何故? 精油やキャリアオイルにもオーガニックが求められる理由

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

こんにちは。

メドウズアロマテラピープロダクツの三木です。

久しぶりの投稿です。皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 

朝晩と日中の寒暖差が激しくなってきて、体調を崩されている方も多いようです。

秋は、アロマテラピー商品が動き始める季節です。

心身の不調に役立てていらっしゃる方も多いと思います。

 

今日は、アロマテラピーの根本のひとつでもある

精油やキャリアオイルのグレードについて書いてみたいと思います。

 

 

アロマテラピーが日本に登場した頃には、

オーガニックグレードの精油やキャリアオイルが少なかったと記憶しています。

当時は、よくお客様から

何故アロマテラピーにオーガニックが必要なのかを問われたものです。

 

精油やキャリアオイルは、身体の中に吸収されて心身の調子を整えてくれます。

芳香浴であっても、呼吸をすることで芳香成分が、

鼻や肺を通り全身に作用を及ばせます。

マッサージであれば、肌を通して身体の中からアプローチをかけます。

 

 

 

このように、身体の中から心身を癒してくれるアロマテラピーに、

たとえば農薬や化学肥料が使われた

精油やキャリアオイルを使用するのはどうでしょうか?

 

心身の健康維持を目指すアロマテラピーです。

健康な植物でケアしたいものですね。

 

健康な植物から生まれた精油やキャリアオイルは、

上質な香りと上質な成分を併せ持つ

ハイクオリティーな極上のアロマテラピー環境を与えてくれることでしょう。

 

 

又、農薬や化学肥料を使うことによって、

植物の安定的な生産が見込めますが、

場合によっては、土壌の汚染など自然環境への悪影響が予想されます。

 

自然の摂理のもとで行われるオーガニック栽培は、

自然環境にやさしい反面、

手間暇がかかる上収穫量も少ないので、

出来上がる精油やキャリアオイルは、一般的に高価なものになります。

しかし、安いものには安いなりの、高いものには高いなりの理由が存在しているのです!

 

 

 

最後に、ダーリン・ペインの口癖をお教えしましょう。

Ethical(エシカル・論理的に)栽培された植物を使わせてもらうことによって、

環境にも人にも優しいアロマテラピーが生まれる。

それが真のアロマテラピーなんだよ・・・

だから僕はオーガニックを第一に考えているのさ!

 

 

今日は中秋の名月

秋も深まり、本格的なアロマの季節がやってきます。

 

Ethicalに栽培されて健康な植物をつかった精油やキャリアオイルで、

ハイクオリティなアロマ空間を演出してみてください。

 

きっときっと、心も体も豊かにHappyになると信じています。

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL