メドウズジャパン、東日本大震災復興支援について

まず、この度の東日本大震災で被害に遭われた皆様に改めて心よりお見舞い申しあげます。
茨城県水戸市にあるメドウズジャパンも大きな被害に見舞われましたが、幸い建物や従業員に大きな被害はなく、おかげさまで現在は通常通り業務を遂行できております。。

しかし、今なお被災地で苦しい思いをされている方にメドウズとして何か出来ることはないかを考えました。メドウズはアロマテラピーに重要なエッセンシャルオイルやキャリアオイルを販売する会社です。アロマテラピーの重要な役割のひとつに心のケアがあります。

そこで、私たちは不自由な思いをされている方のストレスを少しでも軽減させるべく、「Meadows発Nippon元気プロジェクト、アロマの力で日本を元気に!」を実施いたします。

弊社で保有しているキャリアオイルやエッセンシャルオイルを無料で提供し避難所等で活用して頂ければ幸いです。芳香浴だけではなく、足浴やマッサージなど幅広くご活用下さい。

詳細は以下のリンク先をご参照下さい。
http://www.meadowsjp.com/nippon.pdf


またメドウズでも、売上の一部を日本赤十字社を通じて募金いたします。
ひとりでも多くの方に笑顔が戻るよう私たちも精一杯頑張ります。



アロマの講義

 こんばんは。MIKIです。
今日は、銀座にあるアロマスクールにアロマセラピーの講義に行ってきました。
久しぶりの銀座は、いつもより人は少なめでしたが、活気が少しづつ戻ってきた
ようでちょっとホッとした気分です。

銀座 三越前

お気に入りのメドウズの木箱にエッセンシャルオイルを入れていざ出陣。
アロマセラピーの事や精油の選び方そしてメドウズについてを話しましたが
皆さん真剣に聞いてくださり、嬉しかったです。
久しぶりの講義に緊張するかな??と思いましたが、
講義の前に香りをかいだオレンジの精油のおかげか
アッという間の楽しいひとときでした。
皆さん ありがとう!!
また どこかで お会いできたら嬉しいです。

木箱とオレンジ精油




プロが愛する香り

イギリス、メドウズ社の代表ダーリン・ペインは調香師の父の元幼い頃から香りに囲まれて育ちました。ダーリンは調香師ではありませんが、香りの専門家としてロンドン近郊の著名な調香師が集まる団体でさらなる魅力的な香りの探求を現在でも行っています。

そのダーリンがもっとも愛する香り、それはフランキンセンスです。

ダーリンはこのフランキンセンスを自身のフレグランス、また就寝前に室内に芳香します。一日の疲れを癒し、さらにその日に感謝するのに欠かせないこの聖なる香りは、メドウズシナジーブレンドエッセンシャルオイルにもこっそりブレンドされています。


ところで日々震災の映像を見ているとやはり精神的にお疲れの方が多いです。それは当然のことですが、もともとアロマテラピーの働きのひとつに「傷ついた心を癒す」作用がございます。そこでダーリンが疲れた心を元気にしてくれるレシピを送ってくれました。

フランキンセンス(2滴)
レモングラス(1滴)

是非皆様お試しになってください。

メドウズジャパンでは、「アロマで日本を元気」と題し一人でも多くの方の傷ついた心が癒えるよう被災地にエッセンシャルオイルやキャリアオイルを送る活動を始めます。詳細は4月6日ホームページならびに本ブログに掲載いたします。是非皆様のご協力をお願いいたします。