郷土自慢

皆さんこんにちは、鈴木です。

今日は「郷土自慢」です。すみません、水戸市のネタにおつきあい頂ければ幸いです。

メドウズジャパンの本社は茨城県水戸市三の丸にあります。
水戸徳川家が治めた由緒ある城下町で、水戸藩第9代藩主徳川斎昭によって偕楽園が設けられました。また偕楽園に寄り添うように、周囲3キロの湖「千波湖」があり、市民の憩いの場となっております。

ちなみに、この偕楽園と千波湖をあわせて「偕楽園公園」と呼ばれており、なんとその広さは都市公園としてはニューヨークのセントラルパークに次いで世界第2位と言われています。この偕楽園公園は水戸駅からおよそ15分ほどで、季節を問わずたくさんの方が訪れます。



車道、歩道(自転車道)、ジョギングコースときちんと整備されています。
桜の木の下を走るのは本当に気持ちがいいですよね。



後ろに見える瓦屋根は映画「桜田門外の変」の
オープンロケセットで一般公開されています。



仲良しです。



千波湖から見る偕楽園
先日の地震で地滑りを起こし、ブルーシートが痛々しいです。

 
やはり日本人は桜ですね。

よくお取引先を訪れると名刺交換の際に

「えっ水戸ですか?」

とびっくりされます。(少し複雑な心境ですが・・・。)

東京に会社を移さないのですか?とご質問を頂きますが、こんなに豊かな自然が残る水戸ほどメドウズにぴったりの土地はないと考えていますので、これからもずっと水戸でメドウズは頑張ってまいります。そういえば、イギリスメドウズのダーリンペインも地元ケント州をこよなく愛しています。こんなところも企業文化として似ているところです。

ブレンドから見えるもの

 こんにちは。Takakoです。まだ風邪が治らず、ようやく見つけたエレファントバームを喉やデコルテに塗って、熱っぽい体を冷やしております。

昨日も余震が大きかったですが、今日もまだまだ続いていて、なんだか常に揺れているような気がしています。
早く収まることを祈っていますが、残念ながら、まだまだ警戒が必要とのこと、油断せず、お気をつけておすごしください。


ところで昨日、MIKIが紹介していたチャイルドハーモニー。
今年2月から発売したばかりのシナジーブレンドの新アイテム6種のうちの一つです。
チャイルドとついていますが、もちろん大人でもOK。親子で使いたい方、ひと味違うリラックスブレンドを探している方にもおすすめです。


自分でも、目的にあわせてエッセンシャルオイルをブレンドしますが、いわゆる”ベタ”な香りになってしまいがちなのが悩みです。
このシナジーブレンドシリーズを使うたびに、ダーリンはすごいな〜としみじみ思ってしまいます。

違うノートの香りを少し混ぜるだけでこんなに深みが出るとは。
しゃきーんとするようなブレンドの中にもちょっと優しい香りが入っていたりして、ダーリンの人柄が表れているのかな?と思ってしまいます。

納豆先生

こんにちは、鈴木です。
昨日までここ水戸市でも大きな余震が続いていましたが、今日は比較的小康状態です。(それでも隣県や同じ県内でもまだまだ大きな余震が続いております。皆様お気をつけ下さい。)

さて、すでにたくさんの方が言われているように、この地震は私たちの生活や考え方を大きく変えました。特に、「お店にモノがない!」というのはオイルショックを経験していない私には初めてのことで大変衝撃的であり、また日頃の快適さを考えるいいきっかけとなりました。

さて当地で毎日、挨拶のように交わされていた言葉それは・・・

「納豆ないね」

です。水戸といえば、「水戸黄門」か「納豆」というぐらい人々の生活には納豆は欠かせません。さらに、水戸の人間にとって「納豆」というくくりでは済まず、必ず「○○の納豆」というようにブランド指定です。






その中でも有数の人気を誇るのがこの納豆。ここ数日皆さんの朝の挨拶は「くめ納豆最近食べた?」という位この納豆は人気です。最近ではこの納豆不足も解消されつつあり、比較的容易に手に入れられるようになりました。本当にありがたいことで、今まで何気なく頂いていた納豆にさらなる感謝の気持ちを持って最近では3食頂いております。

今回の震災ではこのように「普段当たり前にあることのありがたさや幸せ」を改めて実感いたしました。私たちメドウズも、改めて初心に立ち返り1つ1つの商品のありがたさや大切さを心に刻み日々の業務を行っていきたいと思います。