1回約90円は高い?安い?

こんにちは。メドウズアロマテラピープロダクツの鈴木 壮哉です。 今日、ここ水戸の最高気温は27度が予想されています。前日に比べ10度も上昇するとのことで洋服選びだけでなく、この気温差で自律神経の乱れからくる頭痛や倦怠感、体調不良も気になります。皆様もお気をつけください。

 

駅前の花壇にあるマリーゴールドとネモフィラは元気です

 

ところで、この5月は気温差だけでなくストレスやその他理由により気分がすぐれない、やる気が出ないという方も多いのではないでしょうか。私も最近体のかゆみが止まらず皮膚科を受診したところ「アレルギーではなく精神的なものが原因ではないか」と言われました。メンタルケアに役立つアロマを販売している人間がまったくお恥ずかしい話です。

 

 

その自律神経の乱れを整える方法の中でも有力といわれているのが入浴(お風呂)です。38度から40度くらいのぬるめのお湯にゆったりと長時間つかり…というのは聞いたことがあると思いますが、「忙しいのにやってられない」「お湯をはるのが面倒」などというご意見も聞きます。そこで、お風呂が楽しくなるアイテムのバスソルトをご紹介したいと思います。

 

 

メドウズ デッドシーソルト 

リラックス

リフレッシュ

ローズ&ゼラニウム

 

このブログでは私が本音で物事を言うために、従業員の皆様は「余計なことを言うのでは」とハラハラしているようですが、今回も言います。最初はデッドシーソルトに全く興味がありませんでした。そもそもお風呂に興味がありません!

 

バスソルトの故郷イギリスとは違い、家族全員が追い炊きをしながら湯船を共有する日本の文化にバスソルトはなじみません。まして、当時のデッドシーソルトはガラス容器に入りとても重く、イギリスから運ぶと輸送費ばかりがかさみ、日本で作る外箱のコストと合わせて下手をしたら赤字になりかねない商品でした。せめて1回分が個包装で販売されて、むしろ市販の入浴剤のように「詰め合わせ」になっていたらギフトでも喜ばれるのになどと思っていました。自分の中でデッドシーソルトはまさに「お荷物」的存在だったのです。

 

懐かしいガラス容器入りデッドシーソルト(2010年まで発売)

 

 

ある日、スタッフとともに洗面器にお湯を入れ「手浴」をやってみました。お湯の中にさらりと溶けて、塩の効果かそのお湯に若干のまろやかさ、とろみが出たように感じました。手を浸し5分くらいして取り出すと、手がすべすべしているのです。ぷにゅぷにゅで今まで経験したことがない感触でした。

 

手浴に使う量はスプーン1杯分

 

 

何事かわからなかったのですが調べてみると、 塩をお風呂に加えることで、浸透圧効果により体内の水分を排出すると同時にミネラルを豊富に含んだ水を体内に取り入れるから という、わかったようなわからないようなことが書いてありました。しかし感覚として、「肌に良いこと」というのはわかりました。

 

今度はお風呂にバスソルトを加えていました。メドウズの事務所は急な階段を上がった3階にあり、商品の倉庫はさらにその上の4階です。エレベーターもなくイギリスから届いた商品を運び上げるのも大変で、その日はふくらはぎも腕もパンパンでへとへとに疲れていました。

 

デッドシーソルトリラックスを加えたら、まずラベンダーの柔らかい香りが浴槽に満たされました。決して出しゃばらず控えめで、本当に包まれる感じです。オレンジの甘みも加わり、その時は何も考えずただひたすら湯船にぼーっと浸かっていました。何分たったかわかりません。あたかも大仏かお地蔵さんのようにそのまま湯船の中に使っていたのです。 お風呂から上がりお肌のすべすべは手浴ほど感じませんでしたが、その日は本当によく眠れ、疲れた脚や腕も翌日は元気になっていたことに驚きました。

 

そこから、私のデッドシーソルトへの見方が変わりました。「重い、儲からない」商品をモデルチェンジし、ガラスビンからプラスチック容器に変更し重量を軽くしました。節約できた輸送費で内容量を20%増やし250g→300g(販売価格据え置き)にしました。小分けや詰め合わせも作りたかったのですが、原材料費や製造コストを合わせると原価が100円/1袋・回近くになってしまうのでまだ実現できていません。それよりは、少しでも安くいいものをお客様にお届けすることを優先しました。

 

専門誌だけでなく男女問わずファッション誌にもデッドシーソルトは掲載されています。写真はGainerに掲載されたときのもの。

 

今ではデッドシーソルトのリラックスを良く使用します。時差ボケがつらいイギリス出張の時は必ずホテルの浴槽にデッドシーソルトを加え入浴します。今までに何度かお風呂で寝てしまいお湯が冷めて目が覚めることがありました(危ない!)。疲れているときにデッドシーソルトを加えた入浴ほど気持ちいいものはありません。

 

お客様とお話をすると、「家族がいるからなかなか使用できない」「お風呂が傷むのが心配」「定価1800円で約20回使用できるということは1回当たり90円は高い」Docomo_kao20というお声もいただきます。皆様のご心配はよくわかります。私がデッドシーソルトを見たときに思ったこと一緒ですから。

 

例えば、最後のお風呂にバスソルトを加え入浴すれば家族には迷惑は掛かりませんし、お風呂が傷む心配もありません(実際バスソルトでお風呂が傷むことは通常の使用であればないと思います。)90円は高い、洗濯に残り湯が使えないのもわかりますが、コンビニのコーヒーも100円します。90円でその日の疲れがリセット出来て、気持ちよく就寝出来て次の日に疲れを残さない。それで家族や職場の皆さんに元気を分けられて、自分も前向きになれたらとても価値あるお得な90円きだと私は思います。毎日は使わなくても、辛い時や特別な時に使うバスソルトと考えると、とてもお得です。

 

私のデッドシーソルト感想文のようになってしまいましたが、まさにメドウズの商品そのもので文字や写真では伝わりにくい魅力が商品を触れた瞬間にダイレクトに感じられます。だからこそ、店舗などで実体験をしていただき雰囲気を感じ取っていただきたいのですが、本当に申し訳ありません。そのお試しいただける場所が少ないために、このような「感想」という形式で皆様に商品の魅力をお伝えできればと考えております。

 

 

イギリスでは大きなたらいにデッドシーソルトを加え、そこに精油を混ぜ込んで作っていきます。ひとつひとつご飯をよそるように手で計量し商品として作られていきます。

 

このデッドシー、ひと箱に36個ずつ梱包されて弊社に納品されるので、300g×36箱=10坩幣紊箸箸討盻鼎い里任垢、運び疲れたらまたデッドシーソルトのお風呂に入って元気になる。その繰り返しです!疲れたときのデッドシーソルト、今では自信を持っておすすめします!!

 

 

バスソルトやその他ローズ製品と共に母の日のギフトとしてもおすすめです。

 

メドウズ オフィシャルオンラインショップ

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス