キャリアオイルの使いこなし 7旅行用のマルチオイルとして

こんばんは。Takakoです。
キャリアオイルの使いこなしは短期集中でご紹介の予定が、だんだん長く、、、今日で一応、締めさせていただきます(笑)

1 マッサージ

初めての方でも取り入れやすい使い方をご紹介してきましたが、こんなに汎用性があるので、旅行や出張の時は大活躍します!
旅行や出張の時は、少しでも荷物を軽くしたいけど、いつもより疲れるからしっかりケアしたいですよね。そういうときにはキャリアオイルを持っていくことをお勧めします。

ただ、メドウズのキャリアオイルは基本的に50mlからと多いので、私はいつも詰め替えてます。


10〜20mlもあれば十分でしょうか。これにラベンダーなどベーシックなエッセンシャルオイルを加えてます。

クレンジングオイルとしてメイク落とし
化粧水後にフェイスオイル
髪のトリートメントとしてヘアオイル
歩き回って疲れた足のマッサージ
乾燥した手先のネイルオイル
寝る前にリラックスのために、デコルテに塗る

とマルチに使ってしまいます。

私はそんなにがっちり化粧もしないので、旅行用の化粧ポーチも小さくて、いつもの化粧品プラス化粧水、キャリアオイルと歯ブラシなどしか入れてません。おかげで荷物が軽いし小さいです!

これから旅行シーズンですね!荷物は軽く、でもケアはしっかりと、旅行を楽しんでくださいね!

切り花用のバラもすばらしかった

 こんばんは。Takakoです。
今日はとても暑かったですね〜。身体に熱がたまっているみたいで、今日は、メドウズシナジーブレンドのマッスルスーズをお風呂に入れてすっきりしようと思っています。

ところで、週末、またもやバラを見てきました。どれだけバラが好きなんだと突っ込まれそうですが、本当に好きです。今年は本当にバラづいているみたいで、たまたまちょっと田舎をドライブしていたら、バラ園と看板が出ていたので寄ってみました。

バラの切り花専門の農家があり、大きな温室がいくつもあり、中を見ると、いつものバラ園とは違う様子。。。
庭園でバラを咲かせる場合は、見に来た人が見やすいように低めでたくさん咲かせるようにしています。そして、花びらが落ちるぐらいまで咲かせてから花がらを摘みます。

一方、切り花の場合は、茎が長くないと出荷できないので、茎を長く育てて、つぼみがちょっとほころんだらどんどん収穫していきます。なので、温室を覗かせてもらいましたが、樹高が2m近く、ほとんどバラの色が見えず、葉っぱと蕾の緑しか見えません。

1本からでも販売してくれるというので、作業場に寄ったら大きな冷蔵庫!
大きなレストランの食品用冷蔵庫みたいだなあと思ったら、バラが入っていました。
バラは水揚げをきっちりしないとすぐにしおれてしまいます。収穫したらすぐに出荷できる訳ではなくて、冷蔵庫で温度を下げて1日以上水揚げをしないと、出荷できないそう。


好きなバラを選んだら、余分なとげと葉っぱをとり、包んでくれました。
とげと葉っぱを取るための専用の道具があってびっくり。でもとげは専門家でも悩まされるみたいで、収穫のときは、しっかり手先にテーピングをし、さらに手袋をしていました。

バラを長持ちさせるコツを聞いたら、
・花瓶は、一度塩素系漂白剤を使って殺菌する
・水は毎日取り替える
・水揚げが悪ければどんどん、茎を切る

だそうです。お庭で育てたバラを花瓶にさしても長持ちしないのは当たり前で、花首まで(花のすぐ下です)水につかるように水揚げをしないといけないそう。

エッセンシャルオイルと一緒で、切り花も、切り立て=ベストではないのだなと、勉強になりました。

まさにフィトセラピー

 こんにちは。MIKIです。
TAKAKOさんのリクエストにお答えして
我が家の緑のカーテンの途中経過です。




初夏の日差しを浴びてすくすくと育っております。
我が家では、もともと庭にあった蔦とゴーヤ・朝顔と
3種の緑のカーテンを生育中!


近くにあるホームセンターの植物コーナーは、連日満員御礼の大盛況。
特にゴーヤは売り切れ続出のようですね。
ちょっとメディアに誘導されているかな??
と頭をよぎりますが、町が緑に囲まれるのは良いことなので
そこは良しといたしましょうか。


3月の震災以降、植物のありがたさを痛感する場面が多々ありました。
先日のグリーンフラスコさんのグリーンゼミで、
主任リサーチャーの村上志緒さんがおっしゃっていましたが、
震災当日、自宅までの長い道のりを歩く中、
ほのかに漂ってくる梅の香りにホッとしたそうです。


あの悲惨な映像を連日目にして、自分の無力さを思い知った私も、
例年通り花を開かせる桜の花に元気をもらいました。

植物の生命力の助けを借りて
人間が本来持っている自然治癒力に働きかける・・・・

まさにフィトセラピーなのだと実感。
この仕事に就いている自分に誇りを持った瞬間でした。


我が家では、緑のカーテンの他にも我が家の緑の薬箱を庭に植えました。
ラベンダー・レモングラス・ペパーミント・バジル・ボリジ・ルッコラ等々
今もすくすくと育っている植物たち。
太古の昔から、人間は身体の不調を感じると身近にある植物を利用して
体調を整えてきました。

電気も身体も、植物を利用して上手にこの夏を乗り切りましょう。