さいきんのアロマ、雑感、あれこれ

ディズニーランドに行って歩き疲れ、脚が棒のようになった時、

 

「ラベンダーの精油を入れて、ふくらはぎをマッサージしたら本当に軽くなったよ。太ももはマッサージしなかったら、上と下でものすごい違和感!」

 

 

なんとなく、だるい。睡眠の質が悪い時、

 

「デッドシーソルトのリフレッシュを加えて入浴したら、汗がすごくて体に溜まっていた悪いものが汗と共に出て言った感じがしたよ。体だけでなくて気分も軽くなった!」

 

 

強い紫外線で髪の毛のパサつきや痛みが気になった時、

 

「ドライヤー後にホホバオイルを1滴髪の毛になじませたの。そしたら、髪の毛がサラサラ。たった1滴でこんなになるなんて、すごい!」

 

 

年齢と共に、肌荒れに悩んでいる方が、

 

「ローズウォーターとアルガンオイルをスキンケアに使ってみたの。化粧水だけではかえって乾燥しちゃうけど、アルガンを馴染ませたらどんどん浸透していき、その後もお肌が突っ張らない。1トーン肌が明るくなった感じがする。」

 

 

この太字の感想は最近私がお客様からお伺いしたことです。

 

 

この10年間で、日本のアロマテラピーは大きく変化しました。

エッセンシャルオイルはどこでも手に入るようになり、人々が「アロマ」という言葉を聞く機会は増えましたが、残念ながらアロマテラピーを楽しむ人は減っていると思います。「難しい」、「使いきれない」、「高い」、「もったいない」等否定的な言葉を多く聞きます。

 

 

これに対し、私たちメーカーサイドもできる範囲でお客様のご意見、ご要望に応えるべく努力を重ねてきました。しかし、この業界特有の問題として、

 

・精油が持つ成分に着目した「メディカル分野」に傾倒

・メーカー間での品質のバラつき

・個人間で異なる考えによる誰もが納得できる統一的見解の少なさ

・個々のメーカーの経営規模が小さい

 

 

などにより、「みんなが納得できる分かりやすいアロマテラピー」は存在しないのではないでしょうか。このことが、最近のアロマテラピー業界の衰退につながっていると私は考えています。

 

 

メドウズではこれまでアロマテラピーの働きを「植物の恵みで毎日をより明るく楽しく」としてまいりましたが、具体的には上にあげた事例のような「日常生活で毎日手軽に使える」ことが大切だと考えています。

 

 

脚がつらいならシップでいいじゃない?

メドウズのデッドシーソルトは1,800円だけどドラッグストアーの入浴剤は500円だよ?

もっと香りが長持ちするコンディショナーあるよ?

オールインワン乳液の方が手軽だな

 

 

という方もいらっしゃいますが、それはそれでいいと思います。価格でいえば、工場で大量に作る商品に対して、植物を原料として少量を手作業でイギリスで作りしかも飛行機で運んでくる商品が叶うわけがありません。

 

 

メドウズでは、アロマテラピーが必要とされる場面は、「日常で起こる少しのトラブルパーソナルケア」と考えています。

 

 

はこの香りをかぐと落ち着く」

はこのバスソルトがあると眠れる」

「この化粧水はに合う」

 

 

「薬とは違った日々の不調を自分のペースで整えるもの」がアロマテラピーだと思います。その中で高品質でありながら他社とは違うオリジナリティーあふれる商品をお届けすることが私たちの責任です。

 

 

しかし、日本では治療・治癒を標榜される表現や販売方法は法律で禁止されているため、あくまでも「個人の感想」という条件付きでの販売となってしまうためこれがまたアロマテラピーをややこしくしている原因でもあります。

 

そこで、今までもそうでしたがこれからのメドウズは価格も面も含めて、「より手軽に植物の恵みと共に明るく楽しい毎日」を皆様にお届けしていきたいと考えています。

 

お客様からのご意見を伺いながら漠然とこのようなことを思い直し、ブログにしてみました。

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

JUGEMテーマ:アロマテラピー