生き生きとしたシアバームの素敵な画像

11月から新たに販売されるジンジャーのエッセンシャルオイル等を盛り込んだ新しいメドウズのカタログが完成し、早速お取引先やオンラインショップでお買上げのお客様からお届けをしております。特に注目いただきたいのが、シアバームのイメージ画像で写真家の方にお願いをし、特別に撮影していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シアバームの特徴である、豊かな植物の香り、使用することで明るく踊りだすココロ等が表現できており、私は大変気に入っております。今回、解像度の大きい画像を公開いたしますので、お店のPOP作りなどにお役立ていただけたら幸いです。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス

 

デッドシーソルトの包装形態が変更になります

弊社で販売をしている「デッドシーソルト」の包装形態が、10月中旬出荷分よりこれまでの化粧箱入りからシュリンク掛けに変更になりました。

 

 

私のiPhoneでの撮影のため、簡易的な画像で失礼します。

 

 

直射日光などから商品を守る目的でこれまで化粧箱に入れて商品を販売してまいりました。しかし、お客様から

 

・化粧箱に入れるとリラックス、リフレッシュ等見分けがつきにくい。

・化粧箱がない方が見た目からバスソルトと分かりやすいので、店頭で注目度が上がる。

 

というご意見をいただいておりました。しかし一方で、

 

・食品と一緒に配送する際、香りが移らないかが心配

 

というお話もあったので、弊社ではこれまで化粧箱に入れて商品を販売してきました。

 

しかし、正直に申し上げて今回弊社で化粧箱からシュリンク包装に切り替えた大きな理由はコストです。

 

ニュースなどで報道されているように、輸送費や人件費などが上昇しています。しかし、これは日本国内だけではなく世界的に問題となっています。

 

海外のレストランで食事をすると、大都市ではなく地方都市でも日本の1.5倍から2倍程度の料金が取られることも珍しくなくなりました。これは、主に人件費や物件費の上昇が理由だそうで、先進国の中で一番物価が低い国は日本とも言われています(そのため近年外国人観光客が増えています)。

 

イギリスでは上記の理由に加えて、通貨ポンドがEU離脱問題により低迷しており、海外から物を購入する際により多くのお金が必要になったそうです。そのため、デッドシーソルトの原料となる塩の価格も、例えば今まで100円だったものが、110円、120円と高騰しています。

 

原料価格の高騰、人件費の高騰がダブルパンチとなって価格の高騰につながっており、エッセンシャルオイルの場合にはさらに生産量の減少がこの値上がりに拍車をかけています。ここ最近、日本で大きなメーカーが倒産をしましたが、この価格高騰が原因のひとつになったことは間違いないと思います。

 

価格が上がることは仕方がないことであり、製造に関わる全ての人もしくはより弱い立場に置かれている人の環境改善に少しでも繋がってほしいと願っています(本当にそうなっているかは疑わしいですが・・・)。しかし、日本での小売価格にそのまま価格上昇分を転嫁することは私はできるだけ避けたいと思っています。

 

何度かお話をさせていただきましたが、このデッドシーソルトは、10年以上価格を1度も変えていません。ローズウォーターも価格を変えていません。もちろん、原価は大きく上がっていますが、価格変更のお願いは最後の手段であり、これまでのところ自社の努力で凌げています。輸送方法の工夫、銀行ではなく送金手数料が低い業者を使った支払い、インターネットを活用した省力化など他の企業ではなかなかしないことも小さな会社だからこそフレキシブルにこれまで対応してきました。

 

原価の上昇に伴って品質が下がることはあってはいけないことであり、この結果悲惨な結果を招いてしまった事例は歴史上枚挙にいとまがありません。品質を守り、お客様にご迷惑がないところで実現できるコスト削減を進めることで、よりよい品物を魅力的な価格でご提供することが企業として大事と考えています。今回のデッドシーソルトの包装形態変更に関して、香り移りについても、実験により問題ないこと確認されましたので、シュリンクの実現に向けて動き出すことが出来ました。

 

外から見えるカラフルなラベルがかわいく、目を引くメドウズのデッドシーソルトにこれまで以上のご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

ナチュラルインセンスの人気が急上昇

先日のブログで、商品から見る季節の変化というお話を書かせていただきましたが、今週はお取引先様からインセンスファンパックへのご注文が増えています。

 

メドウズインセンスファンパック(8種類各6本入り)

1,296円(インド製)

 

 

インセンスはご存じの通り「お香」で、15冂度のお香に火をつけて香りを楽しみます。燃焼時間は10分から15分程度なのですが、数時間程度お部屋に優しく香りが残ります。

 

マンションや小さなお子さまがいらっしゃる環境では、やはり火を使うことへの抵抗からディフューザーなどエッセンシャルオイルと芳香器を使用される方が多いのですが、インセンスが大好きというお客様も多く根強い人気があります。

 

インセンスを使用される理由を伺ってみると、「小さな火種から生まれる煙をぼんやり眺めていると心が落ち着く」「エッセンシャルオイルよりも短時間で広範囲に香りが拡散する」「炭の香りがもたらすオリエンタルな雰囲気が好き」など、「インセンス特有の非日常感とたゆらう煙がもたらす心の落ち着き」が人気のようです。

 

 

 

 

このインセンスファンパックには、8種類の香りが詰め合わせになっています。この中で私が特にお勧めする香りは「メディテイト」です。メディテーション(瞑想)に最適な香りはフランキンセンスやパチュリなど4種類の香りがブレンドされています。インドの寺院にいるような気分にさせてくれる高貴な香りは、一日の疲れを癒し、心を穏やかに、そして無をもたらすのに最適な香りです。そのため、読書のお伴にも最適な香りだと個人的には思います。

 

気温が下がり、夜が長くなるとインセンスを焚いてみたくなる、実は私もそうで、昨日メディテイトを1本焚いてみました。ひんやりとした空気がほんのりと暖かく感じました。これがインセンスの魅力ですね!