なにもかも想像を超える規模の畑とエッセンシャルオイルの蒸留所(1)

■ クラリセージの収穫

 

 

突然目の前に現れたクラリセージ畑は車で走っても走っても続いています。

画質が悪くて申し訳ございません。クラリセージ畑の広さは感じていただけると思います。

 

---------------------------------------------

 

クラリセージの畑は主要な道路からそれて、車がやっと通れるような山道(草むら)を激しい揺れを伴いながら延々と進むとやっと見えてきました。とても普通の車では行けず、タイヤが太いピックアップトラックに乗り換えました。坂道は急で標高はおよそ700m前後です。車を止めて外へ降りましたが足場が不安定で立つことも間々なりません。

 

 

これは序の口、今後ますますひどくなります。

 

東京ドーム○○個分で表現したくなるほど広い畑

 

 

そもそも、オーガニック認証を取得するためにはいくつかの基準があります。近隣で農薬を使用している畑がないこと、遺伝子組み換え作物を栽培している畑などがないこと等厳しい基準を満たすためには、このように人間から隔離された自然に近い環境で作物を栽培する必要があるようです。

 

 

 

 

クラリセージの畑は広大で、この畑があちこちに広がっています。まだ生き生きとしているクラリセージの花を触ると油のようなものが手に付着しました。この畑は数日後に刈り取り作業を行うようです。

 

花に触るとすぐに油が付着します

平らに見えますが、踏ん張っていないとそのまま下がっていってしまうほど急な斜面です。

 

 

違う畑に移動をすると、大型の重機が爆音をとどろかせながら作業をしていました。人間の背丈ほどあるタイヤが大地を踏みしめ、乾燥させたクラリセージを刈り込んでいきます。クラリセージの抽出部位は「全草」。花と茎、葉を同時に刈り込み蒸留を行います。刈り取られたクラリセージはそのまま数km先にある蒸留所に運ばれます。

 

 

日本では見ないサイズの重機で、刈り取りと裁断を同時に行い後ろのコンテナに送り込みます。

 

 

収穫作業はひとりです。

 

 

このコンテナのまま蒸留所へ移動します。

 

 

■ 蒸留所に到着

 

蒸留所は山の中にありますが、太陽光パネルを備えていました。

 

 

蒸留所には2通りあり、この生産者のように専用の蒸留施設を持っている場合もあれば、小規模な生産者は他社に蒸留を「委託」します。「蒸留器」自体はシンプルな構造ですが、それに付随する設備(給水、加熱)は設置、メンテナンスにお金がかかりそうですのでひとつの生産者が全てを賄うことはとても大変なことだと思いました。そもそも、蒸留は昔からある方法なので今でも「水蒸気を窯に送り込んであとはちょろちょろ」等と考えていただけに、このような大規模設備を伴って蒸留をしていることにとても驚きました。

 

 

左が蒸留器、奥がボイラー

 

 

蒸留に使用する地下水を貯めておくタンク

 

 

蒸留所には2台のトラクターが蒸留作業を行っていました。植物を積載したコンテナに直接蒸気を送り込み「窯」を働きをする「直接蒸留」という方法でクラリセージやラベンダー、ラヴァンディンを蒸留するそうです。コンテナの中身を見せてもらいました。

 

 

 

 

 

コンテナの大きさが分かります。これは9トン用。

 

 

水蒸気が出てくる底部のパイプ。

 

 

穴が開いています。

 

 

ボイラーから延びるホース。

 

 

加圧しているためホースは頑丈です。

 

 

コンテナの底には4,5本のパイプが通っており、パイプには穴が開いています。このパイプから出た蒸気が植物から精油成分を取り出します。コンテナには9トンタイプと13トンタイプの2種類があり、それぞれ3トン前後(3,000リットル)の水から生まれた水蒸気を圧力をかけて一気にコンテナの中に送り込みます。一気にコンテナ内の温度をあげないと効率よく精油を抽出できないだけでなく、植物が傷んでしまい精油の質が下がってしまうからだそうです。

 

水蒸気を加える時間はおよそ30分、その後1時間放置しいよいよ精油の蒸留が始まります。

 

 

■ 蒸留までのまとめ

 

クラリセージを収穫したトラックは収穫後すぐに蒸留所へ移動。

蒸留所は近代的で大規模な装置を備える。

1度の蒸留で使用する植物の量は9トンもしくは13トン。

蒸留所ではすぐにホースを接続し、約3トンの水蒸気を圧力をかけながら一気に注入。

蒸留に使用する水は地下水。

30分間蒸気を注入し、60分放置。その後蒸留作業。

 

次回は精油の取り出しを動画と共に見ていきましょう!

 

 

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー