ココナツオイルのアウトレットを販売中です。

オンラインショップでは、現在ココナツオイル(50ml)を特別価格で販売をしております。

 

メドウズ ココナツオイル50ml

Cocos nucifera

 

定価 1,620円 

特別価格 1,134円

商品はこちらからご購入下さい。

 

 

プラナロム社のエッセンシャルオイルをお使いの方には「ファーナス油」の名前で親しまれているココナツオイルですが、ココヤシの実から抽出します。ココヤシは常温で固体なので、ココヤシから常温で液体の「カプリル酸とカプリン酸」を分離して抽出をするので、抽出方法を一般の圧搾ではなく「分溜」とも言います。

 

飽和脂肪酸という特性から空気中の酸素と結びついて酸化を起こさないため、とても安定しています。また、分子の大きさが非常に小さいため皮膚の深部にまで浸透します。無味無臭で精油の香りや特性に変化を与えないため、ボディトリートメントにおすすめです。浸透性が高くサラサラした液体なので、夏場でも使用後にほとんどべたつくことがありません。

 

※ココナツというと甘い香りを想像しますが、このオイルは食用ではないため透明でにおいはありません。

 

酸化しにくいココナツオイルでもメドウズは通常充填してから2年間の使用期限を設けております。今回、30%引きでご紹介をしている商品の使用期限は2019年3月になります。今回のご用意数は90になります。

 

いままで、スイートアーモンドオイルやホホバオイルでボディトリートメントをされていた方は一度ココナツオイルでもトリートメントをされてみてはいかがでしょうか。また、髪の毛のトリートメントにもおすすめです。

 

商品はこちらからご購入下さい。

赤褐色のエッセンシャルオイルボトル

 

同じ画像の使いまわしで申し訳ございません。

APOTHO(アポソ)のエッセンシャルオイルには赤褐色のボトルが使用されています。

 

一般的にボトルには、茶色、青色、緑色が使用されていますが特に遮光率の関係から茶色が一般的です。メドウズでも長年茶色の遮光瓶を使用していますが、今回ダーリン・ペインは赤褐色を使用しました。しかもこのボトルは一般的に存在しないために、特注しました。では、なぜ赤褐色なのでしょうか。

 

 

 

 

彼が現在蒸留所とハーブ畑を建設しているフランス南部のコロンジュラルージュは(Collonges la rouge)日本語で訳すと赤い村。そうです、赤ワインをvin rougeというのと同じです。地元で産出される鉄分を多く含んだ赤土から作られるレンガを材料としてほとんどの建築物が建てられており、遠くから見るとまさに赤褐色。フランスでもっとも美しい村として知られており、初夏になると多くの観光客でにぎわいます。地元の人は、この美しい村に深い愛着と尊敬を持っており、今でもこの村の美しさを後世に伝えようと日々建物の保全に努めています。

 

新しく村人の一因になったダーリン・ペインも「何か村のためにできることは」と考えて思いついたことが、赤褐色のボトルを自身のAPOTHO商品に使用することでした。この美しい土地への敬意を赤褐色のボトルで表現したのです。

 

 

 

赤褐色のボトルを撮影していましたが、実際はきれいな赤褐色があまり表現できませんでした。是非とも皆様実物を手に取っていただきダーリン・ペインの思いに思いを馳せていただければ嬉しく思います。

 

彼は、相手や自分が今いる環境をとても深く愛する人です。そもそもメドウズは自分が生まれ育ち、そして故郷でもあるイギリスカンタベリーの原野(meadow メドウ)から名づけられました。メドウについて書かれた文献によると、

 

14世紀から15世紀、食料を効率よく確保するため人々は牛の飼育を始め森を切り拓いて牧草地に変えていきました。木々の下草が育つのを待っては刈り、落ちた種が芽吹いて育つのを待ってまた刈る。その繰り返しにより多様な野草が咲く豊かなメドウが徐々に形成されていきました。しかし、第二次世界大戦後、耕地への転用や化学肥料を使った生産性の高い牧草への切り替えなどで、イギリスのメドウの実に97パーセントが失われました。

 

 

幼少期の遊び場であったメドウが年月を経るにつれて少なくなり、イギリスのひとつの象徴が失われていく現状に危機感を感じたダーリン・ペインは大切な自分の商品にmeadows(メドウズ)と名付け、自然の大切さを訴えています。

 

このAPOTHOでもコロンジュラルージュの美しさ、人々が村を愛する気持ちを商品に込めました。彼は外から来たイギリス人ですが、それでも村人と馴染み、とても楽しく生活をしています。Bonjourの挨拶と共に。

 

 

APOTHOの商品を見るたびに彼がこれから完成するハーブ畑に一生懸命ローズマリーを植えているところ、コロンジュの村でアイスクリームを食べているところ、人々と談笑するところなどひとつひとつのシーンが蘇ってきます。今日は彼は何をしているんでしょうね・・・。

 

 

 

業務用(25ml〜)エッセンシャルオイルお取扱い中

株式会社メドウズアロマテラピープロダクツの鈴木 壮哉です。

夏の到来を思わせるような天気で、先ほどお取引先から「八王子も暑いですけど水戸も暑いですか?」とお電話がありました。今日の新聞にも体が暑さになれていない今こそ熱中症に気をつけましょうと書いてありました。皆様もお気をつけください。

 

さて、ここ数日APOTHO(アポソ)エッセンシャルオイルのことを書いてまいりました。毎日のようにお客様から頂いたご意見やスタッフの考えを基にオンラインショップを修正しています。

 

http://www.meadows.jp/?mode=cate&cbid=2419285&csid=0

 

私の悪いところで、自分の想いや考えを長文でズラズラと書いてしまい、かえって分かりにくくしているところがあります。ゴールはないので、パーフェクトに少しでも近づけるよう毎日頑張りたいと思います。

 

ところで、メドウズでは通常取扱いの5ml、10ml(一部2ml)サイズのエッセンシャルオイル以外にも、25ml、50ml、100mlもしくは1リットルと業務用のエッセンシャルオイルもお取扱いしております。オーガニックだけではなくコンベンショナル、またダーリン・ペインのネットワークでフランスの業界最大手のエッセンシャルオイル問屋からもお取り寄せが可能です。

 

 

本日はお客様から「ローズオットー(ブルガリア産)100g」のご注文を頂きました。

ローズオットーはここ数年生産量が落ちているにもかかわらず、化粧品メーカーからの需要が多いため価格が上昇しており、それどころか強いコネクションがないと商品の入荷すらままならない状態が続いています。エッセンシャルオイルでも欠品のメーカーが多くあり、イラン、モロッコ、トルコ等その他の産地で代用されています。

 

このお客様は何年か前に、「どこにもローズがないのだが、メドウズでは手に入るか」とお問い合わせがありご注文から約2週間後で納品をさせていただきました。それ以来、弊社にローズオットーのご注文を定期的にいただいております。

 

最近では何社様からラベンダー(真正)、ティートリー、バジル等幅広くご注文を頂いており、現在入荷待ちです。また、アプリコットカーネルオイル25圓箸いΔ潅輅犬發△蝓▲┘奪札鵐轡礇襯イル、キャリアオイル問わず幅広く取り揃えております。

 

1圓両豺腓海里茲Δ淵┘奪札鵐轡礇襯イル缶で入荷します。

 

業務用の大容量エッセンシャルオイルを取り扱う業者は多くありますが、そのほとんどがオーストラリアからの輸入になり、イギリスやフランスから直接輸入をしているところはほとんどありません。しかし、メドウズは

 

・中間業者を廃し、安価で高品質なエッセンシャルオイルを納入可能

・幅広いネットワークで希少な精油も可能な限りお手配

・迅速な納品

・小ロットから対応可能(1本から)

 

で、着実にお取扱量を拡大してきました。国内でエコサート認証を取得した業者様に委託をすることで、オリジナルのオーガニックエッセンシャルオイル(OEM)を行うことも可能です。エッセンシャルオイルをお探しの方、OEMにご興味のある方は是非弊社までお問い合わせください。

 

なお、25mlから100mlの一部メドウズ商品につきましては、以下のサイトに価格などを掲載しています。

http://www.meadows.jp/?mode=cate&cbid=2407496&csid=0

 

-------------------------------------------------------------

■ お問い合わせ先

株式会社メドウズアロマテラピープロダクツ

担当 鈴木

029-297-6657

 

営業時間 10:00〜18:00(土日祝休業)

 

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー