女性のための万能精油 〜 ローズ 〜 1

この記事はメドウズ オフィシャルオンラインショップ メールマガジンvol50 (2019年6月6日発行)から一部転載したものです。

 

メドウズでメルマガを担当している三木です。            
もうすぐ梅雨入りとなるこの時期はなんとなくメランコリックな気分に陥ります。そんな時は華やかな花の香りで癒されたいものです。香りの女王といわれるローズの精油は、5月から6月のこの時期に蒸留されます。今回のメルマガは、そんなローズの精油のお話です。

 

rose_image_3_s.jpg

 


rosezyouryuuhounotigai.png  

 

ローズの精油は、薔薇の開花時期である5月から6月に花が収穫されすぐに抽出作業が行われます。薔薇の花摘みは、花が開ききってしまうと薔薇の香気成分が抜けてくるので、花が咲く寸前の早朝に始まります。

ローズ精油には、
水蒸気蒸留で抽出されるローズオットーと
有機溶剤を介して抽出されるローズアブソリュートがあります。  

 

・ローズオットー
香りの女王と呼ばれる薔薇の中でも最高級のダマスクローズを水蒸気蒸留することによって得られるローズオットーは、5000kgのバラの花びらから約1kgの精油しか採ることができない大変貴重で高価な精油です。

 

・ローズアブソリュート
ダマスクローズの他にケンティフォリアローズなどの薔薇の花を有機溶剤を使って精油を抽出するローズアブソリュート。効率よく抽出ができるので採油量が多く且つ熱を使用しないので自然に近い薔薇の香りが楽しむことができます。 どちらが良いとは一概に言えませんがどちらかというと溶剤の残留が懸念されるローズアブソリュートは、肌に直接使用するマッサージには不向きとされる為、アロマテラピーの世界ではローズオットーが一般的です。香りの再現性の高いローズアブソリュートは、香水の原料としてよく使用されます。                 

 

 rose_image_2_s.jpg       

 

ローズの芳香成分は、発見されただけで500以上とされます。
未知の成分もあるようですが主要なものは
・シトロネロール
・ゲラニオール
・リナロール
・フェニルエチルアルコールなど
とローズオットー、ローズアブソリュートともにほぼ同じ。 しかし、含有比率が大幅に異なります。

 

rosesantinotigai.png

 

ローズだけではありませんが、同じ学名の植物でも産地によってその芳香成分の含有量や比率が大きく異なり香りも変化します。ダマスクローズを例にとると    

 

・ブルガリア
世界中の調香師から逸品と称されるブルガリアのダマスクローズ。ブルガリア政府が国家基準を設けて、その厳しい基準をパスしたものだけがブルガリアンローズの称号を与えられます。その濃厚で豊かな香りの秘密は、まだ研究途中ともいわれる主要成分以外の微量成分の含有量の多さのようです。500以上にも及ぶ未開の香りの成分が複雑に絡み合い、類を見ないすばらしい芳香を醸し出しているのかもしれませんね。  

 

・トルコ
ブルガリアとともにダマスクローズの2大産地のトルコ。国が基準を定めているブルガリアに対して、トルコでは民間での独自の管理になります。その特性故に、様々な特徴あるダマスクローズの香りが存在しますが、全体を通してみるとトルコのダマスクローズは、ちょっとオリエンタルな薔薇の香りが特徴です。

 

・イラン
乾燥や寒暖差に弱いダマスクローズですが、雨量が少なく寒暖差の激しい厳しい環境の中で力強く生きてきたイランのダマスクローズの香りは、ローズ特有の甘くフローラルな香りの中にスパイシーな香りが漂います。野生種が多い為、栽培量が少なくローズ精油の流通量も少なめです。イラン中部のカーシャンは蒸留技術が生まれた土地とされています。

 

rose_image_1_s.jpg

 

次回はローズのスキンケアについてお伝えします。