とても前向きで事業拡大に意欲的なイギリスのメドウズ(その2)

やはりロンドンは雲が多い天気でした。

 

観光シーズンでバッキンガム宮殿前は大混雑。

 

 

私がヨーロッパにいる間「アロマテラピーをする方なら誰でも1度は名前を聞いたことがある有名なメーカーが倒産」したことを知りました。ここ数年アロマテラピー業界は右肩下がり、多くの業者が倒産、廃業をしていますがついにここまで有名なメーカーがと絶句しました。

 

何十年も前にアロマテラピーはブームになり、多くの会社が業績を伸ばし出店や工場の新設、東京都中心地への本社移転をしたものの、ブームが去り今になって過剰設備が重荷となり資金繰りに窮する会社が多いようです。それはまさに「バブル景気」のよう。バブル崩壊後の日本経済のような有様が日本のアロマテラピー業界です。

 

その間に、新しいアロマテラピーの会社がどんどん生まれ、インターネットを中心に低価格で商品を販売し売り上げを伸ばしているようです。最近では、自社の従業員もしくは近い人がメルカリで自社商品を販売する業者まで存在し、もうなんでもありの状況になっています。

 

アーサーにこの現状を説明したところ、「これまでのメドウズのスタイルを大切にし、お客様のために自分を信じて努力を続けろ」とアドバイスをされました。メドウズを愛してくださるお客様の期待を裏切らない会社であり続けろとアーサーは言います。「そのために、アーサーもできる限りの努力と応援を日本に対して行う。歴史あるブランドとしてこれからも続けていくために、自分たちはこの機会に会社を新築し、事業の発展を目指す」と決意を表明していました。

 

 

 

 

ここ何回かのブログで、「メドウズを愛してくださるお客様のために」と書かせていただきました。オンラインショップやお電話を通じて、またお取引先様からお褒めの言葉を頂くこともあります。これは初心を忘れないよう、自分に対しての備忘録、そして私たちスタッフに対して戒めのように書かせていただいております。

 

フランス人、イギリス人と話して感じたこと。それは弱音を吐かない、そして自分が良いと信じた道をまい進する強い意志でした。彼らは常に前向きで、時には挑戦であってもそれを楽しむ余裕を持ち合わせています。もちろん、イギリスの事業面で前向きな話もプラスですが、このような事業環境でも前向きさを持ち続けることの大切さを教わったことが自分にとっては大きな収穫でした。

 

私たちは従業員が数名の小さな会社ですが、小さいからこそ常にお客様のそばにいられます。この利点を生かし、メドウズのファンをひとりでも育てていく活動を従業員が一丸となって続けていきますので、どうかこれからもよろしくお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー