地元の人たちとのつながりを大切にした商品販売 〜鹿児島県霧島市から〜

9月3日、4日と私は鹿児島県へ出張をしてきました。関東周辺のお客様をご訪問させていただくことはあっても、遠距離は初めて。今回は鹿児島県霧島市に住むお客様から「是非鹿児島にいらしてください」とお誘いを受け、お邪魔することになりました。

 

羽田から鹿児島はおよそ2時間でした。

 

 

あっというまに紀伊半島まで飛んできます。

 

 

今回で九州は2回目、鹿児島県は初めてで着陸前から胸が高まります。空港にお客様とご友人がお二人で迎えに来てくださいました。お昼時に到着をしたので、ご挨拶もそこそこにまずは名産「黒酢」を使った料理が楽しめる桷志田で昼食です。

 

 

昼食後は桜島に向かうのですが、道すがらにある道の駅「桜島」では雄大な桜島を目の前に温泉による足湯が楽しめます。

 

写真右から2番目がお客様の亀澤さん。

一番右がご友人ののり子さん。

 

足湯に入ろうとしたら、亀澤さんがおもむろにすでに足湯にいる人に話しかけ始めました。お知り合いかなと思ったのですが、会話を聞いているとどうやらまったく知らない人のようです。私は地元で知らない人に話しかける習慣がないのでとてもびっくりしました。話しかけられたお二人も自然と会話に参加し、「ミカン持ってるから食べない?」などちょっとした座談会が始まりました。

 

足湯を終え、車に戻り桜島へ向けて出発です。車内では鹿児島歴●●年の亀澤さんとのり子さんから鹿児島について教えてもらいました。

 

鹿児島の人は鹿児島が大好き。旅行から帰ってきて桜島を見るとものすごくホッとする。

桜島からの降灰はあたりまえだと思っているので、迷惑だとは思わない。

雄大な自然(桜島、錦江湾、開聞岳)が財産(霧島錦江湾国立公園は日本で最初の国立公園のひとつ)。

食べ物がおいしく県民性はのんびり。

 

その土地の気候風土を愛し、その土地で作られた食べ物を大切にする生き方は、どこかダーリン・ペインに通じるものがあるなと思いお話を伺っていました。

 

 

雄大な桜島。

 

 


 

イルカが見られる錦江湾。対岸は鹿児島市街。

 

 

桜島の中にビジターセンターがあり、亀澤さんのご友人でビジターセンターの館長をしてらっしゃる日高さんが桜島を案内してくれました。

 

 

 

過去の爆発によってどのように桜島が変化してきたか、火山と植生から詳しく興味深く日高さんは解説してくれました。桜島には私たち以外にも、台湾、香港、中国、アメリカなどからも多くの観光客の姿がありました。その後日高さんはわざわざ自分の車を持ち出して、周囲36キロある桜島のすべてを時間が許す限り案内してくださいました。日高さんは自分の車のナンバーを「3153(西郷さん)」とするほど地元を愛するかた。是非桜島に行かれた際にはビジターセンターで日高さんの話に耳を傾けてみてください。

 

 

 

大正3年の大噴火により、一帯には5mもの灰や軽石が堆積しました。

 

 

 

錦江湾に沈む夕日。

下の写真中央が薩摩富士と呼ばれる開聞岳。

 

 

右から2番目が日高さん。博識で穏やかな口調は聞く人の関心を高めます。

桜島フェリーで鹿児島市街までは約15分。この後黒豚のしゃぶしゃぶをいただきました。

 

 

次の日は霧島神宮でお参り。大吉が出ました!

 

次の日は霧島神宮を参拝しました。そこでも亀澤さんはお掃除をされている方や係の方に挨拶をされたり話しかけたりされています。霧島神宮の後には地元の百貨店をのぞいたのですが、デパートの職員の方や売り場の方ともお知り合いで多くの人と会話をされていました。そこで私は、この出張中気になっていたことを亀澤さんにこう聞いてみました。

 

「お知り合いの方が多いだけでなく、初めての方にも気軽に声をかけられるのですね。」

 

すると亀澤さんはこう言います。

 

「鹿児島の人たちは心が温かいこともあり、わりと初対面でもお話がはずみます。そしてどちらかといえばおせっかいなところがあります。これを面倒と思う人もいるかもしれませんが、まずは自分から話しかけ自分を知ってもらわないと小さな町で商品の販売を伸ばしていくことはできません。誰かに会う機会があったらこの人に何か自分のアロマが役立たないかなと考えます。」

 

今回私が鹿児島を訪れた理由は、人口10万人前後の街でどのようにして商品を販売されているかが知りたかったからです。亀澤さんは自分のサロンをお持ちですが、サロンにいらっしゃるお客様を対象にしただけでは無理なほどひと月に商品を販売されます。亀澤さんはお店でお客様を待つのではなく、地元の方たちと一緒にイベントを企画し、そのイベントで商品を販売したり、近隣の市町村を回り多くのところに顔を出されていました。亀澤さんと一緒にいると電話が頻繁に鳴るのですが、よろず相談のようにアロマ以外のちょっとした話や相談も多く、亀澤さんはひとりひとりに丁寧に応対されていました。その亀澤さんがおすすめする商品だから間違いないと、お客様は亀澤さんを信頼して商品を購入されているのです。それはいつも亀澤さんをそばで見ている友人ののり子さんや日高さんも納得されていました。

 

 

霧島市の西郷公園にある西郷隆盛像は亀澤さんのいとこさんとその仲間の協力で今の場所に設置されたそうです。

 

 

最近はインターネットで商品を購入される方も多いですが、それでも対面での販売がまだまだ主流です。対面販売だからできること、それは自分のファンを育てることです。商品はどこでも買えますが、その人はそこにしかいません。時代が変わっても、商売の基本は「人対人」だということを鹿児島で学ばせていただきました。

 

亀澤さん、のり子さん、日高さん。本当にお世話になりました。初めて訪れた鹿児島のファンになりました。また近いうちにお目にかかれることを楽しみにしております。

 

 

 

 

台風の影響で羽田へ戻る便が欠航となったため、夜はパーキンソン病の方を応援する小さな音楽会を訪れました。

カフェグッドタイムズさんの料理も地元の野菜やさつま揚げがふんだんでとてもおいしかったです。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス