨーロッパ・アメリカ・
カナダ・オーストラリア・南アフリカ・スウェーデン・ギリシア・
香港、ロシア、トルコと世界各国に及んでいます。


イギリスに渡った宮崎さんは、
L.C.I.C.I本部でナレンドラ・メータ氏に直接学び、
“Best Student”の称号を与えられました。



ナレンドラ・メータ氏と宮崎先生


帰国後、日本でナレンドラ・メータ氏から直接学びたいという
周囲のセラピストの強い要望を受け、
2003年にL.C.I.C.I本部のナレンドラ・メータ氏のもと
宮崎さんは、日本にL.C.I.C.I JAPANを発足させました。


日差しが降り注ぐL.C.I.C.I 日本支部

ナレンドラ・メータ氏は、インディアンヘッドマッサージを欧米に
普及させましたが、ヨーロッパでは“マッサージ”が医療用語で
ヘッドマッサージという言葉が使えない為、
ヒンドゥー語でヘッドという意味の「チャンピ」
(シャンプーの語源となった言葉)と
マッサージという意味の「サージ」からとった
“チャンピサージ”という造語をつくり普及させました。



ナレンドラ氏の著書は世界各地で出版されています。


インディアンヘッドマッサージ=チャンピサージは
頭皮の揉みほぐし。


頭の血行が悪くなると酸素が行き渡らずストレスが溜まります。
頭皮には、たくさんのツボがあるので
ヘッドマッサージで血流を良くしてあげることで
頭も冴え、ストレスも軽減します。


身体の疲れを感じるところは、脳です。
その脳の疲れを取るのも、ヘッドマッサージ。
脳の疲れを取ることで、脳がリラックスして
全身に良い効果を与えるそうです。


眼精疲労・頭や首、肩のコリ・頭痛・更年期障害・不眠症
そして美容の面でもリフトアップや肌のくすみにも効果が
あります。



施術中の宮崎先生


ヘッドマッサージは、
オイルを使用しなくても行えますが、
キャリアオイルや精油を使うこともでき
好きな香りの精油を取り入れることで、よりリラックス効果
が高められます。
アロマセラピストの宮崎さんは、アロマとチャンピサージを
施術に上手に癒合させています。


まさにシナジー効果ですね。


宮崎さんおすすめのキャリアオイルは、
ホホバ、スイートアーモンド、オリーブオイル、ゴマ油(白)でした。


11年を経たL.C.I.C.I JAPANは、
1000名を越える卒業生を輩出するまでに成長しました。
全員宮崎さんの教え子です。


卒業生は、サロンや医療機関・福祉理美容業界など様々な分野で
活躍なさっています。



各地でのイベントにも数多く参加しています。
昨年来日したダーリン・ペインもチャンピサージを体験しました。


「日本もインドのように、町に一人、チャンピサージができる人がいて、
気軽にチャンピサージが受けられるようになるのが夢」
とおっしゃる宮崎さんです。


最後に・・・


「触れるというのは、動物にはとても大切なこと」
と宮崎さんは語ります。

いつも外に出ている頭に触れるのは簡単。
頭をなでてあげるだけで、安心を与えることができるのです。
先日のブログで私がお知らせしたように
子どもを始めとした家族や、職場の仲間と頭をなで合うことで、
その場がなごみリラックスした気持ちになれるそうです。


みなさんもヘッドマッサージを試してみてくださいね。

L.C.I.C.I JAPAN HP →  http://lcici.com/


 


 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL