女性の心と体のケアをする若草漢方薬局

 こんにちは。MIKIです。
今日は、秋葉原にある若草漢方薬局さんに御邪魔してきました。
若草漢方薬局さんは、女性の心と体のケアを自然の恵みである漢方薬や
アロマセラピーで行っている漢方薬局さん。スタッフは、すべて女性の薬剤
師さんなので安心して女性ならではの体や心の悩みを相談できます。

漢方って少し敷居が高い気がしますが、若草漢方薬局さんは全くそんな雰
囲気を感じさせず、気軽に店内に入って行ける環境です。秋葉原といっても
岩本町にも程近く、いわゆる秋葉原系の方たちは見受けられず、閑静な川
沿いにひっそりと佇んでいます。

若草さん扉
若草漢方薬局さん入り口

若草漢方薬局さんでは、来店されたお客様とじっくりと時間をかけてカウンセ
リングを行い、その方の症状に合わせて漢方薬や時にはアロマセラピーそし
てお肌に御悩みのある方には、オーガニックコスメの提案までして下さります。
店内には、漢方薬や精油はもちろんミネラルファンデーションやオーガニック
コスメのテイスティングコーナーもあるのです!

女性の体は、非常にデリケートでバランスを崩しやすく、バランスを崩すとまず
肌荒れ・冷え・生理不順・不眠・むくみなどの症状が表れるそうですが、漢方薬
やアロマセラピーは、そんな未病の時に威力を発揮するそうです。来店される
方の年齢層は、30代〜40代の女性が主流で、ご相談の多くはやはり女性特
有の疾患が多いそうです。漢方薬は、保険がきかず値段を気にされる方もいら
っしゃいますが、お話を聴いたら意外にリーズナブルで驚きました。その方の、
ご希望にあわせて提案をしてくださるので安心です。

震災以降、お客様の多くは精神的ストレスから体調を崩されている方が多く、
その方たちには、アロマセラピーやアロマを利用した入浴剤をお薦めしている
そうです。今は皆さん、心の癒しを求めていらっしゃるのですね。

東洋の漢方、西洋のアロマセラピーと言われますが、同じ植物の恩恵を利用
した療法です。これからも、若草漢方薬局さんに漢方の事を教えて頂きながら
漢方薬とアロマの融合例を皆さんにお伝えしていけたら良いなと感じた一日で
した。

店長の吉田さんそして猪口さん今日はありがとうございました。


商売っ気ないですね

こんにちは、鈴木です。今日も水戸は大きな余震がありませんでした。
もちろん余震は無いに越したことはないのですが、あまりなくてもエネルギーが溜まってまた大きな余震が・・・と成りかねないのでなんだか落ち着きません。いつになったら落ち着く日が来るのでしょうか。

今日はうれしいことがありました。
近隣でマッサージ、エステ店を営まれている方が「メドウズのオイルが良い」と知り、しかも本社が水戸である事に驚き来社されました。その方はトリートメントで他社のオイルからメドウズのオイルへの切り替えをご検討されているようで、

・イギリスの国民性を表すかのような穏やかで実直な香り
・本社が近隣にあることの安心感
・チャリティーやボランティア活動への積極性

などを評価していただき、すぐにでも購入したいとのことでした。

しかし私は、いくつかの精油を小瓶に詰め替えて差し上げました。「ご購入いただけるのはありがたいのですが、是非その前にメドウズの香り等をサンプルでお試し頂き、他の従業員さんのご意見なども参考にしてからお取引ください」とお話しました。そうしたら、お客様はこう言われました。

「ずいぶん商売っ気ないんですね。」

お客様から頂いたこの言葉は、私にとって最高の褒め言葉です。

アロマテラピー商品を取り扱う会社にはいろいろな会社があります。

・立派なカタログや什器を用意する会社
・ダンピングでとにかく数を売ろうとする会社
・他社の悪口を羅列し顧客を困惑させる会社

もちろん、ほとんどの会社がこうではありません。しかし大変悲しいことに中にはこのような会社があることも承知しています。果たしてこのような会社は、その商品を信じて使ってくださっているお客様をどのように考えているのでしょうか。これではこれから先、会社を営んでいくことは難しいと思います。

メドウズでは、メドウズならびに創業者ダーリンペインの人柄や考え方、またメドウズジャパンのスタッフもお知り置き頂いた上でお取引先様とお付き合いが出来たらと考えております。金融機関出身の私は、「現金その場限り」といって、現金授受の際にはその場できちんと確認しないと、後の祭りになってしまうと厳しく教えられました。しかしメドウズは銀行ではないので、「その場限り」のお取引は決して望みません。

ちなみに、このお客様は「早速従業員と使用してみる」とうれしそうにサンプルをお持ちになられました。この方のお店(お名前や場所)は前から存じているので、しばらくしてから訪問して感想をお伺いしてみたいと思います。

いい意味で商売っ気がない会社、いわれてみればイギリスのメドウズもそうかもしれません。ダーリンがお人よしですから。    

メドウズの精油売り 今日も走る??

 こんばんは。MIKIです。私がお客様のところに伺う時に
持参する物の1つに、お気に入りの精油箱があります。

メドウズの精油は、53種類と多いので全部は持ち歩きが
できないのですが、40種類位は入る優れもの。桜の天然
木でできていて、使い込むほどに味わい深い風合いがで
てきます。結構、重いのですが精油は香りが命!幾多の
言葉を用いても、このひと嗅ぎの精油の威力には勝てな
いと思っています。

御取引先のセラピストさんが、「メドウズのカモミールロー
マン大好きなんだよねー!!」と絶賛してくれます。同じ
品種の精油でも、メーカー毎に香りは全く違います。
皆さんも、一度じっくりとブランド別精油の嗅ぎ比べをして
みてください。今まで、あまり好きでなかった香りでも違う
ブランドの精油だと思いのほか好きな香りに変身するかも
しれません。

メドウズの精油は、イギリスのメーカーによく見られる自然
の香りを生かした、草花を想像させる優しい香り。ブレンド
する時も、お互いの邪魔をせず、そのくせちゃんと自分の
香りを届けます。

原料の精油は、ダーリン・ペインが生産者の元を訪れて、精
油の品質だけでなく、作り手の人柄にも触れ、原料の調達先
を決めています。ダーリン・ペイン曰く、作り手の人柄が、精
油の香りにも反映するからだそうです。
そんな彼の気持ちを皆さんにお届けするため、私は今日も
桜の木の精油箱を運びます。その姿は、富山の薬売りなら
ぬメドウズの精油売り??かもしれませんね。

精油箱