どちらがいいの?? ヴァージンココナツオイル VS 分別蒸留ココナツオイル

メドウズアロマテラピープロダクツの三木です。

息をするのも苦しいほどの猛烈な暑さに辟易する毎日ですが、

お元気でお過ごしでしょうか?

今日はそんなギラつく太陽にぴったりなココナツオイルのお話です。

 

 

世界的トップモデルのミランダ・カーさんのお気に入りとして、一躍有名になったココナツオイル。

メドウズにも時折りココナツオイルのお問い合わせがやってきます。

 

しかし残念ながら、脚光を浴びたココナツオイルは、食用の未精製のヴァージンココナツオイル。

メドウズをはじめ、アロマテラピーのメーカーで流通しているものの多くは、

精製を施した化粧品グレードのココナツオイルで、

ヴァージンココナツオイルとは、テクスチャーも効能も違いがあります。

 

お客様からは、精製したココナツオイルと未精製のヴァージンココナツオイルの違いについて、

よくお問い合わせがあるので、ここで少しその違いについてお話したいと思います

 

〇精製と未精製ココナツオイルの違い

 

未精製ココナツオイルいわゆるヴァージンココナツオイルは、

ココヤシの果実を圧搾した後、ろ過をするだけという非加熱製法です。

熱を加えないヴァージンココナツオイルは、栄養成分が豊富で、

香りもココナツさながらのお菓子を連想させる甘い香りが特徴的です。

又、飽和脂肪酸の含有率が高く室温でも白く固まった固体で、

25度以上となった時に液体に変化します。

製造工程がシンプルな分、沈殿物など不純物が見られたり、

肌に使用するには使用前に温めて溶かさなければいけなかったり、

精油とブレンドするにはココナツの甘い匂いが邪魔をしてしまったりと

アロマテラピーにはちょっとした使い勝手の悪さが目立ちます。

 

 

 

それに対して、精製のココナツオイルは、ココヤシの果実を圧搾した後、加水分解を施し、

蒸気蒸留で分別蒸留し出来上がります。

別名で分別蒸留(分留)ココナツオイルやフラクショネイテッドココナツオイルとも呼ばれます。

もちろん製造工程において、薬剤など化学製品の使用はしていません。

熱を加える為、熱に弱い成分は減少しますが、不純物が取り除かれるため、

色も透明で香りも無臭、低温下でも液体を保持するなど

アロマテラピーには使い勝手がよいテクスチャーとなります。

 

安定性については、ヴァージンココナツオイル・精製ココナツオイル共に優れています。

熱帯の植物なので熱にも強く、テクスチャーもさらっとして軽く、

肌への浸透も早いので、夏のスキンケアやヘアケアに役立ちます。

 

〇ココナツオイルの精製方法は要確認!

 

ひとつ注意したいのは、ココナツオイルの精製の方法です。

ご紹介した分留ココナツオイルのほかに、薬剤を使用して製造されるココナツオイルもあります。

アロマテラピーや肌に使用する精製ココナツオイルは、

購入する際に製造工程をチェックをして、

石油や薬剤を使用していない分別蒸留ココナツオイルを購入してくださいね。

 

 

〇ヴァージンココナツオイルと分別蒸留ココナツオイルどっちがいいの?

 

ヴァージンココナツオイルと分別蒸留オイルならばどちらがいいのでしょう?

 

その答えは、使うシーンによって異なります。

 

メディアで報道された

・抗コレステロール作用

・抗炎症作用

・認知症の予防

などの効果やココナツが持つ薬理作用を期待するのであれば

ヴァージンココナツオイルを選んでください。

残念ながら、分別蒸留ココナツオイルは精製の過程で

上記の作用を期待する成分がカットされています。

 

それでは、どのような場合に分別蒸留ココナツオイルが用いられるのでしょう?

それは、精油をプラスして髪の毛や肌に使用する時・・・

そうです!アロマテラピーです。

精製の過程でココナツ特有の甘い香りや分子量の大きな脂肪酸が取り除かれるため、

ブレンドする精油の香りがダイレクトに反映し又、

小さな分子量の脂肪酸が集まったオイルは、肌や髪に塗った際に毛穴でブロックされることなく、

速やかに肌に浸透していきます。

 

ここでメドウズがおススメするココナツオイルの使い方をご紹介しましょう。

 

〇メドウズがおススメするココナツオイルの使い方

 

肌や髪の毛と全身に利用できるココナツオイルですが、

特にお勧めするのがヘアケアです。

熱帯地方の人々は、

小さなころからココナツオイルを髪の毛に使っているため、抜け毛や白髪が少ないそうです。

メドウズでお勧めするココナツオイルを使ったヘアケアは、

ココナツオイルに精油をブレンドしたマイヘアオイルです。

 

 

〜例えば・・・〜

 

髪の毛の成長を促すには・・・

イランイラン・クラリセージなど

育毛には・・・

ネロリ・ローズマリーなど

ふけ対策には・・・

ティートリー・シダーウッドアトラスなど

頭皮ケアには

カモミールローマン・ジュニパー・サイプレス・ティートリーなど

 

〇艶艶ココナツヘアオイルの作り方!

 

作り方は、ココナツオイル50mlに対して

精油を10滴程度滴下してよく混ぜ合わせたら出来上がりです。

 

 

ヘアオイルは、濡れた髪に使うことが多いですが、

乾いた髪の毛先ケアにもおススメです。

又、頭皮マッサージにも役立ちますよ。

注意する点は、髪の毛に使用する際は、多くつけすぎないことです。

髪の長さに合わせて、2プッシュから4プッシュの間で調節します。

手のひらにオイルを取り両手に馴染ませてから、

毛先にオイルをやさしく揉みこみます。

そしてそのまま生え際に向かって馴染ませていきます。

 

髪もしなやかに蘇り、アロマの香りに包まれて気持ちもアップします。

髪の毛の紫外線予防にもなるので是非お試しください。

 

さあ!暑い夏は、熱帯育ちのココナツオイルをうまく使い分けて

ヘルスケアそしてスキンケア、ヘアケアに活用してみてくださいね。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー