意外と薄い同業者間(横)のつながり

普段、お客様(お取引先様)とお話することは多いのですが同業者との接点は意外とありません。メドウズが以前提携をさせていただいてた彩生舎の西村社長とは今でも定期的にお会いしてお話をさせていただくのですが、その他はあまりありません。業界団体である日本アロマ環境協会には多くの法人会員様が名を連ねていますが、新春賀詞交歓会でもお会いしませんし、年に数回あるイベントもイベントが終わるとそそくさと撤収するために、お話をすることもありません。

 

メドウズとお付き合いがある何社かにも聞いてみたのですが、

 

「うちも横のつながりないんだよねー」

 

というお話が返ってきます。

 

アロマテラピーの業界も大きく変化をする中で、やはり従来のエッセンシャルオイルを中心とした商品展開だけでは生き残ることが難しくなっています。これからは自社の利益だけでなくメーカー同士が協力しアロマテラピーの普及、発展に取り組んで行くべきと私は考えており、弊社のある茨城県から地理的に近いメーカーと定期的に集まりを持つよう心がけています。

 

私がよくお話をする方は国産植物(ゆずやだいだい等の柑橘、スギ、ヒノキ、キリなどの木材)からエッセンシャルオイルを地元の人々と蒸留することを熱心に取り組んでいたり、セラピストの養成に力を入れている方などそれぞれの分野で特徴的な活動をしています。例えば、国産の精油をフランスやイギリスに紹介するなど自分では弱いところを他社に補ってもらいながら共に成長を目指すとともに、業界の発展にも寄与したいと考えています。

 

この前の顔合わせでは、お酒の力もあったのか笑いが止まらず、あっというまに時間が過ぎてしまいました。アロマの話半分、世間話半分、いやくだらないことがほとんど(笑)偶然、年齢や考え方が近い人達が集まったからかもしれませんが、このような楽しい雰囲気から次へのアイデアが意外と出てきたりします(という期待)。

 

小学生の時にスイミーという話が国語の教科書にありました。小さな魚が集まって大きな魚に勝つというお話でしたが、私たちも手を取り合いながら共に前に歩いていきたいと思っています。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー