もったいないから・・・とおっしゃらずに メドウズからのお願い

メドウズアロマテラピープロダクツの鈴木 壮哉です。お客様とお話をするとこのようにお話される方がおられます。

 

もったいないから特別なときにだけ使います。
高価なものなので少しずつ使います。

 

そうおっしゃって頂く気持ちは大変うれしいのですが、是非必要に応じて適正量をご使用下さいますようお願いいたします。

 

といいますのも、ほとんどのメドウズの商品には防腐剤や保存料は使用されていません。(一部バームにのみ天然ビタミンEを使用)そのため、開封直後から商品の劣化は始まり時間が経てば経つほど香りや品質の劣化は避けられません。例えばマスクメロンを高価だからと長期間置いておけば腐ってしまうように、精油やキャリアオイル、ローズウォーターも適正期間内でのご使用をお願いしております。

 

エッセンシャルオイル・・・開封後1年以内(柑橘系精油6ヶ月以内)
キャリアオイル・・・3ヶ月から1年程度(商品によって異なる)
ローズウォーター・・・開封後最大2ヶ月程度(なるべくなら1ヶ月程度)
バーム類・・・開封後最大2ヶ月程度(なるべくなら1ヶ月程度) 等

 

 

植物本来の香りを皆様にお届けしたいと願うメドウズ。そのためダーリン・ペインは鮮度も大切な品質のひとつと捉え、新鮮な商品の供給を心がけています。成分は長期間変化することは少なくても、香りは密閉状態でも少しずつ揮発するために長期にわたり良好な状態を保つことは出来ません。そのため、品質保持期限もあえて他社より短い2年から3年程度としています。弊社でも、ダーリン・ペインの意向に沿い1度に多くの商品を輸入するのではなく、毎月のように多頻度で輸入し、長期保管商品が生まれないように心がけています。何度も輸送をすればそれだけ手間とコストがかかりますが、これは、新鮮なメドウズの商品でアロマテラピーの効果をお客様に最大限感じて頂きたいという私たちの願いです。

 

メドウズで期限管理は厳格に行われています。

 

少しずつ使う方ほど、最後の頃は飽きてしまったり、無くしてしまう、存在を忘れて結果として無駄にしてしまうこともあるようです。適正な量をなるべく早めにご使用頂き、メドウズの商品を皆様の生活に役立てて頂ければこれほどうれしいことはありません。

 

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

JUGEMテーマ:イギリス

 

何のためにその仕事をするのですか?

株式会社メドウズアロマテラピープロダクツの鈴木 壮哉です。台風7号の接近でここ水戸でも約800戸停電し、私の自宅もそのうちのひとつでしたが幸いにして大きな被害はありませんでした。それでも朝4時に台風が気になり目を覚ますと、新聞配達の方がビニールに包んだ朝刊を届けに来たところでした。ありがとうございます。

 

ところで、先日のブログで弊社のお取引先の大多数は小売店ではなく医療機関やサロン様というお話をいたしました。世の中の動向としてアロマテラピーに関する何社かが事業停止や倒産など暗いニュースが目につきますが、弊社にとってより深刻なのは弊社の大切なお客様であるサロン様がご商売をやめてしまうことです。特にここ数年、いわゆる「廃業」をする方が増えています。

 

なぜ、サロン様がご商売をやめてしまうことが深刻か。それは、「アロマテラピーの魅力、正しい使い方をじっくりお客様に説明してくださる方がいなくなり、業界の衰退につながるから」です。小売店や単発の講座では知りえない、正しい使い方や問題点をじっくり説明し、本当のアロマテラピーファンを育てることもサロン様の大切な働きだと私は考えており、そのサロン様の活動を応援することがメドウズの務めだと考えています。もちろん、●●検定対応コースなどのより専門的な講座で知識を習得することができますが、一般の方には少し敷居が高いために、サロン様がお客様の身近な存在である必要があります。

 

先日、弊社が取引する金融機関(水戸信用金庫)からお誘いを受け以下のような講座に参加してみました。

 

あなたの会社の存続・成長を支えるものは何か?

 

この講座では以下のような話をしていました。


・何のためにその仕事・商売をするのか。
・あなたの会社・お店の強みと弱みは何か。
・あなたの会社・お店の本当の商品は何か。
・きちんとお客様を見ていますか。

 

こう書くと少し難しいお話かもしれませんが、私はこのお話を聞いていてなるほどと思うことがたくさんありました。また、ワークショップも設けられ、そこでは自社の強みを他者に披露するのですが、この強みはいわば儲けの源。さっそく自社にも取り入れられそうなことが何点か見つかりました。

 

・アロマテラピーが好きだからサロンを始めました。
・人に喜ばれるのが好きでこの仕事を始めました。
・自分の空いた時間にできることが魅力です。

 

お客様を訪問して、どうしてお店を始めたのですかとお伺いすると、このような答えが多く帰ってきます。しかし、リピーターにならない、売上の単価が上がらないというお話はよく聞きます。

 

そこで、今後数回に分けてこのブログで「どうしたら自分の会社・お店がお客様に喜ばれ、成長を続けることができるか」を私が参加した講座の内容を基に私なりの見解と共にご案内していきたいと思います。

 

 

講座中は和気あいあいとしていました。

 

 

実はこのブログの内容の目的は、皆様にひとつでもふたつでもご商売の参考になる部分がお届けで来たらという思いと、果たしてメドウズはどうなんだろう?と自分のことを振り返ることです。お客様と共に成長していくメドウズ。是非、一緒によりお客様に愛されるお店・会社へと成長を続けていきましょう!
 

JUGEMテーマ:イギリス

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

ご新規のお取引先の皆様(ご紹介)

メドウズアロマテラピープロダクツの鈴木 壮哉です。

 

株式会社彩生舎様に今年の6月末まで弊社の代理店として、国内のお取引先様対応業務をお願いしてまいりましたがこの7月からは弊社が直接行うこととなりました。そこで、今回は7月以降新たに弊社のお取引先になられた方をご紹介いたします。

 

1、アロマ塾 Heart Flora 様 (スクール・宮城県大崎市)

 

講師をされる諏訪様がメドウズの精油を使ってアロマテラピーを学ばれたことがご縁で、ご自身が運営されるスクールにもメドウズの精油を導入したいということでお取引のお申し込みをいただきました。日本アロマ環境協会資格認定教室として、検定1級・2級対策、アロマテラピーアドバイザー認定講習会をまもなく開講されます。

 

2、ネフェルティティ 様 (スクール、サロン・大阪府豊中市)

 

エジプト新王国時代、第18王朝のファラオであったアクエンアテンの正妃で絶世の美女だったといわれるネフェルティティからお店の名をとられたそうです。代表者の斉藤様は2003年から地元で長くアロマテラピーの教室、出張講習会などを開催し、多くの生徒様を輩出してきました。今までお付き合いのあったメーカーさんが事業を停止してしまい、それまで使用経験のあるメドウズを再度ご使用くださることになりました。

 

http://www.nefertity.net/index.htm

 

3、Harmony 様 (サロン・北海道札幌市)

 

質の高いエッセンシャルオイルを探してメドウズをお選びいただきました。サロンを主宰されている高田様はメドウズを選ぶ際、私のブログやオンラインショップもよくご覧いただき、記載内容に「●●ということではないでしょうか?」とアドバイスもくださいました。豊富な知識とお客様を思う強いこだわりがあるからこそ、10年という長い期間に渡りHarmony様がお客様に愛されているのだと思います。

 

http://salon-harmony.com/index.html

 

4、SKIN CARE SALON "VOEUX" 様 (サロン・静岡県静岡市)

http://esthe-voeux.jp/

 

5、KITONE 様 (サロン・宮崎県都城市)

http://www.synka.jp/kitone/

 

6、アロマテラピーサロン 花羅李 様 (サロン・北海道釧路市)

http://blog.livedoor.jp/aroma_karari/

 

7、アロマとリフレのサロン lucht 様 (サロン・埼玉県春日部市)

http://lucht1.wixsite.com/aroma/top

 

お取引のお申し込みがあると必ず私より一度お電話をさせていただいております。お仕事の合間でなかなか先方様がお話できないことも多いのですが、私は皆様とお話をするのが大好きです。お仕事をされていて楽しいこと、また課題。時には今後の夢や希望を離される方もいらっしゃいますし、アロマテラピー業界に対して思うことを吐露されることもあり、皆様の率直なご意見がうかがえるからです。それはサロン様とメーカーは同じ目線であり、少しでもエンドユーザー様(お店にご来店されるお客様)のお役に立ちたいと思う気持ちが強いからかもしれません。

 

私は、メドウズを通じて少しでもアロマテラピー業界がお客様の利益を守り、健全かつ前向きに発展していくことを希望しております。そのことが、この業界で働く多くのセラピスト様とアロマテラピーの文化を守ることに繋がると考えています。

 

お取引先の皆様と手を携えてメドウズは前進してまいります。こちらにご案内したお取引先、既存のメドウズのお取引先を末永くご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

 

【御取引先様向け】 メドウズお取扱窓口変更について

【御取引先の皆様へ】
2016年7月1日からすべてのメドウズ製品は私たちメドウズジャパンよりお届けいたします


平素は弊社ならびに弊社取扱メドウズ製品に格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 2013年7月1日から株式会社彩生舎が弊社の販売代理店として皆様にメドウズ全製品をお届けしてまいりましたが、本年7月1日からはすべてのお客様に弊社から直接製品をお届けすることになりました。 今から3年前の2013年6月、アロマテラピー専業メーカーとしての専門性強化、取引先拡大、在庫の安定等を目的に両社は事業提携を行いました。先日両社間で話し合いを行い、「当初の目的は達成し、今後はお互いが持つブランドの個性をさらに伸長していくことを確認」し、契約期間の3年をこの6月30日で満了することにしました。

そもそも私たちメドウズジャパンは2009年の輸入販売権取得から2013年の業務提携までの4年間は、自社でメドウズブランドの浸透に尽力してきました。社長以下6人という小さな会社ではありますが、輸入、国内出荷、お客様対応、カタログ・POP類作成など全ての業務をほとんど外注せず自社の従業員で対応してきました。


弊社山内が作成するカタログ・POP類

弊社の大切なお客様でもある日本全国の生協様に対して、製品の提案、チラシの作成・印刷も自社で行い大きな経験を得ることもできました。自社の従業員だからもてる製品への愛着、近くで感じるお客様の声が可能にしたと言っても過言ではありません。

これまで彩生舎を通じてメドウズ製品をご購入いただいている全てのお取引様に「7月1日以降のお取引のしおり」をお届けいたしました。お届けしましたカタログに使われている文章は私たちが繰り返し考え、毎年改定を繰り返しているカタログになります。また、御取引先の販売をサポートする施策も盛り込みました。御取引先様が安心してメドウズの販売に取り組める環境を作ることは私たちの責務でもあります。お気づきの点やご要望はお気軽に弊社までお寄せください。


御取引のしおり

今回のお取引窓口がこれまでの彩生舎からメドウズジャパンへ変更になることに伴いお客様にはご迷惑をおかけすることを心よりお詫び申し上げますが、自社商品だからできる質の高いサービスと製品の提供にご期待ください。社長以下全てのスタッフがお客様の対応をさせていただきます。

私たちメドウズがイギリス ケント州で産声を上げて今年で四半世紀。植物本来の香りを大切にしたメドウズの製品は地元イギリスだけでなく、日本、アメリカ、フランス、アジア諸国にも多くのファンがいらっしゃいます。この歴史あるブランドの名が刻まれた製品の品質をこれからも守り続けるだけでなく、より多くの方に深い満足と喜びをお届けする存在であり続けるために。これからもメドウズジャパンは一歩一歩前進を続けてまいります。これからも皆様のなお一層のご指導とご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

JUGEMテーマ:アロマテラピー