赤褐色のエッセンシャルオイルボトル

 

同じ画像の使いまわしで申し訳ございません。

APOTHO(アポソ)のエッセンシャルオイルには赤褐色のボトルが使用されています。

 

一般的にボトルには、茶色、青色、緑色が使用されていますが特に遮光率の関係から茶色が一般的です。メドウズでも長年茶色の遮光瓶を使用していますが、今回ダーリン・ペインは赤褐色を使用しました。しかもこのボトルは一般的に存在しないために、特注しました。では、なぜ赤褐色なのでしょうか。

 

 

 

 

彼が現在蒸留所とハーブ畑を建設しているフランス南部のコロンジュラルージュは(Collonges la rouge)日本語で訳すと赤い村。そうです、赤ワインをvin rougeというのと同じです。地元で産出される鉄分を多く含んだ赤土から作られるレンガを材料としてほとんどの建築物が建てられており、遠くから見るとまさに赤褐色。フランスでもっとも美しい村として知られており、初夏になると多くの観光客でにぎわいます。地元の人は、この美しい村に深い愛着と尊敬を持っており、今でもこの村の美しさを後世に伝えようと日々建物の保全に努めています。

 

新しく村人の一因になったダーリン・ペインも「何か村のためにできることは」と考えて思いついたことが、赤褐色のボトルを自身のAPOTHO商品に使用することでした。この美しい土地への敬意を赤褐色のボトルで表現したのです。

 

 

 

赤褐色のボトルを撮影していましたが、実際はきれいな赤褐色があまり表現できませんでした。是非とも皆様実物を手に取っていただきダーリン・ペインの思いに思いを馳せていただければ嬉しく思います。

 

彼は、相手や自分が今いる環境をとても深く愛する人です。そもそもメドウズは自分が生まれ育ち、そして故郷でもあるイギリスカンタベリーの原野(meadow メドウ)から名づけられました。メドウについて書かれた文献によると、

 

14世紀から15世紀、食料を効率よく確保するため人々は牛の飼育を始め森を切り拓いて牧草地に変えていきました。木々の下草が育つのを待っては刈り、落ちた種が芽吹いて育つのを待ってまた刈る。その繰り返しにより多様な野草が咲く豊かなメドウが徐々に形成されていきました。しかし、第二次世界大戦後、耕地への転用や化学肥料を使った生産性の高い牧草への切り替えなどで、イギリスのメドウの実に97パーセントが失われました。

 

 

幼少期の遊び場であったメドウが年月を経るにつれて少なくなり、イギリスのひとつの象徴が失われていく現状に危機感を感じたダーリン・ペインは大切な自分の商品にmeadows(メドウズ)と名付け、自然の大切さを訴えています。

 

このAPOTHOでもコロンジュラルージュの美しさ、人々が村を愛する気持ちを商品に込めました。彼は外から来たイギリス人ですが、それでも村人と馴染み、とても楽しく生活をしています。Bonjourの挨拶と共に。

 

 

APOTHOの商品を見るたびに彼がこれから完成するハーブ畑に一生懸命ローズマリーを植えているところ、コロンジュの村でアイスクリームを食べているところ、人々と談笑するところなどひとつひとつのシーンが蘇ってきます。今日は彼は何をしているんでしょうね・・・。