イギリスのクリスマスに欠かせないもの

イギリスからこの時期にふさわしい、ポマンダーが届きました。


メドウズからヨーロッパのクリスマス


ポマンダー(Pomme d’ambre)はフランス語で「琥珀色のリンゴ」という意味で、中世ヨーロッパでは魔除けや病気予防のお守りでした。クローブやシナモンなどのスパイスには抗菌作用があり、この香りを常に身につけることで疫病から気を守ったと言われています。現在では、クリスマスから新年の飾りとして一般的に広く愛されています。 

このポマンダーは、メドウズのスタッフが手づくりをしたものでオレンジスパイスの香りが使用されています。スパイスは体を温めてくれる効果もあるので、オレンジとスパイスは寒さが厳しいヨーロッパには欠かせない香りの一つです。 

メドウズのポマンダーはロンドンの中心部にある1875年創業の百貨店リバティーのクリスマスコーナーでも販売されております。