被災地の医療スタッフへのアロマセラピーでの支援 【プロローグ】

こんにちは。MIKIです。


5月2日(月)〜5月4日(水)の3日間。救援ボランティア東京さんの
ヒーリングチームと看護師の女性が協力して、福島県いわき市内の病院
で、医療スタッフに向けてアロママッサージの支援活動が行われました。
今日から数回に分けて、この支援活動に至るまでの経緯に始まり、
当日の様子、ボランティアスタッフの方々が活動を通じて感じた
これからの課題などについてお話したいと思います。


まず、今回の活動実施となるまでの経緯ですが、
福島出身の看護師さんから、メドウズジャパン宛にボランティア活動に伴う
精油供給の依頼から始まりました。
(偶然にも、以前私が仕事を通じて知り合った方でした。世間は狭いですね・・・)


故郷の被災に際し、何かアクションを起こさなければと思っていた彼女の
もとに、いわき市の病院に勤務している看護師の友人から、
「医療スタッフが非常に疲れている」
という連絡を受けました。
彼女自身の看護師経験から、患者さんへのケアが最優先とされる現場で、
医療スタッフの健康管理に対する優先順位が非常に低い状況がうかがえ、
医療を提供する側が良いコンディションで臨まなければ、最適なケアが
難しくなることを危惧しました。


そのタイミングで、彼女の知り合いの方を通して、故郷いわき市内の医療
機関とコンタクトをとることができ、病院側の意向確認後に、今回のアロマ
セラピーでの支援が実現したそうです。


しかし、彼女一人で大勢の方々のケアは出来ない為、ネットを通して
知り合った救援ボランティア東京さんと協力して今回の活動を行うことに
なったそうです。


次回は、ボランティア活動の当日の様子についてお伝えしていきたいと
思います。


任意団体 救援ボランティア東京さんのブログでも、当日の様子をアップ
しています。ご覧になってみてくださいね。


http://ameblo.jp/bussiyuso/


冒頭にも書きましたが、今回の活動のコーディネーターである看護師さんも
知り合いでしたが、救援ボランティア東京さんのヒーリングチームの中にも、
私の昔の仕事仲間がおりました。(驚)本当に世間は狭い!
悪いことは出来ないですね。これを機会に、再びのおつきあいがはじま
りそうな予感です。この出会いを与えてくれた事にも、感謝です。


キャリアオイルの使いこなし4 ネイルオイル

こんにちは。Takakoです。
今日は、ようやく本流に戻ってキャリアオイルです。

キャリアオイル1本あれば色々できる!ということをお伝えしてますが、色々部分の記事がまだ少ないですね〜。頑張ります。

1 マッサージ

4回目の今日は「ネイルオイル」

ハンドケアというと「クリーム」のイメージが強いかもしれませんが、オイルもおすすめです。ネイルサロンに行くと、仕上げにオイルを塗ってくれることもありますし、お店でもネイルオイルは売られています。

ただ、キャリアオイルを使えばもっと贅沢で爪にいいのでは?と思ってキャリアオイルを使っています。メドウズのキャリアオイルはお手頃で、いつも部屋にあるという理由もありますが。指先は意外と乾燥していて、放っておくと2枚爪になったりと、トラブルの原因になります。なので、こまめにケアするといいですよ。

私はよく塗り忘れていたので、爪が割れたり2枚爪になったりすることはしょっちゅうでした。気をつけてオイルを塗るようにすると、だいぶトラブルも解消されました。

おすすめのキャリアオイルはシチュエーションによって分かれます。
結構乾燥している、家にいる場合 → マカダミアなど少し重めのオイル
オフィスなど、油分がちょっと気になる場合 → ホホバオイルなど軽めのオイル

ネイルオイルなのでそんなにコツもないですが、一応、ご紹介します。

1)オイルを塗る
数滴で十分です。あまったら適当に手に塗ってください!
この画像、私の手ですが、結構、乾燥してます。

2)爪の周りを親指の腹で軽くマッサージする。

3)そのままにしておいても大丈夫ですが、気になる場合は、軽くタオルやティッシュなどでおさえる。

つやつやになりました!



私は深爪をしていたのですが、オイルを塗るなどケアを続けたら下の画像の矢印のところがのびて、爪が長くなり形もよくなりました〜。




柏餅と菖蒲湯でリラックス

こんにちは。MIKIです。
風薫る5月。今日は鯉のぼり舞うこどもの日。
残念ながら、うちには男の子がいないので鯉のぼりはありません。
週末に模試を控え、ゴールデンウィークなのに家でお勉強の可愛そうな
うちの娘。明日から学校そして土日も学校と模試で休みがない・・・
少しイライラ気味なので、「柏餅をつくろうか?」と水を向けてみました。


喜んで話に乗ってきた彼女と柏餅作り。
こしあんも小豆からつくる本格派!時間をかけてやわらかく煮た小豆を
こし器で濾していたところ義母が登場!
「フードプロセッサー使うといいわよ」とひとこと。すかさず、子供が
「こういう手間暇かけることが仕上がりの違いを生む」と反撃。
そうなんですよね・・・ご名答、座布団1枚です。


おいしくなれ!おいしくなれ!と料理をすると美味しくなるのも不思議。
精油やキャリアオイルも同じなんだと再認識。
そして子育ても同じかもしれませんね。


柏餅が出来上がる頃には、娘の顔も落ち着きを取り戻していました。
よかった。よかった。
結構こんな母親でも、子供の微妙な変化には気を配っているのです。
いや娘の方でも、母親の面倒も大変と嘆いているかもしれませんね。


柏餅は、柏の葉も調達した本格派。
柏の葉の匂いの正体は、あの森林の香りのフィトンチット・・・
抗菌作用で食べ物の腐食を抑制してくれます。これも先人の知恵ですね。
夜は、菖蒲湯でまったり気分。菖蒲にも、オイゲノールなどの芳香成分が
含有されているので、鎮痛効果や鎮静効果があります。
アロマセラピーという言葉はなかった時代にも、昔の人は植物の性質を
上手に生活の中に取り入れていたのですね。



結構、力作の柏餅!(自画自賛)