お客様が喜ぶアロマテラピーとは何か、メーカーができること アポソ誕生の背景(その2)

(前のブログの続きになります その1はこちらです)

 

ダーリンと話し合った結果、私たちは以下のことを実践していくことになりました。

 

  • 企業の生命線である高品質な商品の安定供給
  • メドウズにしかない、オンリーワン商品の発売
  • 原点回帰

 

メドウズにお客様が期待をしていること、それはお客様が愛する商品、信頼を寄せる商品を変えることなく絶えず供給していくこと。原材料の枯渇や価格の上昇などで市場環境は厳しさを増していますが、まずは「商品の安定供給」これが大切です。そしてオンリーワン商品の販売として、私がメドウズを引き継いでから販売したローズウォーターやシアバームシリーズは多くのお客様にご愛顧いただいており、これまでのアロマテラピーとはあまり縁がなかった新しいお客様も獲得できました。特にローズウォーターは250mlオーガニックでありながら、2,200円という手ごろな価格によりケンコーコムでも販売1位、弊社を代表する商品に育ちました。お客様が喜んで下さる新商品を販売することもメーカーには必要です。そしてダーリン・ペインがお客様と業界の発展にできることであげたことは「自身の原点回帰」でした。

 

 

ダーリン・ペインの宝物、ジャスミン(コンクリート)缶

 

 

ダーリン・ペインがメドウズを設立したのは1991年。その時彼は「適切な価格でお客様の役に立つ商品をお届けすること」を大切にしました。当時の香料には混ぜ物や偽物が多く、彼はその状況に憤りを感じていました。だからこそメドウズは、高品質な商品を適切な価格でお届けすることを第一に掲げたのです。その後日本ではキャリアオイルを中心にメドウズは成長を遂げていくことになりますが、これは前輸入元の戦略でした。そして、オーガニック商品への興味関心が少しずつ高まる中、輸入元の声に応じるようメドウズでは、これまでの商品に代えて、オーガニックエッセンシャルオイルを2007年に発売します。

 

しかし、それまでメドウズをご愛用頂いていたお客様で「ここまでの品質を求めていない」方もいらっしゃいます。オーガニック化したことにより従来の商品と比べ価格が上がりました。メドウズを使い続けたかったのに、やむを得ず断念する方もいらっしゃいました。この混沌とした状況で2008年に私はメドウズを引き継ぐことになります。

 

私はこのオーガニックエッセンシャルオイルの香りと品質に自信を持っています。どのお客様にご使用いただいても恥ずかしくないと思っていますし、多くのお客様からお喜びの声もいただいています。しかし、これまでメドウズを愛してくださっていたお客様をばっさりと切り捨てる戦略は正しくなく、私が決断したことではないにせよ、これまでずっと申し訳なく感じてきました。だからこそ、私が発売する商品はどなたでも使いやすい商品であることを心がけています。

 

市場の変化に適応し業界、お客様そしてメドウズが成長するために何が必要か。ダーリン・ペインがアロマテラピーに携わり30年以上、私が日本法人の代表となって10年経過した今、もう一度当初の気持ちに立ち返り、「誰もが安心して使える高品質の商品(新しいブランド)を生み出そう」ということになりました。ダーリン・ペインも私も「原点回帰」です。メドウズの素晴らしさをそのまま残し、現在そして将来のお客様に引き続き魅力的な商品を提供していく。そして業界への責任を果たすため、ダーリン・ペインがメドウズを立ち上げたときと同じ志で新しい新しい挑戦を始めることになりました。

 

ちょうどその時彼は、フランスでハーブ畑と蒸留所を建設中でした。奇しくも彼自身原点に立ち返り、もう一度アロマテラピーと真剣に向かい合おうとしていた時でした。このように、私たちは新しいブランドの誕生に向けて共に歩みだしました。

 

(その3へ続く)