ソマリアの干ばつで200万人の人々が危機にさらされています

私は1週間に1度英会話に通っており、本日がその日になります。レッスンの内容は毎週変わるのですが、今週は

 

「英字新聞を読み、内容を数行に要約する」

 

という宿題が課されておりました。そこで、Japan timesのサイトで記事を探すと以下の記事に目が留まりました。

 

Two million Somalis could die of starvation amid drought, U.N. warns

(200万人の人々が干ばつの中で餓死の危機、国連が警告)

 

 

内容を要約すると

 

・国際社会の援助がなければ、この夏200万人の人が餓死の恐れ。

・人口1,500万人の内、300万人が必要最低限の食料を確保できていない。

・干ばつが続き、財政が欠乏し国も援助ができない状態にある。

・これまで、12年に1,2回だった干ばつが2,3年おきに発生するようになったが、地球温暖化と気候変動が原因ではないか。

 

この記事を見て、とても驚きました。フランキンセンスのエッセンシャルオイルはソマリアから来ており、国名自体は比較的なじみはありましたがここまでの状況に陥っているとは恥ずかしながら知りませんでした。

 

数か月前(もしくは1年程度前)に、ソマリア沖のインド洋に海賊が出没し、貨物船やタンカーを襲撃しているとのニュースがありましたが、国がこのような状況であれば略奪行為に及ぶのは自明かもしれません。

 

そして、ソマリアについてインターネットで検索をすると,

 

長く続いた内戦

干ばつ、飢饉

 

に関するニュースがほとんどでした。

 

ユニセフやSave the childrenのインターネットサイトでは、募金や寄付を受け付けていますが、私たちに今できることは世界を知ることだと思います。ソマリアで起こっていること、ベネズエラで起こっていること、世界で起こっていること。今回のニュースを見て、より主体的、意欲的に世界のことを知り、本当に微力ながらも自分たちができること頑張り、人生に活かすべきことを学ぶことが大切だと改めて感じました。

 

 

ところで、ソマリアの人々を苦しめる原因に記事では気候変動と地球温暖化を挙げていました。

 

詳しいことは分かりませんが、最近の日本の異常気象や北極の氷河消滅などは気候変動の可能性が高いのではと私も思います。しかし、現代社会が化石燃料の使用を前提で成り立っており温出効果ガスの排出を止めることはできません。こうして、ブログを書くのにも電気を使用していますし、荷物を送ればガソリンを使います。食べ物の輸送もトラックや船になります。

 

自分たちが快適に暮らすことで、まったく関係のない人たちにしわ寄せが行くのは理不尽なことです。現在は援助という対処療法しか私たちにできることはありませんが、長い時間がかかってでも根本的に問題が解決する日を迎えねばなりません。ひとりひとりの力は小さくても、集まれば大きな力になります。まずは、無理のない範囲で出来るところから、ライフスタイルを見直してみませんか?

 

女性のための万能精油 〜 ローズ 〜 1

この記事はメドウズ オフィシャルオンラインショップ メールマガジンvol50 (2019年6月6日発行)から一部転載したものです。

 

メドウズでメルマガを担当している三木です。            
もうすぐ梅雨入りとなるこの時期はなんとなくメランコリックな気分に陥ります。そんな時は華やかな花の香りで癒されたいものです。香りの女王といわれるローズの精油は、5月から6月のこの時期に蒸留されます。今回のメルマガは、そんなローズの精油のお話です。

 

rose_image_3_s.jpg

 


rosezyouryuuhounotigai.png  

 

ローズの精油は、薔薇の開花時期である5月から6月に花が収穫されすぐに抽出作業が行われます。薔薇の花摘みは、花が開ききってしまうと薔薇の香気成分が抜けてくるので、花が咲く寸前の早朝に始まります。

ローズ精油には、
水蒸気蒸留で抽出されるローズオットーと
有機溶剤を介して抽出されるローズアブソリュートがあります。  

 

・ローズオットー
香りの女王と呼ばれる薔薇の中でも最高級のダマスクローズを水蒸気蒸留することによって得られるローズオットーは、5000kgのバラの花びらから約1kgの精油しか採ることができない大変貴重で高価な精油です。

 

・ローズアブソリュート
ダマスクローズの他にケンティフォリアローズなどの薔薇の花を有機溶剤を使って精油を抽出するローズアブソリュート。効率よく抽出ができるので採油量が多く且つ熱を使用しないので自然に近い薔薇の香りが楽しむことができます。 どちらが良いとは一概に言えませんがどちらかというと溶剤の残留が懸念されるローズアブソリュートは、肌に直接使用するマッサージには不向きとされる為、アロマテラピーの世界ではローズオットーが一般的です。香りの再現性の高いローズアブソリュートは、香水の原料としてよく使用されます。                 

 

 rose_image_2_s.jpg       

 

ローズの芳香成分は、発見されただけで500以上とされます。
未知の成分もあるようですが主要なものは
・シトロネロール
・ゲラニオール
・リナロール
・フェニルエチルアルコールなど
とローズオットー、ローズアブソリュートともにほぼ同じ。 しかし、含有比率が大幅に異なります。

 

rosesantinotigai.png

 

ローズだけではありませんが、同じ学名の植物でも産地によってその芳香成分の含有量や比率が大きく異なり香りも変化します。ダマスクローズを例にとると    

 

・ブルガリア
世界中の調香師から逸品と称されるブルガリアのダマスクローズ。ブルガリア政府が国家基準を設けて、その厳しい基準をパスしたものだけがブルガリアンローズの称号を与えられます。その濃厚で豊かな香りの秘密は、まだ研究途中ともいわれる主要成分以外の微量成分の含有量の多さのようです。500以上にも及ぶ未開の香りの成分が複雑に絡み合い、類を見ないすばらしい芳香を醸し出しているのかもしれませんね。  

 

・トルコ
ブルガリアとともにダマスクローズの2大産地のトルコ。国が基準を定めているブルガリアに対して、トルコでは民間での独自の管理になります。その特性故に、様々な特徴あるダマスクローズの香りが存在しますが、全体を通してみるとトルコのダマスクローズは、ちょっとオリエンタルな薔薇の香りが特徴です。

 

・イラン
乾燥や寒暖差に弱いダマスクローズですが、雨量が少なく寒暖差の激しい厳しい環境の中で力強く生きてきたイランのダマスクローズの香りは、ローズ特有の甘くフローラルな香りの中にスパイシーな香りが漂います。野生種が多い為、栽培量が少なくローズ精油の流通量も少なめです。イラン中部のカーシャンは蒸留技術が生まれた土地とされています。

 

rose_image_1_s.jpg

 

次回はローズのスキンケアについてお伝えします。

 

いよいよ6月ですね

実質今日から6月、衣替えです。

早いもので、2019年(平成31年-令和元年)も折り返しの月となりました。

皆さんが年初に立てた目標、覚えていますか??

 

メドウズの今年の目標は「身近な新商品を出す」というもので、

今はシナジーブレンドを使ったルームスプレーの発売を目指しております。

 

今までルームスプレーはありそうだったのですが、実はなかったんです。

ご自宅でもエタノールと水があれば簡単に作れるので

商品として出すほどではないと思っていたのですが、

お客様からのリクエストがあり、イギリスで最適なブレンドを考えています。

 

これまでもイギリス人のデザインへのこだわり、美意識の高さには感心させられていましたが、

今回もラベルに並々ならぬ熱意を傾けています。

 

 

 

まだ、正式には決定しておりませんがこのような、

植物の画像があふれる華やかなラベルになる予定です。

今から商品の発売が本当に楽しみです!

 

今日は知り合いのお花屋さんでアレンジメントを作ってくれました。

お渡しする人のことを思い浮かべていると(この瞬間が好きなのですが)、

ダリアの鮮やかな紫が飛び込んできました。

 

オレンジや黄色など盛夏を思わせる色合いの中に、

瑞々しさを感じさせるダリアの色合い。やはり6月だなと思いました。

これからシトシトと憂鬱な季節がやってきますが、

だからこそ生き生きするお花たち。少し梅雨が待ち遠しくなりました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:イギリス

JUGEMテーマ:アロマテラピー