お客様紹介 テンドルマン様 (東京都昭島市)

こんにちは。メドウズジャパンの鈴木です。
月日が経つのは本当に早くいよいよ、1月も最終営業日となりました。この間までお正月の準備をしていたのがウソのようです。

ところで、メドウズでは2月下旬公開を目指し、オフィシャルサイト(meadowsjp.com)のリニューアルを予定しています。
今までは私がホームページビルダーで作成していたため「素人感」満載でしたが、今回は初めてプロの方に作成をお願いしました。イギリスやメドウズの写真をふんだんに使用したホームページの第一弾(イメージ)が出来上がってきたのですが、さすがプロ!素人とは全然違います。自分だと、いろいろ伝えたいとつい主観的になりすぎていたのですが、客観的かつ冷静にメドウズを見ていただいたおかげで、前のめりになりすぎない適度な距離感も生まれました。1か月後の公開を楽しみにお待ちください!

そのホームページではお客様の声も盛り込んで行く予定で、まずは第一弾。先日東京都昭島市のテンドルマン様に取材に行ってきました。


オーナーの安藤 章弘さん

この日は前日の雪が残るとても寒い日でした。
テンドルマンさんは数年前にお店をリニューアルされ、現在はメドウズを中心としたアロマテラピー用品の販売、ハーブティー、ハーブサプリメント等を主力で販売されています。また、自社でスキンケア用品を企画開発、製造(外部委託)も行っており、アロマテラピーに関して間口が非常に広いことが特徴です。メドウズの商品は全種類のお取扱いいただいており、エッセンシャルオイルも全53種類の陳列販売、テスターがございます。


ハーブティーはすべてオリジナルブレンド。また安藤さんが海外のサプライヤーから直接輸入。
輸入されたハーブの鮮度管理、不純物除去などもすべて手作業で安藤さんが行っています。




とても優しい方です。

1993年に昭島の隣市、立川で開催された他社主催のアロマセミナーでハーブの世界に出会い、奥様とハーブについて研究を重ね熟考の末、今からちょうど20年前の96年にテンドルマンさんを開店されたと言います。アロマ業界も右肩上がりで成長を続けており、メーカーもお客様も新たな香りやハーブとの出会いに心を躍らせていた時期と重なります。

安藤さんは好奇心旺盛の方で、多彩な顔をお持ちです。



・臨床栄養士(アメリカでの資格)
・NPO法人国際ボンディング協会の設立メンバー
・天気・飛行機好き

ご実家がお米屋さんであることから、食べ物への興味・関心が強い安藤さんは昨今世間で大きく騒がれている食の安全を大変心配されており、口に入るものに対する関心を高めようとご自身のブログでわかりやすく説明や解説をされています。また、天気図を見るのが大好きで気温、風などからご自分の中で予報を組み立てているそうです。横田基地が近いことから、飛行機も大好きとのこと。きっと空が好きなんでしょうね!

その中でも、国際ボンディング協会での安藤さんの活躍は目覚ましいものがあります。
「親と子の絆つくり」を推進している国際ボンディング協会は、ベビーマッサージを通じて親と子の絆をつくり、情緒豊かな子供を育むこと、また精神的豊かさに満ちた子供による社会づくりを応援している団体です。安藤さんはこの協会で使用するマッサージ用のオイルにメドウズのキャリアオイルを積極的に広めてくださいました。肌が弱い赤ちゃんでも安心して使用できる安全性と、お母様の指への負担を軽くする滑らかな指通り。このボンディング協会で得たメドウズキャリアオイルの評価はそのまま「キャリアオイルのメドウズ」として世間で認められていくことになります。

IFA認定のアロマセラピストである奥様と二人三脚でテンドルマンを築いて20年。そもそもテンドルマンとはフランス語で、「優しい」という意味。心・からだ・自然に優しい商品を提供していくのがこれからも変わらずお客様へ提供していくことが務めと安藤さんは語ります。

私と安藤さんとのお付き合いはまだ6年ほどですが、年数では言い表せないほど安藤さんはメドウズにとって大切なお客様であり、サポーターでもあります。時には厳しいお叱りもいただきますが、それは安藤さんがメドウズを愛していて下さるからこそ。ダーリン・ペインも「安藤さんは元気か?」と私に尋ねてきます。

都内や昭島近郊でメドウズにご興味のある方は、是非テンドルマンさんを訪れてみてください。
メドウズへの強い愛情を持った安藤さんが販売する商品は、あたかも生き物のようにお客様に何かを語ってくれると思います。



Tendrement (テンドルマン)
東京都昭島市朝日町3-6-1
042-545-0743
http://www.tendrement.jp/


JUGEMテーマ:アロマテラピー