夏場のシアナッツバターで考えたこと

お客様から一件のお問い合わせがありました。

 

「メドウズのエレファントバームが好きで、近所のお店で購入しています。他の商品も気になったので、Amazonでシアバームフランキンセンス&ローズを2個買いました。1個は自分用に、1個は娘にあげたのですが、娘からシアバターがドロドロになっていると連絡があり、自分のものを確認したら問題ありませんでした。どうしてこのような違いが出たのでしょうか?」

 

シアナッツバターあるあるです。

 

 

正解は、高温で溶けたためになります。

 

シアナッツバターはおよそ36度で融解します。融解ですので、溶けはしますが完全に液体にはならず少し柔らかくなる程度です。しかし、直射日光が当たるところ、車の中などは40度以上になることもあり完全に液体になってしまいます。しかも熱を加えることで精油も劣化し、香りも悪くなってしまいます。

 

そのため、シアバームは「直射日光が当たらない涼しいところで保管、使用」下さいますようお願いいたします。他にも「香りがおかしい」「酸化臭がする」といったお問い合わせがありました。夏場は特にこのようなお問い合わせが多くなります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ところで、そのお問い合わせのお客様と15分くらいお話をしたのですが何点か興味深いことをおっしゃっていました。

 

1、このような100%シアバターで作られた商品はとても珍しい。

2、もっと商品を見てみたいが、取り扱っているお店がない。

3、メドウズの良さの商品の良さは使わないと分からない。

 

もしメドウズが、大手メーカーのように売上第一主義でとにかくたくさんの商品を売りたいのであれば、シアナッツバター100%の商品は作りません。高温で溶けてしまう、冬場は固くて使いにくいなどおよそお店が売りやすい商品ではないからです。そのような商品を大々的に販売するとメーカーにはひっきりなしに、問い合わせやクレームが来ると思います。

 

 

 

しかしメドウズは植物の恵み、植物の持っているパワーを最大限商品に詰め込み、自然に近い状態でお客様にお届けすることを大切にしています。だからこそ、使いづらいかもしれませんが使えば良さや効果を感じていただけるのです。このシアナッツバターを使った商品の製造も意外と大変で、たった100個前後のシアバームを手作業で作るのに1日かかります。

 

専門店以外のお店にとって、このような自然由来の商品は売りづらい商品であると同時に、よりパッケージがかわいかったり安価で使いやすい商品の方が多くのお客様に喜ばれる現実もあります。自然由来成分のみで作られた商品はこのように市場が限られているため、ここ数年で多くの専門店が姿を消したり、メーカーが倒産をしてしまったりと大きな逆風が吹き荒れているのも事実です。

 

私たち(イギリスのスタッフも含めて)は数を売ることを目的としておりませんので、私たちの商品が好きとおっしゃってくださるお客様に最高の商品をお届けすることを大切にしていますが、それでも便利さの陰で品質の高い商品のマーケットやニーズが縮小しているというのはとても悲しいことです。ひとりでも多くのお客様に自然のものの良さや温もりを伝えていく活動を続けていきたいと思いました。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー

オンラインショップ夏のプチセール

メドウズオフィシャルオンラインショップでは、ただいま夏のプチセールを開催中です。

気になるセールの内容ですが、

 

■ メドウズオフィシャルオンラインショップ

http://www.meadowsjp.com

 

 

 

オンラインショップでエッセンシャルオイルを3本購入するとお好きなアポソエッセンシャルオイルを1本プレゼント

 

になります。

 

「えー、3本も買うものないよ」、「この前精油買っちゃったよ」と思われるかもしれませんが、意外と3本探すとありますよ!

 

例えば・・・

 

 

 

・ユーカリ(ラディアータ)

・ティートリー

・ラベンダー

 

・ラヴィンツァラ(プレゼント)

 

それぞれが10mlなので、これでこれからの半年を乗り切れますね!

 

今回のプレゼント対象エッセンシャルオイルには「カモミールローマン、ゼラニウム、イランイラン」等比較的値段が高いエッセンシャルオイルも選べるのが特徴です。

 

今回のプレゼントキャンペーン、詳しいことは以下をご覧ください。

 

http://www.meadows.jp/?pid=134418511

 

なお、ご不明な点がございましたらご遠慮なく弊社までお問い合わせください。

 

0120-824-524

平日 10:00〜18:00

 

どうぞよろしくお願いいたします。

なにもかも想像を超える規模の畑とエッセンシャルオイルの蒸留所(2)

■ホースの接続

 

収穫したクラリセージ9トンを満載にしたコンテナは蒸留所に運ばれ、直径20僂らいあるホース2本がつながれます。1本は水蒸気吸入用、もう1本は回収用です。

 

水蒸気を注入するホース。

 

コンテナを洗浄するときに噴出した「水蒸気」。人間が前にいたら立てないくらいの勢いがあります。

 

 

この蒸留所では30分かけて水蒸気をコンテナに充満させ、1時間蒸らします。蒸留所は熱気に包まれており、コンテナは触れないほど熱くなるため近づけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

■冷却から精油の取り出し

 

精油を含んだ水蒸気は、ホースを伝い外部にあるステンレスで出来たらせん状の冷却システムに運ばれ冷やされます。外部から霧状の水を当て続けることで気化熱を利用し、100度から42度程度まで一気に冷却させます。冷やされた水蒸気は精油を含んだ液体となり、室内にあるタンクに集められます。タンクの中の様子は動画でご覧ください。

 

 

 

 

なお、動画の中でプラスチックの白いタンクが映し出されますが、出荷しないフローラルウォーターを蓄えておりポンプでくみ上げ、冷却水として再利用されています。

 

 

タンクの上部にはエッセンシャルオイル、底部にはフローラルウォーターがくっきり層のように分かれていました。これは、エッセンシャルオイルが水よりも軽いため浮くためです。私は、どのように精油をタンクから取り出すのか疑問に思っていましたが、タンクにホースが直付けされており、精油の層が取り出し口から上になったらコックを開けて取り出すという極めて原始的な方法に大変びっくりしました。

 

 

 

 

 

 

エッセンシャルオイルがある程度たまると、コックを開けて精油用の容器に移し替えます。

 

 

フローラルウォーターを保管、出荷する容器がないので尋ねたところ、「ローズ、ネロリ、ラベンダーなどと違いクラリセージウォーターへの需要が高くないので、この蒸留所では冷却システムの冷却水として再利用している」とのことでした。なお、コンテナの中に残されているクラリセージは肥料として販売・再利用されるそうです。

 

 

このクラリセージの蒸留は約1週間ほど続き、この後はラヴァンディンの蒸留に移るそうです。なお、蒸留する精油を変えるときは、高温の蒸気を1時間程度通し洗浄を行うそうです。

 

 

このようにクラリセージの収穫からエッセンシャルオイルの蒸留を見てきましたが、いかがでしたか?写真では伝わりにくいのですが作業に携わる人数は5人程度と極めて少なく、機械化により効率よくエッセンシャルオイルが蒸留されていました。使用する水の量、装置の大きさは想像を大きく超えるものですが、これは先進国フランスだからこそ出来るのであり、途上国の蒸留風景は大きく変わります。フランスのような人件費や税金が高い先進国でエッセンシャルオイルを蒸留するためには、効率を上げて規模を大きくする必要があるようです。

 

 

 

 

生産者の方はとてもフランクでいろいろなことを教えてくれました。この方は約20エーカー(東京ドーム1.5個分)の土地でクラリセージの他に麦やトウモロコシなども栽培しています。山林で食用作物の栽培が難しいところでクラリセージを栽培し、ラヴァンディンや付加価値の高いヘリクリサムも栽培しています。

 

 

ラヴァンディン。この畑では植えたばかりで収穫するまでにあと数年はかかります。

 

こちらも植えたばかりのヘリクリサム。

 

麦畑も広い。

 

 

生産者の方はとてもフランクでいろいろなことを教えてくれました。この方は約20エーカー(東京ドーム1.5個分)の土地でクラリセージの他に麦やトウモロコシなども栽培しています。山林で食用作物の栽培が難しいところでクラリセージを栽培し、ラヴァンディンや付加価値の高いヘリクリサムも栽培しています。

 

私がお邪魔した時に生産者の方はご家族を呼んでくださり、みんなで一緒にお昼ご飯を頂きました。蒸留所でピクニック。私には忘れられない思い出になりました。

 

JUGEMテーマ:アロマテラピー