コーヒーショップ プロカフェ



コーヒーショッププロカフェ。
それは私、鈴木が高校1年生からお世話になっている喫茶店。
今日もメドウズジャパンから50m先で、陽気なマスターが香り高いコーヒーを入れている。

おすすめはカフェオーレ。高校生から何十年もずっと飲み続けている味。1日2杯、最低週に10杯、年間500杯、かれこれ5,000杯以上飲んでいる計算になる。
「カフェラテ」ではなく、「カフェオーレ」。モカをベースにしたコーヒーに、スチーマーであわ立てた茨城県産「筑波山麓牛乳3.6」を注いで出来上がる。私には「牛乳を多め」にいれてくれる気心知れたマスター。納豆が水戸の町から消えたときには、お互いどこからか購入してきた「くめ納豆(←ここが重要)」を融通しあった仲だ。

この店には時間帯によって、さまざまなお客さんがやってくる。
7時が開店。
8時45分までは近隣のサラリーマン。
11時までは主婦
15時まではランチを目当てとしたOL
夕方は学生
夜はビールやカクテルを飲む会社帰りの人々。
20時以降は鈴木の貸切

いつもマスターはニコニコ、すべてのお客さんを暖かく迎えてくれる。
ちなみに前述のカフェオーレ、1杯は280円。
美味しいコーヒー、マスターの笑顔、常連のお客さんとの語らいこの3点セットで280円。まさにプライスレス。(ちなみにプロカフェは現金のみ)

このプロカフェには商売の基本がある。
1杯1杯のコーヒーを常連のお客様の好みに仕上げるマスター。もちろん、今日はどうしますか?など野暮な質問はしない。さっと常連の好みのコーヒーを出す。しかも、365日雨の日も風の日も、元旦も大晦日も決して休まない。店が休まないのではない、このマスターが休まないのだ。

最近、郊外にショッピングモールが出来たために駅前の商店街の衰退が激しいと聞く。水戸もそうだ。しかしショッピングモールでは得られない、店主の心意気がここにはある。決して大きくなく、目立つ存在でもない喫茶店。私はこの店が大好きだし、そしてこの水戸の町が大好きである。

http://www.mito-icho.com/shop/taberu/procafe/index.html


ダーリンペインも前回の来日時に訪れた。

エレファントバームは必需品

 こんにちは。Takakoです。
ようやく風邪が治ってきたなと思ったらなぜかぶり返し、、、
ちょっと気温が下がったのに油断して、薄着していたせいみたいです。
いつになったら治るんでしょうかね、、、


そうそう、2月にオーガニックになったエレファントバームが発売になりました。
箱がついて、より象が強調されていますね。
このエレファントバームを1個お買い上げいただくごとに、メドウズ本社から象の保護活動をしている団体へ寄付をさせていただいています。

以前のタイプよりバームの色が黄色くなりました。これは、バームのベースとなっているオーガニックミツロウの色です。オーガニックの原料を使っていますが、エッセンシャルオイルの配合等は変わっておりませんのでご安心を。

長年のベストセラーで、意外なところでファンの方にお会いすることもあり、びっくりさせられます。

バームといってもかなり固め。やや爪を伸ばしている私は爪の間にバームが入るととれにくいので、爪の背で取るようにしています。

すっとしたいところに少量塗っていただくと、きもちいい爽快感が味わえます。


私に取っては疲れたとき、風邪をひいたときにはなくてはならない必需品。

PC作業が多くて首や肩がこりやすいので、首や肩にマッサージついでに塗ったり。
ストレスがたまると耳の下、あごの付け根が痛くなるので(かみあわせがちょっと悪いのです)マッサージするときに塗ったり。
鼻水が出やすい風邪のときは、デコルテ付近に塗って、すっとする気分を味わったり。


ミツロウは、その名の通り、「ロウ」で、びったり肌についてくれるので、特性を生かした使い方をしています。

今回の風邪のとき家にあるはずなのに見つからなくて、大騒ぎしてしまいました。
ようやく見つけたので、ほっとしました。
早く風邪を治さないと、、、







女性の心と体のケアをする若草漢方薬局

 こんにちは。MIKIです。
今日は、秋葉原にある若草漢方薬局さんに御邪魔してきました。
若草漢方薬局さんは、女性の心と体のケアを自然の恵みである漢方薬や
アロマセラピーで行っている漢方薬局さん。スタッフは、すべて女性の薬剤
師さんなので安心して女性ならではの体や心の悩みを相談できます。

漢方って少し敷居が高い気がしますが、若草漢方薬局さんは全くそんな雰
囲気を感じさせず、気軽に店内に入って行ける環境です。秋葉原といっても
岩本町にも程近く、いわゆる秋葉原系の方たちは見受けられず、閑静な川
沿いにひっそりと佇んでいます。

若草さん扉
若草漢方薬局さん入り口

若草漢方薬局さんでは、来店されたお客様とじっくりと時間をかけてカウンセ
リングを行い、その方の症状に合わせて漢方薬や時にはアロマセラピーそし
てお肌に御悩みのある方には、オーガニックコスメの提案までして下さります。
店内には、漢方薬や精油はもちろんミネラルファンデーションやオーガニック
コスメのテイスティングコーナーもあるのです!

女性の体は、非常にデリケートでバランスを崩しやすく、バランスを崩すとまず
肌荒れ・冷え・生理不順・不眠・むくみなどの症状が表れるそうですが、漢方薬
やアロマセラピーは、そんな未病の時に威力を発揮するそうです。来店される
方の年齢層は、30代〜40代の女性が主流で、ご相談の多くはやはり女性特
有の疾患が多いそうです。漢方薬は、保険がきかず値段を気にされる方もいら
っしゃいますが、お話を聴いたら意外にリーズナブルで驚きました。その方の、
ご希望にあわせて提案をしてくださるので安心です。

震災以降、お客様の多くは精神的ストレスから体調を崩されている方が多く、
その方たちには、アロマセラピーやアロマを利用した入浴剤をお薦めしている
そうです。今は皆さん、心の癒しを求めていらっしゃるのですね。

東洋の漢方、西洋のアロマセラピーと言われますが、同じ植物の恩恵を利用
した療法です。これからも、若草漢方薬局さんに漢方の事を教えて頂きながら
漢方薬とアロマの融合例を皆さんにお伝えしていけたら良いなと感じた一日で
した。

店長の吉田さんそして猪口さん今日はありがとうございました。